関西のあちこちで食べたラーメンの徒然記録


本日のお目当てのお店は池袋にあります。
私の大好きなドラマ、「孤独のグルメ」シーズン1に登場した、
汁なし担々麺のお店がお目当て。
ドラマでの放映後、常に行列店になっていると聞いていたので、
この日は日曜でもあったし、あらかじめ、
20~30分前にはお店前に到着するように出発しました。
中国家庭料理 楊(ヤン)2号店です。

中国家庭料理 楊 2号店(東京池袋)孤独のグルメシーズン1に登場した汁なし担々麺

ただ、お店前に到着すると、誰も並んでない?
なんせシーズン1ですから、放映されたのはだいぶ昔ですもんね。
なのでその人気も、落ち着いたんでしょうか。
オープン直後到着でも充分大丈夫でした(^^;)

では、店内に入ります。
中国家庭料理 楊 2号店(東京池袋)孤独のグルメシーズン1に登場した汁なし担々麺

私は1人なので、カウンター席に。
他はご覧の4人テーブル席ですね。
ただ、オープン20分後くらいには続々と客が押し寄せ、
あっという間に、満席になりました。

お店のおすすめメニュー。
中国家庭料理 楊 2号店(東京池袋)孤独のグルメシーズン1に登場した汁なし担々麺

この他にも色々と一品料理ありました。
狙いはもちろん、汁なし担々麺(800円)です。

出来上がり。
中国家庭料理 楊 2号店(東京池袋)孤独のグルメシーズン1に登場した汁なし担々麺

見た目がまさに日本の料理ではありません、中国四川料理らしさ満載です。
中央に麺が配置されており、青梗菜がのっております。
そして、両脇に、ミンチ肉と砕いたピーナッツ。
麺の下には芝麻醤、真っ赤なラー油のタレといった構成。

これをぐっちゃん、ぐっちゃんに混ぜていただきます。
中国家庭料理 楊 2号店(東京池袋)孤独のグルメシーズン1に登場した汁なし担々麺

まず一口目・・・ドラマでは相当辛いように表現されていたけど、
辛さの耐性に強い私にはさほどではない。
しかし、味がめちゃめちゃ濃い~ですね。
そして、三口、四口と食べ進めるに従い、舌が痺れてくる。
そう、辛さがすごいんではなくって、山椒がすごいんです。
私、適度の山椒は大好きなんですけど、この舌がマヒするレベルやと相当きつい。
水でなんとかリセットしようとしても、全然歯が立たない。

あと、麺が自身にはやわすぎて、味の濃さに負けてしまっていたので、
これも好みではありませんでした。

私は辛い物は全然大丈夫な味覚ですから、この汁なし担々麺にも挑んだんですが、
思わない伏兵に茂みからブスっと、槍に突き刺された気分でしたね。
この料理は各個人の好み次第で好き嫌いが大きく分かれるでしょう。
山椒の痺れに相当耐性が強い方にのみ、オススメします。

住所:東京都豊島区西池袋3-25-5
電話:03-5391-6803
営業時間:[月~金]11:30~15:00(L.O.14:30) 17:30~23:30(L.O.22:30)
[土・日・祝]12:00~15:00(L.O.14:30) 17:00~23:30(L.O.22:30)
定休日:無休
↓お勧めリンク↓

全国B級グルメツーリング