関西のあちこちで食べたラーメンの徒然記録


神戸ラーメンの特徴と言えば、醤油が勝った色合いの醤油豚骨。
そして、ラーメン鉢いっぱいにトッピングされたチャーシューですね。
過去、何度か記事にしております、「もっこす」「2国」が有名店です。
「もっこす」石屋川店記事はこちら!
「らーめん2国」伊川谷店記事はこちら!

そしてもう1軒、三宮、元町の繁華街を中心にチェーン展開するのがここ、
神戸ラーメン「第一旭」です、今回、三宮本店を利用しました。

神戸ラーメン 第一旭 三宮本店(神戸三宮)昔からいつまでも愛される神戸の中華そば

JR三宮駅の東側に位置しております。

店内の様子。
神戸ラーメン 第一旭 三宮本店(神戸三宮)昔からいつまでも愛される神戸の中華そば

テーブル席は7卓あります。
あと真ん中に大きな一人客用のテーブルがあり、ここに15人くらい座れますね。
どちらかと言えば、男一人客が多い店内です。

メニュー。
神戸ラーメン 第一旭 三宮本店(神戸三宮)昔からいつまでも愛される神戸の中華そば

Aらーめんは550円と安いですけど、
これやとチャーシューが一切トッピングされていません。
B(700円)は逆にチャーシューめんになっていますから、
鉢一面の神戸らしいラーメン風情を味わえます。
あと、15時~18時の時間帯は、タイムサービスもやっています。

今回、ランチタイム利用なんで、こちら。
神戸ラーメン 第一旭 三宮本店(神戸三宮)昔からいつまでも愛される神戸の中華そば

ラーメンとのセットメニューがあります。
昔からよく食べていたミニ丼のセットにすることは即決定。
あとラーメンをAかBかで迷いましたが、ミニ丼にチャーシュー入っているので、
ここはチャーシューなしのAラーメンとのセットにしておきましょう、780円です。

こちらがそのAラーメン(単品やと550円)。
神戸ラーメン 第一旭 三宮本店(神戸三宮)昔からいつまでも愛される神戸の中華そば

葱たっぷりのっているのが、こういう醤油スープには葱必須の私にはありがたい。
あと、トッピングは、もやしとメンマです。

そんじゃ、いただきます。
神戸ラーメン 第一旭 三宮本店(神戸三宮)昔からいつまでも愛される神戸の中華そば

写真見ての通り、デフォルトで胡椒がたくさん振り掛けられています。
別に私がやったわけではありませんよ。
しかしここの醤油スープには、胡椒がめちゃめちゃ合っています。
豚骨の脂の粘度もちょうどよくって、変わらない味だな、美味しい。

麺は中細のストレート。
神戸ラーメン 第一旭 三宮本店(神戸三宮)昔からいつまでも愛される神戸の中華そば

かための麺は、このスープとも相性ぴったりです。

そして、こちらがミニ丼。
神戸ラーメン 第一旭 三宮本店(神戸三宮)昔からいつまでも愛される神戸の中華そば

チャーシュー入りの玉子かけご飯風ですね。
昔はこれが大好きでね~よく食ってた。

こんなチャーシュー入りです。
神戸ラーメン 第一旭 三宮本店(神戸三宮)昔からいつまでも愛される神戸の中華そば

生卵をぐっちゃんぐっちゃんにかき混ぜていただきます。
しかし、昔食ってた時のような旨さを感じなかったのはなぜだろ?
Bラーメンと半チャーハンのセット(850円)にすりゃよかったかな。

ラーメンは味を変えます。
神戸ラーメン 第一旭 三宮本店(神戸三宮)昔からいつまでも愛される神戸の中華そば

おろしにんにくと紅生姜を投入。
しかし、ここのラーメンにこの味変化は余計。
そのまんまでいただく方が美味しいです。

久しぶりにいただいた神戸ラーメン第一旭でしたけど、
ここのラーメンの味は、いつまで経っても好きなまんまやと思います。
また今度神戸に戻ってくる時があれば、必ず食べることになるでしょう。

住所:兵庫県神戸市中央区旭通5-15-2
電話:078-251-9346
営業時間:[月~土]10:00~翌2:00 [日]10:00~24:00
定休日:無休
↓お勧めリンク↓

「ご当地ラーメン」の地域ブランド戦略

本日の気分はつけ麺気分。
1ヶ月に1回くらいは、ラーメンではなくってこの気分になりますね(^^)
三宮で検索してみると、北野坂に美味しいお店があるみたい。
そんじゃぶらりとママチャリで行きますか、「北野坂 奥」にやって来ました。

北野坂 奥(神戸三宮)和風あっさりタイプの魚介が香るつけ麺

人気店で、本日は土曜ですから、オープン10分前には到着。
全然並んでませんね、楽勝だ(^^)

しかし・・・お店は地下になっており、そのまた奥にあるんですね。
北野坂 奥(神戸三宮)和風あっさりタイプの魚介が香るつけ麺

そう、店名どおりです(^^;)
そこには4人ほど営業開始前に並んでおりました。

オープン時間です中へ、券売機方式です。
北野坂 奥(神戸三宮)和風あっさりタイプの魚介が香るつけ麺

もう1枚。
北野坂 奥(神戸三宮)和風あっさりタイプの魚介が香るつけ麺

ラーメンもありますけど、この日はつけ麺気分ですから眼中ナシ。
ただ、ランチ部分のランプは全部×印になってますね。
1.5玉、2玉は無料増量やと聞いてたけど、土日はやってないのか。
普通に、つけ麺1玉(730円)にしました。
ただ、これだけやとボリューム少ないかなと、〆ごはん(150円)もいただきます。

店内の様子。
北野坂 奥(神戸三宮)和風あっさりタイプの魚介が香るつけ麺

カウンターが10席程度で、テーブル2つってとこ。
営業開始すぐにはいっぱいにはなりませんでしたが、10分後には満席で、
外に待ち客できてました。

こちらがつけ麺(730円)。
北野坂 奥(神戸三宮)和風あっさりタイプの魚介が香るつけ麺

うーん、さすがに1玉ですと、つけ麺やと少なく見えますね。
どうやら140gみたい。

その麺は中太麺。
北野坂 奥(神戸三宮)和風あっさりタイプの魚介が香るつけ麺

つるつるしこしこしたタイプで、極太麺が多いつけ麺の中では珍しい。
しっかりとした小麦の風味を感じますね。

そして、つけ汁。
北野坂 奥(神戸三宮)和風あっさりタイプの魚介が香るつけ麺

濃厚魚介のつけ麺が世間では多い中、こちらのお店はさっぱりタイプ。
豚骨ベースではあるんだけど、魚介の風味がかなり強い。
それと鉄鍋に入っており、冷めやすいというつけ麺の弱点を補っています。

チャーシューをあげてきました。
北野坂 奥(神戸三宮)和風あっさりタイプの魚介が香るつけ麺

美味しいんだけど、あまり印象には残ってないな。
自身はもっとがっしりした歯ごたえのあるタイプが好き。

つけ麺の食べ方を、卓上で指南されております。
北野坂 奥(神戸三宮)和風あっさりタイプの魚介が香るつけ麺

では、合わせていただいてみます。
北野坂 奥(神戸三宮)和風あっさりタイプの魚介が香るつけ麺

うん、麺はこの太さで正解やね。
ドロドロタイプのつけ汁ではないから、この絡み具合は中太くらいで適当。
途中、胡椒や、山椒を加えて、味変化を楽しむ。

麺完食、そんじゃ、割りスープいたしましょう。
北野坂 奥(神戸三宮)和風あっさりタイプの魚介が香るつけ麺

そしてごはんを投入。
北野坂 奥(神戸三宮)和風あっさりタイプの魚介が香るつけ麺

この魚介風味たっぷり雑炊風は旨いね~
麺との組み合わせもよかったけど、この米との組み合わせもいい。

最初から最後まで、美味しかったです。
六厘舎系の濃厚豚骨魚介の極太麺大好きな私ですけど、
こちらのお店も非常によかった。
ただ、麺140gは少なすぎだな、2玉にしても、280gは私には少ない。
その点、麺増量無料にしているつけ麺屋に、私は魅力感じますね。

住所:兵庫県神戸市中央区中山手通1-9-24 エムズ北野坂ビルB1F
電話:なし
営業時間:[月~木]11:30~14:00 18:00~翌2:00
[金・土祝前]11:30~14:00 18:00~翌5:00 [日のみ]11:30~22:00
但し、スープ売り切れしだい営業終了
定休日:不定休
↓お勧めリンク↓

噂のつけ麺 関西版 大阪・兵庫・京都・奈良・滋賀・和歌山

この日は三宮ではしご酒5軒でした。
同行者と別れてすぐに私が向かおうと思った先は、ラーメン屋(^^;)
いつまで経っても、〆のラーメンがやめらんない・・・
で、どんな味のタイプにするかは決まってましたね。
実は、車中泊旅がブレーキトラブルにより断念、車は廃車となりました。
それで九州行く予定がダメになっちゃったんですよ。
なので、九州系の豚骨が無性に食いたかったんですよね。
そこで白羽の矢が立ったのがこちらのお店、火風鼎(かふうてい)です。

火風鼎[かふうてい](神戸三宮)本場の博多ラーメンが神戸でいただけます

北野坂から結構路地に入ったとこなんですけど、相当な人気店。
この時も、少し待ち客できてました。

カウンター10席だけのお店。
火風鼎[かふうてい](神戸三宮)本場の博多ラーメンが神戸でいただけます

大学生らしきグループ7,8人が、私が入った後に待ってたが、
ラーメン屋でも、テーブルのある大きい店とかにすりゃええのに。
女の子がちと不満そうに待ってたのが印象的やったな。
この店連れてきた男!もっとシチュエーション考えて、お店は選ばないとね。

お店のメインは、この2種類みたい。
火風鼎[かふうてい](神戸三宮)本場の博多ラーメンが神戸でいただけます

博多ラーメン(750円)に、焼きラーメン(850円)。
博多屋台には、焼きラーメンなるもんを出す店があるらしいですね。
私は、純粋な博多とんこつがいただきたいので、そっちにします。

券売機方式。
火風鼎[かふうてい](神戸三宮)本場の博多ラーメンが神戸でいただけます

酢もつ(500円)なんてあるのが、博多系のお店やなって印象。
博多の夜の雰囲気大好きなんで、この旅でもあの雰囲気で呑んでみたかった。

豚骨ラーメン(750円)、出来上がり!
火風鼎[かふうてい](神戸三宮)本場の博多ラーメンが神戸でいただけます

想像してたのと違うのは、スープがえらい醤油の入ったような印象です。
博多豚骨って、もっと色合いの白いイメージがあるからね。
トッピングは、チャーシューとネギのみ。
この点、本場博多でいただくと同じようなラーメンが600円で食えるから、
750円は割高に感じます。

では、まずスープから味わってみよう。
火風鼎[かふうてい](神戸三宮)本場の博多ラーメンが神戸でいただけます

博多ラーメンはあっさり豚骨ですけど、これはアレンジしてるんでしょうか。
少し泡立ったスープは深みのある味わい。
豚骨臭さは全くないんですけど、コクがあります。
この色合いに何か秘密があるんだろうな。

チャーシューはよく博多でも見かけるタイプです。
火風鼎[かふうてい](神戸三宮)本場の博多ラーメンが神戸でいただけます

薄めでトロっとした味わい、このチャーシュー好きですね。

麺も、もちろん博多極細ストレートタイプ。
火風鼎[かふうてい](神戸三宮)本場の博多ラーメンが神戸でいただけます

このスープにはこれでしょ、他には考えられない。

そんじゃ、味を変えましょう。
火風鼎[かふうてい](神戸三宮)本場の博多ラーメンが神戸でいただけます

卓上の紅生姜、辛子高菜、おろしにんにくを加える。

九州らしい美味しいラーメンでした(^^)
しかしなんで九州出ると、豚骨ラーメンのお店は値段高くなるの?
これで600円台でしたら、大満足の結果やったんやけどな。
(ってわけで、九州リベンジの旅に繋がります^^)

住所:兵庫県神戸市中央区中山手通1-14-5 島ビル1F
電話:078-333-1668
営業時間:[月~木] 18:00~翌3:00 [金・土・祝前日] 18:00~翌5:00
定休日:日曜(月曜が祝日の場合は日曜は営業)

↓お勧めリンク↓

博多ラーメン福重屋、熊本豚骨ラーメン山水亭、鹿児島塩ラーメン 麺s らぱしゃ