関西のあちこちで食べたラーメンの徒然記録


大阪で行列のできる一番の人気ラーメン店ではないだろうか。
その名は「無鉄砲」。
その濃厚こってりなドロドロ豚骨スープに、
魅了された方はたくさんいるだろう。
かくいう私もその一人である。
大阪大国町「無鉄砲」の記事はこちら!

まあスーパーでは何度も見かけているのだが、
お値段が399円と、
こういう2人前生麺チルドタイプの他の製品と比べても高く、
またこういう有名店のインスタントシリーズに、
美味しいのには出会ったことがないってのもあり、
ずっと買うのは敬遠してたんよね~

しかし、今回、半額シールが貼られていた!!
無鉄砲 超濃厚豚骨 袋生麺(日清食品チルド)

こうなると1食あたり100円。
うん、安いカップラーメンと同じ値段ですね。
購入しました。
日清食品の「無鉄砲 超濃厚豚骨」ラーメンです。

裏の説明書き。
無鉄砲 超濃厚豚骨 袋生麺(日清食品チルド)

店主の赤迫重之氏監修のもとに生まれたラーメン。
果たしてお店の味にどこまで近づけているかな?

生麺と液体濃縮スープのセットです。
無鉄砲 超濃厚豚骨 袋生麺(日清食品チルド)

他には何も入ってません。
無鉄砲というと、代名詞はドロドロスープ。
あのドロドロさが、この濃縮スープだけで表現できるのか甚だ疑問。

ちゃっちゃと作り上げました。
無鉄砲 超濃厚豚骨 袋生麺(日清食品チルド)

私はこういうインスタント系ラーメンには、
色々具材を入れるのが嫌なので、冷凍葱だけ投入。
で、やっぱりスープ!!

こちら、実際店舗で食べたのも写真つけます。
無鉄砲 超濃厚豚骨 袋生麺(日清食品チルド)

全然違うでしょ?
飲んでみても、確かに濃い~豚骨醤油スープなんだけど、
あのドロドロさは全く皆無です。

麺は中細の少し縮れの入ったタイプ。
無鉄砲 超濃厚豚骨 袋生麺(日清食品チルド)

つるんとした喉越しは生めんらしい。
こういうの食べると、カップ麺や袋麺のインスタント系ラーメンなんて、
食べたいとは思わなくなりますね。

想像通りの残念な結果に。
ただ、これを「無鉄砲」の概念をなくして食べると、
100円(値引き後ですが)にしては、美味しい豚骨醤油ラーメンやったと、
そのような感想になっていたであろう。
しかし、金儲けのためとはいえ、こういうかけ離れたラーメンを、
店主が監修したと謳うのは、
お店にとってマイナスイメージやと思うんですけどね。

↓お勧めリンク↓

いえめん。 / インスタントラーメン”魔法の132杯”

スーパーをぶらっとしていて、気になったインスタント食品。
あまり家で私はインスタント食品を食べる習慣はありません。
ご飯を炊いて、冷凍しておけば、おかずはスーパーで買ってきて、
丼にする方が、手間はかかりませんし、遙かに美味しいと思います。
ただ、パッケージにこれは惹かれました。
ニッチン食堂 太麺汁なし担々麺です。

ニッチン食堂 太麺汁なし担々麺(日清食品)

カップインスタント麺は、特に私の嫌う分野です。
同じ日清食品なら、UFOカップ焼きそばに比べると、
袋パッケージの日清焼きそばの方が絶対に美味しいと思いますしね。

で、こちらの商品は、レンジでチンするインスタントです。
容器に水を入れるだけで、かんたん調理!“湯沸し不要”
“湯切り不要”が謳い文句。
お手軽さは魅力的。

その通りに作ってみました。
ニッチン食堂 太麺汁なし担々麺(日清食品)

レンジから出してきて、焙煎ごまを使用した濃厚ピリ辛ごまだれソースと、
ピリ辛肉そぼろ、ネギ、すりごま、赤唐辛子かやくと一緒に和えます。
しかし、見た目はかやく少ない・・・

麺はもちもちっとした太麺。
ニッチン食堂 太麺汁なし担々麺(日清食品)

日清のこういう麺は、つけ麺が旨かったので期待したが、
こういうお手軽インスタントの限界か、ぱさつきを感じます。
ちょっと手間でも、沸騰したお湯で湯がいて、湯切りすれば、
もっともっちりさを感じることができると思いますね。

やはり、満足はできませんでした。
どうしても出先で、レンジがある環境での利用くらいかな。
家で食べるならば、もう少し工夫すれば、もっと美味しいもん食えると思います。

↓お勧めリンク↓

作り方簡単!レシピ入らず!辛さと旨さが決め手!坦々麺セット

生タイプめんの「日清ラ王」は2010年8月2日に生産を終了しました。
インスタントラーメンはまあお手軽に食えるけれども、
お店で食べるラーメンとは雲泥の差ってイメージがあったのだが、
この「日清ラ王」はそれなりに近い味を楽しめるというのがあった。
それがなくなってしまうのは残念と思っていたのだが、
もう復活?
今度は、生麺に近い、ノンフライ麺の開発に成功した新商品だとのこと。
その名も「日清ラ王」・・・全く一緒やん。
なら生産終了ってせずに、完全な大幅リニューアルってことにすりゃええのに。
なんかパチンコ屋の新装開店みたいで、パチもんくさい。

日清ラ王 背脂濃コク醤油(日清食品)

まあ、しかしお試しで、「背脂濃コク醤油」味を買ってみました。
価格は230円くらいやったかな。
パッケージが八角形であるのが非常に斬新。
丸型よりも高級感ありますね。

作ってみる。
日清ラ王 背脂濃コク醤油(日清食品)

5分の待ち時間であるが、かた麺好きなので4分程度に。
ふたを開けて、スープ類は後入れである。
濃縮スープと粉末スープを投入すると、なるほどコクが深そうなスープだ。
まず、そのスープをいただく。
鶏ガラをベースに、豚の背脂と肉感でアクセントを付けた、コク深い醤油味とのことだが、
確かにその通りに感じるスープである。
しかし、その油っこさがどうもくどく感じてならない。
インスタントのスープはどれを味わってみても、旨いとは思わないな。

独自に新開発された麺。
日清ラ王 背脂濃コク醤油(日清食品)

少し縮れの入った太麺である。
こういうインスタント麺でこの太さは見かけたことなかった。
食べてみても、ひじょうにかんすいの風味がよく分かる。
うん、やっぱり日清の麺の出来は素晴らしいと思う。

ただ、やっぱりスープがどうにも自身の舌には合わない。
この麺ならば、魚介と豚骨のWスープで味わってみたい味。
それも濃縮タイプでなく、スープそのもんをパッケージにしてね。

日清さん、麺の出来は非常にいいと思うので、
こういうカップ麺ではなく、この麺と丸ごとスープを
パッケージにした袋タイプを出してくれないだろうか。
ならば1食200円ぐらいでも、また購入してみたいと思いますね。
カップ麺はどれ食べても私には苦手です。

↓お勧めリンク↓

インスタント食堂