関西のあちこちで食べたラーメンの徒然記録


青森で一度食してみたいラーメンがありました。
その名は、「煮干し中華そば」。
関西で生まれ育った私は、あまりラーメンスープに、
煮干しの味が加わったものに慣れがありません。
しかし、つけ麺が流行りだしてから、
その煮干しの風味もなかなかええなって、感じるようになりました。
今回、道中にあった、「やまもと食堂」ってお店に立ち寄ります。

やまもと食堂(青森市)青森のご当地ラーメンである煮干し中華そばの濃厚系を食べてみた

中華そばは380円で食えるんやな~
青森のラーメン屋ってどこもこんな価格設定なんでしょうか。
とりあえず、中へ入りましょう。
あ、あと、朝7時から営業されてますので、朝ラーも可能。

外観もう1枚。
やまもと食堂(青森市)青森のご当地ラーメンである煮干し中華そばの濃厚系を食べてみた

こういうラーメン屋風情が、私は大好きです(^^)

店内の様子。
やまもと食堂(青森市)青森のご当地ラーメンである煮干し中華そばの濃厚系を食べてみた

テーブル席ですけど、カウンターも同じような雰囲気。
木の温かみを感じます。

メニュー。
やまもと食堂(青森市)青森のご当地ラーメンである煮干し中華そばの濃厚系を食べてみた

かけそばってのが、店頭に表示のあった380円中華そばみたい。
ただ、私はせっかくいただくなら、濃厚な煮干しの風味って書いてある、
中華そば 銀のスープ(580円)に目がいきましたね。
ラーメンは濃厚系が好きやし、これにしとこう。

あと、セットメニューもありました。
やまもと食堂(青森市)青森のご当地ラーメンである煮干し中華そばの濃厚系を食べてみた

あまり食欲が湧かない時期であったので、ご飯物は避けます。

店内、ご覧のものが、セルフで食べ放題になっております。
やまもと食堂(青森市)青森のご当地ラーメンである煮干し中華そばの濃厚系を食べてみた

こんな感じで取って来ました。
やまもと食堂(青森市)青森のご当地ラーメンである煮干し中華そばの濃厚系を食べてみた

大根を漬けたものがすっごく美味しかった。
ここのお店の自家製でしょうね。

こちらが、中華そば 銀のスープ(580円)。
やまもと食堂(青森市)青森のご当地ラーメンである煮干し中華そばの濃厚系を食べてみた

見るからに魚粉がたんまり入ってそうな色合いのスープですね。
トッピングは、ネギにメンマ、チャーシューとシンプル。
チャーシューは印象に残る味ではなかったですね。

まず、そのスープを味わってみます。
やまもと食堂(青森市)青森のご当地ラーメンである煮干し中華そばの濃厚系を食べてみた

すっごい煮干しの香りがダイレクトに口の中で拡がります。
こりゃ人に寄って好みが分かれるやろなって味。
口の中で、魚粉が暴れまくる印象です。
私も昔はこういう味のラーメン苦手やったんですけど、
慣れるに従い、あ、こういう味もええなって思えるようになりました。
今回も、どぎつさまで感じるこの味、美味しく思えます。

麺は中くらいの太さのストレート麺。
やまもと食堂(青森市)青森のご当地ラーメンである煮干し中華そばの濃厚系を食べてみた

煮干しの味に少し負けてしまっている感はありますけど、
それはほんのわずかです、こちらも美味しい。

食べた後も、ずっと煮干しの味が口の中に残ってましたね(^^;)
それほどまでに強烈な味のラーメンですけど、
青森まで来たからには、あっさりにしておくべきではなく、
この店ぐらいの煮干し中華そばをいただいたほうがええでしょう。
私も、ここのラーメンを選んで間違いはなかったと思います。

住所:青森県青森市岡造道3丁目18-1
電話:017-765-1772
営業時間:7:00~14:00 17:00~23:00 スープなくなり次第終了
定休日:水曜
↓お勧めリンク↓

「ご当地ラーメン」の地域ブランド戦略

神戸ラーメンの特徴と言えば、醤油が勝った色合いの醤油豚骨。
そして、ラーメン鉢いっぱいにトッピングされたチャーシューですね。
過去、何度か記事にしております、「もっこす」「2国」が有名店です。
「もっこす」石屋川店記事はこちら!
「らーめん2国」伊川谷店記事はこちら!

そしてもう1軒、三宮、元町の繁華街を中心にチェーン展開するのがここ、
神戸ラーメン「第一旭」です、今回、三宮本店を利用しました。

神戸ラーメン 第一旭 三宮本店(神戸三宮)昔からいつまでも愛される神戸の中華そば

JR三宮駅の東側に位置しております。

店内の様子。
神戸ラーメン 第一旭 三宮本店(神戸三宮)昔からいつまでも愛される神戸の中華そば

テーブル席は7卓あります。
あと真ん中に大きな一人客用のテーブルがあり、ここに15人くらい座れますね。
どちらかと言えば、男一人客が多い店内です。

メニュー。
神戸ラーメン 第一旭 三宮本店(神戸三宮)昔からいつまでも愛される神戸の中華そば

Aらーめんは550円と安いですけど、
これやとチャーシューが一切トッピングされていません。
B(700円)は逆にチャーシューめんになっていますから、
鉢一面の神戸らしいラーメン風情を味わえます。
あと、15時~18時の時間帯は、タイムサービスもやっています。

今回、ランチタイム利用なんで、こちら。
神戸ラーメン 第一旭 三宮本店(神戸三宮)昔からいつまでも愛される神戸の中華そば

ラーメンとのセットメニューがあります。
昔からよく食べていたミニ丼のセットにすることは即決定。
あとラーメンをAかBかで迷いましたが、ミニ丼にチャーシュー入っているので、
ここはチャーシューなしのAラーメンとのセットにしておきましょう、780円です。

こちらがそのAラーメン(単品やと550円)。
神戸ラーメン 第一旭 三宮本店(神戸三宮)昔からいつまでも愛される神戸の中華そば

葱たっぷりのっているのが、こういう醤油スープには葱必須の私にはありがたい。
あと、トッピングは、もやしとメンマです。

そんじゃ、いただきます。
神戸ラーメン 第一旭 三宮本店(神戸三宮)昔からいつまでも愛される神戸の中華そば

写真見ての通り、デフォルトで胡椒がたくさん振り掛けられています。
別に私がやったわけではありませんよ。
しかしここの醤油スープには、胡椒がめちゃめちゃ合っています。
豚骨の脂の粘度もちょうどよくって、変わらない味だな、美味しい。

麺は中細のストレート。
神戸ラーメン 第一旭 三宮本店(神戸三宮)昔からいつまでも愛される神戸の中華そば

かための麺は、このスープとも相性ぴったりです。

そして、こちらがミニ丼。
神戸ラーメン 第一旭 三宮本店(神戸三宮)昔からいつまでも愛される神戸の中華そば

チャーシュー入りの玉子かけご飯風ですね。
昔はこれが大好きでね~よく食ってた。

こんなチャーシュー入りです。
神戸ラーメン 第一旭 三宮本店(神戸三宮)昔からいつまでも愛される神戸の中華そば

生卵をぐっちゃんぐっちゃんにかき混ぜていただきます。
しかし、昔食ってた時のような旨さを感じなかったのはなぜだろ?
Bラーメンと半チャーハンのセット(850円)にすりゃよかったかな。

ラーメンは味を変えます。
神戸ラーメン 第一旭 三宮本店(神戸三宮)昔からいつまでも愛される神戸の中華そば

おろしにんにくと紅生姜を投入。
しかし、ここのラーメンにこの味変化は余計。
そのまんまでいただく方が美味しいです。

久しぶりにいただいた神戸ラーメン第一旭でしたけど、
ここのラーメンの味は、いつまで経っても好きなまんまやと思います。
また今度神戸に戻ってくる時があれば、必ず食べることになるでしょう。

住所:兵庫県神戸市中央区旭通5-15-2
電話:078-251-9346
営業時間:[月~土]10:00~翌2:00 [日]10:00~24:00
定休日:無休
↓お勧めリンク↓

「ご当地ラーメン」の地域ブランド戦略

東北の中央部を北上中です、鳴子温泉を出発し、岩手県入り。
特にこの近辺では食べたいと思う飲食店もなく、
道中見つけたお店に入るつもりでした。
で、1軒気になったラーメン屋があったんですけど、つい昨日閉店してた・・・
いつもの私の休業閉業に遭遇する運だが仕方ない。
ラーメン食いたい口になってたから、次に見つけたラーメン屋に入ることに。
元祖「宝介」一関店です。

宝介 一関店(岩手一関)元祖ニラ南蛮ラーメンとは岩手のどんなご当地ラーメン?

ぱっと見た目、チェーン店やなと思ったんですけど、
後から調べると、岩手県を中心に展開するローカルチェーン店ですね。

メニュー。
宝介 一関店(岩手一関)元祖ニラ南蛮ラーメンとは岩手のどんなご当地ラーメン?

魚だしと豚骨だしの2種類のスープがメインみたい。
中でも、ニラなんばんラーメン(750円)ってのが、この店の名物なんだとか。
豚骨スープのラーメン好きやし、これにしとこう。

店内の様子。
宝介 一関店(岩手一関)元祖ニラ南蛮ラーメンとは岩手のどんなご当地ラーメン?

このカウンター席が主流です。
国道4号線沿いにあるので、仕事合間のドライバーが立ち寄りやすいお店。

ラーメン完成。
宝介 一関店(岩手一関)元祖ニラ南蛮ラーメンとは岩手のどんなご当地ラーメン?

見た瞬間に、どこが「ニラなんばん」なのかさっぱり分かりませんでした。
単なるどこにでもある豚骨ラーメンやん。

しかし、これなんですよ。
宝介 一関店(岩手一関)元祖ニラ南蛮ラーメンとは岩手のどんなご当地ラーメン?

同時に提供される、辛味ニラとキムチですね。
これを好きなだけラーメンに投入できます。
この辛味ニラを、この地域では「ニラなんばん」って言うらしい。

投入するとスープの味が変わってしまうので、まずはなにも入れない状態で・・・
豚骨の味はあっさりめ、関西でいうライト豚骨のタイプです。
私はあまり好みではないスープですね。

なので、キムチとニラなんばんを投入!
宝介 一関店(岩手一関)元祖ニラ南蛮ラーメンとは岩手のどんなご当地ラーメン?

おっ!よくなりましたね~
さらに卓上にあったおろしにんにくもあとから投入してやると、パンチ全開!
こうしていただくのを前提にスープは作ってあるんやな。

麺は縮れの入った中ぐらいの太さ。
宝介 一関店(岩手一関)元祖ニラ南蛮ラーメンとは岩手のどんなご当地ラーメン?

自身にはやわすぎました・・・
完全にパンチ力を増したスープに負けちゃってます。

チャーシュー。
宝介 一関店(岩手一関)元祖ニラ南蛮ラーメンとは岩手のどんなご当地ラーメン?

印象に残りませんでしたね、煮込み具合はちょうどええんやけど、
もうちょい肉自体に味をつけてほしい。

「ニラなんばん」に興味を持ったんですけど、
こういうのって全国どこのラーメン屋さんでもちらほら見かけます。
私の地元神戸でも、「もっこす」というお店が同じタイプのもの提供してる。
参考)もっこす石屋川店の記事はこちら!

なので、ここ岩手らしさを感じるご当地ラーメンではなかったですね。
まだまだ、ご当地ラーメンめぐり旅は続きます。

住所:岩手県一関市山目字十二神121-1
電話:0191-26-6077
営業時間:11:00~23:00
定休日:無休
↓お勧めリンク↓

全国B級グルメツーリング