関西のあちこちで食べたラーメンの徒然記録


難波で呑んでて、みんなと別れてから・・・
ふらふらと、あ~ラーメンで〆たいなと駅とは逆方向に歩きます。
(こういうことやるから、どんどん太るんよな)
で、そこで見かけたのが「大勝軒」の看板。

つけ麺元祖のお店ですね。
扇町にある「大阪大勝軒」、
そして閉店した「西宮大勝軒」で食べたことあります。
「大阪大勝軒」の記事はこちら!
「西宮大勝軒」の記事はこちら!

久しぶりにここのを食べていくかと入店することに。
「大阪大勝軒」の日本橋店です。

大阪大勝軒 日本橋店(大阪難波)ラーメン

店の前には券売機があります。
大阪大勝軒 日本橋店(大阪難波)ラーメン

つけ麺にしようかなと思ったんですけど、
そういやネットの情報では、ここのは麺の量が多かった気が・・・
慌ててスマホで情報を確認すると、
並で400g 中800g 大1500gなんだそうな。
(大なんて、一人で食う人間おるんかいな?)
かなり飲み食いしてきた後なんで、400gでも到底ムリ。
ってことで、ラーメン並(650円)にしときました。

食券を買って、店内へ。
大阪大勝軒 日本橋店(大阪難波)ラーメン

10人程度座れる、カウンターのみのお店ですね。
セルフの水は、店入ってすぐにとっとかないと、
また戻ってになりますから面倒です。
(私は分からず、先に席へ座ってしまった)

ラーメン並(650円)、出来上がりました!
大阪大勝軒 日本橋店(大阪難波)ラーメン

見た目の印象は、濃厚そうな、豚骨と魚介のWスープって印象。
チャーシュー、海苔、玉子、ナルト、白葱がトッピングされています。
まずはそのスープよりいただいてみる。
ん?豚骨よりも魚介の風味が勝っていますね。
大阪大勝軒のつけ麺は、豚骨が主体のイメージがあったので、
意外に思いました。
魚介がメインのラーメンは、私はあまり好みではありません。
つけ麺は逆に、入ってるほうが好きなんですけどね。
あと味付けが、後口に辛さが残る濃さでした。

チャーシュー。
大阪大勝軒 日本橋店(大阪難波)ラーメン

うん、変わらないな~大阪大勝軒らしい。
ちと、これまた、自身の好みではありません。

麺は中太の縮れ麺。
大阪大勝軒 日本橋店(大阪難波)ラーメン

このタイプのスープによく合っていると思います。
ええ具合に絡んでくるし、かためなのも私にはOK。

ラーメンはスープが好みであらずでした。
こういう魚介主体ならば、もっと澄んだあっさり系がええ。
うーん。。。大勝軒はやっぱりつけ麺にすべきだったな。
失敗しました。

住所:大阪市浪速区難波中2丁目1-12
電話:06-6641-6688
営業時間:11:30~22:00(LO21:45)
定休日:年中無休
↓お勧めリンク↓

噂のつけ麺 関西版 大阪・兵庫・京都・奈良・滋賀・和歌山


大阪大勝軒 日本橋店つけ麺 / 難波駅(南海)近鉄日本橋駅日本橋駅

夜総合点★★☆☆☆ 2.8


大阪のラーオタさんならば、誰でも知ってる情報ですよね。
それは、難波にある有名ラーメン屋のおはようラーメン。
月初第一日曜に開催されております。
今回、その日程に偶然にも合うことができ、
スルッとKANSAI 3dayチケットを使った、
麺類をどれだけ食べ歩きできるか、挑戦してみることにしました。
その1軒目、〇丈[maruJOE]にやって来ました。

〇丈[maruJOE](大阪難波ミナミ)東大阪高井田風中華そば

朝7時半くらいに到着したんですけど、すごい人気ですね。
こんな朝早くから待ち客いてます。
ラーメン屋で並んでまで食おうとは思わない私なんですが、
3人程度の待ちでしたし、他に選択の余地もないので並びました。

そのおはようラーメンメニュー。
〇丈[maruJOE](大阪難波ミナミ)東大阪高井田風中華そば

味は高井田風中華そばの一種類のみで、並で650円。
あと、それに大きさ、肉増しの組み合わせ。
そして、ごはん(200円)に早寿司(150円)です。

卓上はめっちゃすっきり。
〇丈[maruJOE](大阪難波ミナミ)東大阪高井田風中華そば

カウンター10席程度の店内です。

こちらがその高井田風中華そばの小(550円)。
〇丈[maruJOE](大阪難波ミナミ)東大阪高井田風中華そば

これからの食べ歩きを考慮して、小にしときました。
コクのありそうな真っ黒なスープが特徴ですね。
あと煮玉子が雨の日やったんで、サービスでのっています。

まずはそのスープよりいただく。
〇丈[maruJOE](大阪難波ミナミ)東大阪高井田風中華そば

高井田ラーメンというと、ちょっと酸っぱめのスープが多いですけど、
こちらのお店はそんなことないですね。
鶏ガラがベースだと思いますが、濃口の醤油の風味と共に、
非常に深い味わいとなっております。
あっさりの中にコクがあるんですよ。
トータルの完成度がめっちゃ高いと感じました。

チャーシューもがっしり歯応えのあるタイプ。
きちんと主張してくれています。

煮玉子も半熟度合いが好み。
〇丈[maruJOE](大阪難波ミナミ)東大阪高井田風中華そば

青葱のシャキシャキさもスープに合っているよな。

麺は中太のストレート麺。
〇丈[maruJOE](大阪難波ミナミ)東大阪高井田風中華そば

自身の好みとすれば、このスープならば、
もっと太くそしてかためがええかなと思いますけど、
しっかりしたコシを感じますね。

うん、さすが!
醤油ベースのラーメンでは、ここ最近食べた中でもナンバー1ですね。
きちんと、主張のあるラーメンです。
また通常タイムに別のラーメンを食べてみたい、
そう思わせてくれる店です。

さーて、そんじゃ2軒目に移動しましょうか。
こちらのブログですぐに続きます。

住所:大阪市中央区難波千日前6-16
電話:06-6643-6633
営業時間:11:30~15:00 18:00~21:00
毎月第1日曜・おはようラーメン(夜営業なし)7:00~10:30 11:30~15:00
定休日:水曜
↓お勧めリンク↓

石神秀幸のラーメンマップ東京 1

〇丈ラーメン / 難波駅(南海)近鉄日本橋駅日本橋駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5


ミナミで飲んでの帰り道。
最近、豚骨醤油のラーメンばかり食っているので、
ここらで博多系の純粋な豚骨ラーメンが無性に食いたかったんですよ。
で、ミナミで少し前からチェックしてた店があったんですね。
大牟田とんこつ屋「龍鳳」大蛇山支店にお邪魔しました。

大牟田とんこつ屋 龍鳳 大蛇山支店(大阪ミナミ日本橋)

私はラーメンでも一番好きなジャンルが九州系の豚骨なので楽しみです。

店内の様子。
大牟田とんこつ屋 龍鳳 大蛇山支店(大阪ミナミ日本橋)

L字タイプのカウンターのみ。
場所柄、夜中の1時くらいが一番混むんだと店主さんが言っておられました。

こちらがメニュー。
大牟田とんこつ屋 龍鳳 大蛇山支店(大阪ミナミ日本橋)

基本、味の組み合わせは3種類あり、鶏ガラとんこつと、とんこつ、
その両方に醤油が加わったものみたいである。
私は純粋な豚骨ラーメンが食べたかったので、黒龍(680円)にしました。

黒龍(680円)の出来上がり!
大牟田とんこつ屋 龍鳳 大蛇山支店(大阪ミナミ日本橋)

見た目は、背脂が結構浮いており、濃厚そうやなって印象。
福岡でも博多系よりも久留米系に近いですね。

まずはその背脂たっぷりスープを飲んでみます。
大牟田とんこつ屋 龍鳳 大蛇山支店(大阪ミナミ日本橋)

店内には結構な豚骨臭さが漂っておりましたが、
こういう獣臭たっぷり大好きな私が期待してたよりも、
非常にあっさりさっぱりしたスープ。
背脂で濃厚さはありますけど、もうちょい臭さが欲しい。
(しかし関西では誰にでも受け入れられるタイプやと思います)

麺は細いストレート、九州らしい麺。
大牟田とんこつ屋 龍鳳 大蛇山支店(大阪ミナミ日本橋)

自家製麺で、九州で妹さんが作っているんだそうな。
博多、久留米系はこの太さがええよね~
ただ、食べ進めるに従い、ちょっとやわさが目立ってきたので、
かためで頼めるならば、そうしたほうがええかも。

チャーシュー。
大牟田とんこつ屋 龍鳳 大蛇山支店(大阪ミナミ日本橋)

九州らしいタイプですね、豚骨にはこのタイプが合っている。

途中で、卓上にある紅ショウガを投入して味を変える。
大牟田とんこつ屋 龍鳳 大蛇山支店(大阪ミナミ日本橋)

辛子高菜は卓上にはなかったな。
私は、麺、紅ショウガ、スープの3つのコンビネーションで食べるのが好き。
これぞ九州のラーメンやね。

味としては、自身の好みよりもあっさりし過ぎの感がありますが、
これは、各個人の好みですからね。
店主は非常に気さくに話しかけてくださる方で、
麺の輸送から色々とお話を伺いました。
うん、居心地のええ店で、朝までやっているので、
使い勝手は非常にええですね。
(しかしこの近辺お姉ちゃんのいる店の呼び込み多さには、閉口しました)

住所:大阪市中央区宗右衛門町1-27 三ツ寺八代ビル1F
電話:06-6212-5777
営業時間:19:30~翌6:00
定休日:日曜
↓お勧めリンク↓

石神秀幸のラーメンマップ東京 1

大牟田とんこつ屋 龍鳳  大蛇山支店ラーメン / 日本橋駅近鉄日本橋駅長堀橋駅

夜総合点★★★☆☆ 3.0