関西のあちこちで食べたラーメンの徒然記録


この日は以前からずっと気になってたラーメン屋さんへ。
なんでも、神戸で30年以上も受け継がれてきた、
あっさり鶏ガラスープのラーメンなんだとか。

私がまだ子供~若い頃、三宮に屋台のラーメン屋(天一軒って名前)があって
父親が好きで、よく連れられて食べに行ってました。
無性になんかその頃の味が食べたくなったんですね。
こちらのラーメンはその味に似てるのかなと訪問。
神戸拉麺「龍虎」です。

神戸拉麺 龍虎(神戸JR六甲道)昔ながらの中華そば

JR六甲道駅南側すぐ、ウェルブ六甲道に位置しております。

そのメニュー。
神戸拉麺 龍虎(神戸JR六甲道)昔ながらの中華そば

ありますね~昔懐かしい神戸屋台の味の中華そば(700円)。
はっきり言って、子供の頃食べた、
天一軒のラーメンがどんな味やったかって憶えてません。
けど透き通った鶏ガラスープであったことは確か。
その味を思い起こされるかな?

ランチタイムやったんで、こちらも注文可能。
神戸拉麺 龍虎(神戸JR六甲道)昔ながらの中華そば

プラス150円で焼飯できるなら、そうしましょうか。
けど、無料でトッピング追加できるほうがお得やったかな?

店内の様子。
神戸拉麺 龍虎(神戸JR六甲道)昔ながらの中華そば

このV型のカウンターと、テーブルが1つ。
こじんまりと狭いお店です。

まず、先に焼飯(ランチ+150円)が出てきました。
神戸拉麺 龍虎(神戸JR六甲道)昔ながらの中華そば

チャーハン好きなんで、やっぱこっちを頼んでしまいました。
ちょっとべちゃっとした食感で、フワパラ好きの私の好みとは逆。

そして、中華そば(700円)。
神戸拉麺 龍虎(神戸JR六甲道)昔ながらの中華そば

見た目のビジュアルは美しいな~って思いましたね(^^)
トッピングもチャーシュー、メンマ、ナルト、葱、卵、海苔と豊富です。

まずはその鶏ガラスープよりいただいてみる。
・・・あっさり感はええんですけど、自身の好みとしてはコクがない。
酒飲んだ後に食べたくなるラーメンではあるが、
お昼にがっつりいくタイプではありません。

チャーシューは5枚と多めに入れてくれている。
神戸拉麺 龍虎(神戸JR六甲道)昔ながらの中華そば

こちらはがっしりした歯ごたえの豚バラ肉で、味付けも控えめ。
このラーメンに合っており、美味しいです。

麺は極細のストレート麺。
神戸拉麺 龍虎(神戸JR六甲道)昔ながらの中華そば

スープが非常に味付けの薄いタイプなので、
この麺との組み合わせってどうでしょうか?
私としては、このスープなら、
風味のある縮れ玉子麺で食べてみたいかなってところ。

味が私には薄いんで、冒険しました(^^)
神戸拉麺 龍虎(神戸JR六甲道)昔ながらの中華そば

紅生姜を加えてみる。
しかし、これは失敗。
麺が極細のストレート麺と、博多ラーメンと似てるから、
どう絡んでくるかと思ったが、あっさり鶏ガラ醤油スープには合いません。

まあ、私の注文ミスですね。
自身のラーメンの好みから言いますと、この店で注文すべきは、
鳥豚骨の塩(700円)やったと思います。
うん、次回訪問する機会があったら、そっち頼んで、
チャーシュートッピング無料増加してもらおっと。

住所:神戸市灘区深田町4-1-1 ウェルブ六甲道2番街1F
電話:不明
営業時間:平日11:30~14:00 (L.O 13:50) 18:00~翌1:00 (L.O 1:50)
日祝 11:30~14:00 (L.O 13:50) 18:00~22:00 (L.O 21:50)
定休日:月曜、第3火曜
↓お勧めリンク↓

全国B級グルメツーリング

昔ながらの北海道系味噌ラーメン。
たまーーに食べたくなる味なんですよね。
サッポロ一番でも、基本、塩味が一番好きなんですけど、
味噌味が食べたくなる時もある(醤油はまずない^^;)。

関西では、「熊五郎」系列の味噌ラーメンも好きな味です。
「熊五郎」千里中央店の記事はこちら!

今回、その周期がやって来て、そういや、北海らーめんが、
JR六甲道、フォレスタ六甲にあったよなと向かいました。

北海らーめん(神戸JR六甲道)味噌ラーメン

たまに見かけるチェーン店ですね。

店頭メニュー。
北海らーめん(神戸JR六甲道)味噌ラーメン

まあ見るまでもなく、みそらーめん(680円)チョイスなんですけどね(^^)
他にも味は、塩と醤油があります。
ただ、悩んだのは、チャーハン好きな私としては、
半チャン(+200円)をつけようか・・・
あと、ランチは、シバご飯やじゃこご飯が+50円なんですよね。
しかし、炭水化物を加えるのはデブの道まっしぐら、やめておこうと決意。

店内に入ってカウンター。
北海らーめん(神戸JR六甲道)味噌ラーメン

このカウンター主体ですが、テーブル席もあります。

味噌ラーメン、出来上がり。
北海らーめん(神戸JR六甲道)味噌ラーメン

ちょい出来上がりまで、時間かかったな。
私の後から入ってきた客はさらに遅かったので、何に時間かかるんやろ?
さあ、まずはその待望のスープより。
うん、これやね~この味噌らしいスープを飲みたかった。
味わいとしては単調で安っぽいんですけど、
こういう昔ながらの味噌スープって飲みたい時ってありません?

そして、案外、びっくりしたのが、チャーシュー。
北海らーめん(神戸JR六甲道)味噌ラーメン

焦んがり風味を伴った、ぶ厚めの豚バラチャーシュー。
柔らかくもあり、非常に美味しいんですよ、私好み。
ただ、メンマはちょっと塩辛かったな。

麺は中くらいの太さのストレートタイプ。
北海らーめん(神戸JR六甲道)味噌ラーメン

これがチュルンっと喉越しのええ麺なんです。
味噌風味をコーティングして、スープとの相性、バランスがええんですよね。

うん、今時の無化調スープ・自家製麺ってラーメン路線とは逆を行く店ですが、
アラフォー世代より上の人間には、
こういうラーメンって懐かしみを持って接しられますね。
たまに食べるには、無難で美味しいラーメンだと思います。

住所:神戸市灘区永手町4-2-1 フォレスタ六甲B1F
電話:078-854-3618
営業時間:11:00~16:00 17:00~21:00
定休日:火曜日
↓お勧めリンク↓

全国B級グルメツーリング

神戸のラーメン店の中でも、これぞ鶏の濃厚スープってことで、
一際、評判のいいお店。
私は、和食はあっさり薄味好みですが、ラーメンとなると話は別。
もう、こってり濃厚ドロドロなタイプが大好き(^^)
代表的なのは、大国町の「無鉄砲」なんて、モロタイプです。
ですので、こちらのお店は行きたくて仕方なかった。
JR六甲道駅すぐにあります、「ダイナsoul」です。

ダイナsoul 六甲道店(神戸)地鶏特濃ラーメン

今時のラーメン店です。

表にはこんなメニュー。
ダイナsoul 六甲道店(神戸)地鶏特濃ラーメン

味はその濃厚鶏スープのみ。
その濃さで値段分けされております。
せっかくの濃厚スープやねんから、中濃やと物足りないかなと、
真ん中の特濃(790円)にすることにしました。

また、ラーメンとセットで丼もやってます。
ダイナsoul 六甲道店(神戸)地鶏特濃ラーメン

+230円で日替わりで変わるのかな?
その特濃ラーメンのみを今回お試し、券売機でチケットを購入。

こちらがその、特濃らーめん。
ダイナsoul 六甲道店(神戸)地鶏特濃ラーメン

見た目は、水菜や糸唐辛子で彩りを加えているのが上品ですね。
で、鶏のこってりスープとなると、
ラーメン好きなら誰もが思い浮かぶお店があると思います。
そう、「天下一品」です。
スープの色合いは、その天下一品を連想させます。

しかし、粘度がとてつもない。
ダイナsoul 六甲道店(神戸)地鶏特濃ラーメン

そのドロドロしたスープを一口。
うん、味は基本天一なんですけど、そこからさらに濃厚になってはいるが、
化学調味料系をあまり使っていない(もしかして全然?)んでしょう、
意外にすっきりと飲めるんですよ。

チャーシューも2種類。
ダイナsoul 六甲道店(神戸)地鶏特濃ラーメン

豚と鶏と、これまた凝っております。
豚の方はどこにでもありがちかなと思いますが、
鶏のレアチャーシューは、ねっとりと生の感触も残っていて好み。

麺は中くらいの太さのストレート。
ダイナsoul 六甲道店(神戸)地鶏特濃ラーメン

まあ、見て分かるとおり、ドロドロのスープがねっとり絡んでくる。
最初のうちは旨いな~と食っていたんですけど。
徐々に味が相当くどくなってきた。
麺は全部完食しましたが、スープは全飲することできませんでしたね。
私には、特濃でも味が濃い過ぎるのでしょう。

卓上にはにんにく唐辛子が置いていた。
ダイナsoul 六甲道店(神戸)地鶏特濃ラーメン

これも途中から投入したかったのだが、その後まだ仕事あるので我慢。

人を選ぶラーメンですね。
基本、天一のこってりが麻薬になっている方でしたら、
誰もがこのラーメンは美味しいと感じるはずです。
しかし、天一こってりがダメな方は、避けて通る道ですのでご注意を。
私は中濃で、もっかい食べてみたいです(^^)

住所:神戸市灘区深田町4-1-39 メイン六甲Aビル1F
電話:078-855-3993
営業時間:11:00~15:00 17:30~翌2:00 (日曜)17:00~24:00
定休日:水曜日
↓お勧めリンク↓

全国B級グルメツーリング


ダイナsoul 六甲道店ラーメン / 六甲道駅新在家駅六甲駅

昼総合点★★☆☆☆ 2.9