関西のあちこちで食べたラーメンの徒然記録


私は以前、神戸の西区に住んでいたことがあり、
その時に一番よく食べたラーメンがここですね。
その名は「らーめん2国」。
伊川谷店の記事はこちら!

神戸の東地区は、「もっこす」という、お気に入り神戸らーめんのお店がありますが、
西地区の神戸らーめんは、「らーめん2国」です。

そちらのお店が梅田のお初天神通りにお店を出しているのは知ってたが、
当面、関西を離れていたので、訪問できずにおりました。
今回、梅田に用事があって、そのついでに立ち寄ることに。
「らーめん2国」お初天神店です。

らーめん2国 お初天神店(大阪梅田)お気に入り神戸らーめん濃厚豚骨醤油が大阪へ進出!

神戸発祥屋台味とありますね。
神戸ラーメンの特徴は、醤油が勝った豚骨醤油なんですけど、
結構、こってりと豚の脂が使われているんですよ。
果たして、昔食べた味と変わらないかな?

そして、2国らーめんと言えば、このビジュアル。
らーめん2国 お初天神店(大阪梅田)お気に入り神戸らーめん濃厚豚骨醤油が大阪へ進出!

ラーメン鉢を覆いつくす、チャーシューが特徴の、
チャーシュー麺(920円)です。
さらにキムチやにんにくまでどっさりの2国ラーメン(1020円)は、
若い頃よく食べました(^^)

セットメニュー、一品、サイドメニュー。
らーめん2国 お初天神店(大阪梅田)お気に入り神戸らーめん濃厚豚骨醤油が大阪へ進出!

2国ってこんなに昔、メニュー多かったっけ?
今回、このあと飲みに行く用事もあるので、
普通のらーめん(670円)、1杯だけにしときます。

店内カウンターの様子。
らーめん2国 お初天神店(大阪梅田)お気に入り神戸らーめん濃厚豚骨醤油が大阪へ進出!

2階もあるのか、1階が満席になると、そっちにも案内されてました。

出来上がり、デフォルトのらーめん(670円)。
らーめん2国 お初天神店(大阪梅田)お気に入り神戸らーめん濃厚豚骨醤油が大阪へ進出!

見た目のビジュアルとしては、チャーシュー麺のインパクトがないですね。
あと、麺のかたさ、背脂の量は指定できたので、麺かため、背脂多めにしました。
なので昔食べた、2国らーめんの印象とは全然違います。

まず、スープよりいただいてみます。
昔懐かしの味!ってとこまではいかないけれど、似てはおりますね。
あっさり豚骨醤油やけど、しっかりと豚のコクは感じます。
昔はもうちょい味が濃かったような気がするな。

麺は、中細のストレート麺。
らーめん2国 お初天神店(大阪梅田)お気に入り神戸らーめん濃厚豚骨醤油が大阪へ進出!

かためでお願いしたけど、それでも私にはまだやわかった。
今時のラーメン屋さんは自家製麺にこだわってやってるところ多いから、
そういう店と比べると味気ないです。

そして、チャーシュー。
らーめん2国 お初天神店(大阪梅田)お気に入り神戸らーめん濃厚豚骨醤油が大阪へ進出!

このチャーシューは昔から変わりませんね。
トロッと脂身の多いペラペラのタイプで、非常に美味しい。
昔食べた店では、麺少なめで若干安くなったこともあり、
チャーシュー麺にして、麺を減量して食べてた記憶があります。

うん、やっぱりこの系統のラーメンは私としては中毒になるタイプで、
1ヶ月に1回は禁断症状が現れるかも(^^)
また神戸の西側に行ったら、どこか別のチェーンに寄ってみよっと!

住所:大阪府大阪市北区曾根崎2-13-18
電話:06-6365-0259
営業時間:11:00~翌1:00
定休日:無休
↓お勧めリンク↓

石神秀幸のラーメンマップ東京 1

森下で煮込み、そして浅草で鰻串焼きをアテに、一杯やってのその後・・・
いつものように、麺を欲してしまうわたくしめ(^^;)
これが太る原因になっておりますが、近頃あまり飲み歩いてないしね。
たまにはええでしょと、浅草でもラーメン評価の高い、こちらのお店へ。
中華そば「つし馬」を訪問です。

中華そば つし馬(東京浅草)青森煮干しラーメンのつけ麺版

商店街ぞいにあり、目立つラーメン屋なんですけど、
この屋号の字体雰囲気が、どこかと似ているなって思ってたんです。
すると、博多長浜ラーメンを提供しているお店としては、
非常に評価の高い、「田中商店」の系列店なんですね。
私も本店と、お台場店に行ったことあります。
「田中商店」お台場店の記事はこちら!

しかし、こちらのお店は博多系のラーメンではありません。
中華そば つし馬(東京浅草)青森煮干しラーメンのつけ麺版

青森の煮干し中華そばを提供されているんです。
東京に多い、魚介系の中華そばではなくって、青森なんですね。

その煮干し中華そばをいただこうと思いました。
中華そば つし馬(東京浅草)青森煮干しラーメンのつけ麺版

しかし、「小」が売り切れランプついてるんですよ。
散々飲み食いした後やから、小がええのにな。
仕方なく「中」にしようかなと思ったが、さほど酔ってないし、
冷静に考えて、抑えておこうと、つけ麺の小(680円)にしときました。

店内入り、カウンターに座ります。
中華そば つし馬(東京浅草)青森煮干しラーメンのつけ麺版

カウンター10席に、テーブルが2卓ありました。

こちらが、つけ麺の小(680円)。
中華そば つし馬(東京浅草)青森煮干しラーメンのつけ麺版

今までに見たことのないタイプのつけ麺です。
結構、つけ汁の器が大きいな。

まず、この麺ですね。
中華そば つし馬(東京浅草)青森煮干しラーメンのつけ麺版

中太の色の白いタイプ、少しウェーブかかってるかな。
つけ麺と言えば、がっしり食感の極太麺が多いですけど、
非常にお上品な味わいの麺です。

そしてつけ汁。
中華そば つし馬(東京浅草)青森煮干しラーメンのつけ麺版

煮干しを効かせたスープに、油を浮かせてますね。
まずそのまま口に含んでみると、煮干しがまず主張してきますけど、
それはガツンとくるほどではない、他の動物系の旨みと共にまろやかです。
あと酸味も結構効いていますね。

そして麺をつけていただいてみると、麺自体を淡白にしてるんも納得。
ええ感じでつけ汁を絡んでくれます。

チャーシューを麺の上にあげてきました。
中華そば つし馬(東京浅草)青森煮干しラーメンのつけ麺版

柔らかく、香ばしいタイプですが、
私はこうして細かく刻まれているんは、あまり好みではありません。

スープはそれほど濃くはないので、スープ割りするまでもなく飲み干した(^^)
さほどパンチがあるつけ麺ではないんですけど、よくまとまってます。
美味しかった♪
しかしやっぱここでは、中華そばを食うべきやったやろなって印象。
つけ麺へ派生するには、大人しいかなって思いましたね。

住所:東京都台東区浅草1-1-8
電話:03-5828-3181
営業時間:11:30~21:30(スープがなくなり次第終了)
定休日:無休
↓お勧めリンク↓

全国B級グルメツーリング