関西のあちこちで食べたラーメンの徒然記録


この日は、上野近辺で宿泊。
お昼間の歩き疲れで、夕方からゆっくりベットで休み、
21時くらいから近辺で晩ご飯をと考えました。
次の日も朝早くから行動するつもりでいてたので、
酒は飲まず、次の日シャッキリ起きたい。
検索かけたところ、徒歩2,3分のところに個性的なラーメン屋が。
ここにしますか、麺屋武蔵「武骨」御徒町店です。

麺屋武蔵 武骨 御徒町店(東京上野)ラーメン

今時のラーメン屋風情。
行列店と聞いていたが、並びもなさそうですぐに食えそう(^^)

店頭のこの写真見ると、濃厚、ボリュームありそうな男らーめんです。
麺屋武蔵 武骨 御徒町店(東京上野)ラーメン

あと、ここの社員は給与32万か~
ラーメン屋に勤めたことございませぬが、どんなもんやろ?

店内入ってすぐに券売機方式。
麺屋武蔵 武骨 御徒町店(東京上野)ラーメン

つけ麺もありましたが、その日はラーメン舌。
そのラーメンは黒、白、赤と3種類あって、基本は810円。
ちと高いなと思いつつ、イカスミ好きな私は、
黒ら~麺(810円)にしました。

店内はカウンターのみ。
麺屋武蔵 武骨 御徒町店(東京上野)ラーメン

ちょっと席間は狭めだな~
私のようなデブだと、隣に気を遣います。
あと、タイミングよかったのか、私の後には待ち客が沢山できました。
けど、この座っている席の後ろで待たれるんよね~
自身食ってる後ろをじーーっと見つめられるのは、ちょい抵抗ある。

こちらが、黒ら~麺(810円)。
麺屋武蔵 武骨 御徒町店(東京上野)ラーメン

角煮に、ネギ、極太メンマがのっています。
麺もあとで記述しますが、極太ですね。
東京の最近のラーメンってこういうの多い?
「六厘舎」が流行って、余計にそう感じるだけなのかな。

その真っ黒なスープよりいただいてみる。
麺屋武蔵 武骨 御徒町店(東京上野)ラーメン

想像してたよりもさっぱりめ。
イカスミの風味ってのはあまり感じず、にんにくが目立つ。
ただ、それでいてコクを感じるのはイカスミ効果なんでしょうね。
無難に美味しいスープです。

そして、トロトロの角煮。
麺屋武蔵 武骨 御徒町店(東京上野)ラーメン

2枚大きいのが入っておりましたし、かなりの脂だったのもあり、
夜遅めのご飯には、ボリュームあり過ぎですね。
美味しいのは美味しいけど、この量減らして貰って、
もうちょい安い価格帯(700円くらい)のラーメン作ってもらったらな。

麺もがっしり食べ応えあります。
麺屋武蔵 武骨 御徒町店(東京上野)ラーメン

極太に近い縮れ麺。
この太さですから、モチっとした食感で、スープの絡みもいい。

全体的に、若い男性が、がっつりいくタイプのラーメンですね。
飲んだ後の〆になんて、とんでもないと思います。
麺、スープ、角煮などトッピング、どれもがレベル高く、
ええ調和しているんやけど、
ボリュームも全然大丈夫、脂なんてどんだけでも吸収してやる!
って気分の時にいけば、ぴったりはまりますが、
今回の私のように、寝る前のラーメンには重たすぎましたね。
しかし、美味しいラーメンには間違いないです。

住所:東京都台東区上野6-7-3 矢島ビル1F
電話:03-5812-4634
営業時間:11:30~22:00
定休日:無休
↓お勧めリンク↓

石神秀幸のラーメンマップ東京 1