関西のあちこちで食べたラーメンの徒然記録

沖縄でいただく麺・・・
メインは沖縄そばが主流になるでしょうけど、
日本蕎麦ではない麺は、私は毎日食べるとなると飽きがきてしまいます。
なので今回の沖縄滞在でも、沖縄そばをいただく機会を、
日程を拡散させて、スケジュールを組んでいきます。
今回は、違う麺をいただく日、まぜ麺 マホロバ(mahoroba)にやって来ました。

まぜ麺 マホロバ[mahoroba](沖縄那覇)油そばでもない汁なし担々麺でもない和え麺

場所は国際通りからすぐ近くです。
この日は沖縄滞在本格始動の1日目であったんで、
国際通り近辺をウロチョロと散策してたんですよね。
なので、この店でのランチに決めました。

店内はカウンター席が6席。
まぜ麺 マホロバ[mahoroba](沖縄那覇)油そばでもない汁なし担々麺でもない和え麺

そして、2席、4席のテーブルが1つずつとこじんまり。
ご夫婦なのかな?お若い男女お二人で営業されてました。

メニュー。
まぜ麺 マホロバ[mahoroba](沖縄那覇)油そばでもない汁なし担々麺でもない和え麺

まぜ麺が、こちらのお店の麺料理です。
名古屋に台湾まぜそばの有名店があるけど、そういう系統の麺でしょうか。
で、旨辛台湾まぜ麺(780円)ってのにしようかと思ったが、
やっぱ初めてのお店では、デフォルト勝負でしょうってことで、
まぜ麺(700円)にしました。
あ、あと中盛(約300g)までは無料でできるんで、そうしてもらう。

こちらが、そのまぜ麺(700円)。
まぜ麺 マホロバ[mahoroba](沖縄那覇)油そばでもない汁なし担々麺でもない和え麺

味噌汁と大根の漬物がセットになっています。
見た目は台湾まぜそばと非常に似てるよなって印象やね。

真ん中に卵黄がのっております。
まぜ麺 マホロバ[mahoroba](沖縄那覇)油そばでもない汁なし担々麺でもない和え麺

あとは玉葱入りミンチ、ニラ、葱、海苔といった構成。

食べ方の指南はこのとおり。
まぜ麺 マホロバ[mahoroba](沖縄那覇)油そばでもない汁なし担々麺でもない和え麺

卓上の調味料で、色々と味を変えられるのも面白いな。

反対面から。
まぜ麺 マホロバ[mahoroba](沖縄那覇)油そばでもない汁なし担々麺でもない和え麺

とりあえず、このまま食う麺ではないので、
ぐっちゃんぐっちゃんにかき混ぜましょう。

完成。
まぜ麺 マホロバ[mahoroba](沖縄那覇)油そばでもない汁なし担々麺でもない和え麺

いただいてみます。
おっ!もっと濃い~味を予想してたけど、すっごくさっぱり。
よく、汁なし担々麺とかいただくと、味が濃すぎてうっとくることあるんですが、
ここのは魚介系がベースのタレになっていて、あっさりいただけるんです。
薄味好きの私には、ちょうどええ味加減。
特に海苔がよく合ってるよね。

そして、最後はこれ。
まぜ麺 マホロバ[mahoroba](沖縄那覇)油そばでもない汁なし担々麺でもない和え麺

追い飯が無料でいただけるんです。
残った具材とタレとで、またぐっちゃんぐっちゃんにかき混ぜる。
こっちは結構濃厚な味に仕上がりましたね。
色んな調味料を加えたからでしょう、この味変化も面白いな。

想像以上に自身によく合う味で、美味しかった。
油そばとか、濃い味が苦手って方には是非とも食べて欲しい、汁なし系麺ですよ(^^)
沖縄そばに飽きましたら、是非どうぞ。

住所:沖縄県那覇市牧志1-2-17
電話:098-917-2468
営業時間:[月・水~土]11:30~14:00 17:30~22:00 
[日]11:30~15:00 17:30~21:30
定休日:火曜
↓お勧めリンク↓

全国B級グルメツーリング

最初に唐突に申し上げます。
私が唯一、苦手とするジャンルのラーメンがあります。
その名は「ラーメン二郎」系。
東京でも食べましたし、最近関西でも二郎系多いですよね。
その後2度挑戦しましたが、胃が全く受け付けてくれません。
なので、これで、もう食べることはないなと思っていました。
ラーメン二郎の記事はこちら!
自家製太麺 ドカ盛 マッチョ 難波千日前店の記事はこちら!
ラーメン荘 歴史を刻め(下新庄)の記事はこちら!

今回この六厘舎TOKYOの選べる有名店ラーメンシリーズでも、
明らかに「二郎系」だなと思うラーメンをいくつかありましたが、
それは避けましたもん。

しかし、ちょっと勘違いして購入しておりました。

大らーめん博2011 ジャンクガレッジのラーメン

この「まぜそばブームを巻き起こした店」ってフレーズで、
あ、こりゃ二郎系ではないなとあまりよく見ずに、
購入ボタン押しちゃいました。
てっきり「まぜそば」やと思ったんですね。
ジャンクガレッジ「ラーメン」を今回、ご紹介します。

ジャンクガレッジ「ラーメン」(埼玉東大宮)

「六厘舎」で修業を積んだ店主が、2006年に「六厘舎」の旧本店の隣に、
日本初のまぜそば専門店をオープンしたのが始まり。
いつしか「六厘舎」に負けず劣らない大行列店になり、
その後、埼玉に移転しました。

こんなパッケージ。
ジャンクガレッジ「ラーメン」(埼玉東大宮)

特徴的なのは、にんにくチップがついていますね。
二郎系やとにんにくは必須だが、
刻みにんにくをこれだけのために用意するのも面倒ですし、
これはありがたかったですね。

こちらが出来上がり。
ジャンクガレッジ「ラーメン」(埼玉東大宮)

非常に他の今回購入したものよりボリュームがあります。
もやしとネギは別途用意しトッピングしましたが、
二郎系なんで、キャベツも用意して、
どっさり乗せたほうがらしくなりますね(^^)

チャーシュー。
ジャンクガレッジ「ラーメン」(埼玉東大宮)

これもボリュームたっぷりに2枚入っています。
トロトロのチャーシューは非常に美味しい。
このタイプは私の好みですね。

スープはまず飲んで一言・・・
ジャンクガレッジ「ラーメン」(埼玉東大宮)

めっちゃ醤油辛い!濃すぎる!!
店名どおりのジャンクさを非常に感じます。
カネシ醤油という醤油を使用しているらしいが、
非常に凶暴なスープに仕上がっていますね。

で、麺・・・
ジャンクガレッジ「ラーメン」(埼玉東大宮)

「浅草開化楼」の平打ち極太麺。
これを見た瞬間に、このラーメンのチョイス失敗したなって印象。
このワシワシした「二郎」タイプの麺、めっちゃ苦手なんですよ。
過去何度か食べているが、美味しいとは思わない。
今回もさほど量が入っているのではないのに、
途中で食べるのが嫌になりました。

ラーメン二郎フリークは、たくさんの方おられると思います。
そういう方々にはプッシュしておススメできますね。
あの系統の味としては見事な仕上がりやと思います。
ただ、私のように苦手にされている方は、
間違って購入しないように避けましょう(^^;)

住所:埼玉県さいたま市見沼区東大宮4-47-4
電話:048-662-0036
営業時間:11:30~15:00 18:00~25:00
定休日:無休

こちらのらーめん、つけ麺他、有名店シリーズは、
全て「六厘舎TOKYO」で購入できますよ。
私のように一度に一括購入すると、送料もお得です。


お店そのままの味をご家庭に! 有名ラーメン店の味を1食から最大18食まで一配送でお届け!