関西のあちこちで食べたラーメンの徒然記録


北陸日本海方面をぐるっと廻り、関西圏に戻ってきました。
京都では、私の好きなラーメンが1つあります。
その名は「第一旭」。
あっさりだけどコクのあるあの醤油味中華そばは、ハマる味です。
さらにネギを増量してもらうと旨いねんな~
京都インター「第一旭」の記事はこちら!

そして、福知山の市街地を走ってると、その「第一旭」が見えたんですよ。
今日の夕飯はここにしとこって決定、「第一旭」福知山店です。

第一旭 福知山店(京都)「たかばし」直系とは違う「総本家広瀬家」中華そば

いかにも年季の入った店構え、入店いたします。

店内カウンターの様子。
第一旭 福知山店(京都)「たかばし」直系とは違う「総本家広瀬家」中華そば

後ろ側にはテーブル席も結構あり、
1人客でもグループでもフラッと立ち寄りやすいです。

ラーメンメニュー。
第一旭 福知山店(京都)「たかばし」直系とは違う「総本家広瀬家」中華そば

ん?普通のデフォルトはどれや?ってまず思いました。
どうやら、スペシャルってのがそうみたいで、並で680円。
しかし、えらいスープの味が色々とあるよね・・・
ここってホンマに第一旭かって思いましたよ。
それにこうしてスープを色々種類多く取り揃えているお店に、
私は美味しいお店とほぼ巡り会ったことありません。

一品料理に・・・
第一旭 福知山店(京都)「たかばし」直系とは違う「総本家広瀬家」中華そば

セットメニュー。
第一旭 福知山店(京都)「たかばし」直系とは違う「総本家広瀬家」中華そば

あっ、焼きめしセットがあるね、ラーメン値段+小で280円か、
これにしときます。
スペシャルラーメンに焼飯小で、960円。

出来上がりました。
第一旭 福知山店(京都)「たかばし」直系とは違う「総本家広瀬家」中華そば

この組み合わせはチャーハンある店やとほぼ私はこのセット頼みます(^^)

まずは焼きめし小。
第一旭 福知山店(京都)「たかばし」直系とは違う「総本家広瀬家」中華そば

若いバイトの女の子が鍋ふってたから、大丈夫かいなと思ってたが、
パラパラふんわりの、私好みチャーハンでした。
美味しいです(^^)

そして、スペシャルラーメン。
第一旭 福知山店(京都)「たかばし」直系とは違う「総本家広瀬家」中華そば

まず、びっくりしたのは、めっちゃ背脂浮いてるやん。
京都市内の第一旭で食ったときには、こんなになかった。
ま、京都ラーメンと言えば、この背脂多めに浮いてるんが特徴で、
私も好きやから、別にええねんけどね。

まず、そのスープを味わってみる。
第一旭 福知山店(京都)「たかばし」直系とは違う「総本家広瀬家」中華そば

ん?こんなボヤけた感じのスープが第一旭やったっけ?
もっとしゃっきりと、豚のコクがあったような気がするねんけどな。

そして麺。
第一旭 福知山店(京都)「たかばし」直系とは違う「総本家広瀬家」中華そば

これも違う感じ、そういや、この店のメニューには麺のかたさ指定や、
スープの濃さ、野菜の増量などの指定が書かれてなかった。

チャーシュー。
第一旭 福知山店(京都)「たかばし」直系とは違う「総本家広瀬家」中華そば

薄いぺらっとした脂身の多いタイプ。
これは私好みです。

どうも納得しないまま、お店を後に・・・
そしてその夜の車中泊で、旅日記書くのにこの店のことを調べていると、
同じ京都の第一旭でも、どうやら系列が違うみたいですね。
いわゆる京都駅前にある「たかばし」直系とは違う路線みたいで、
福知山にある「格別や」も経営している「総本家広瀬家」というグループみたい。

そっか~、なら味が違って当然ですな(^^)
私は、たかばし直系の味が好みです。

住所:京都府福知山市堀小字下高田2374-8
電話:0773-22-6954
営業時間:11:00~翌1:00
定休日:年中無休
↓お勧めリンク↓

石神秀幸のラーメンマップ東京 1

九州へ向けた青春18きっぷの旅、1日目。
この日のあらすじは以下のリンク先で。
http://bkyugourmet.blog7.fc2.com/blog-entry-3269.html

山陽本線をひたすら、早朝から西へ目指します。
で、お昼ご飯として、イメージにしていたのは、
尾道駅で下車して、尾道ラーメンを食おうと思っていたんです。
しかしですね、検索していると駅の立ち食いうどん・そば屋の尾道ラーメンが、
結構な高評価なんですよ。
駅から降りての、移動時間も省けるし、こりゃ絶好やわとこの店に決めました。
立ち食いうどん・らーめん、尾道櫻屋(さくらや)です。

立ち食いうどん・らーめん 櫻屋[さくらや](広島尾道駅)尾道ラーメン

お店は、ホーム側にも入り口があり、改札口出ずに利用も可能。
上の写真はホーム側です。

中に入るとこんな感じです。
立ち食いうどん・らーめん 櫻屋[さくらや](広島尾道駅)尾道ラーメン

奥に見えるのが、駅の外側から入った時の席。
そっちは、食券制になっているみたいですが、
ホーム側から入った席は前金の手渡し式です。

メニュー。
立ち食いうどん・らーめん 櫻屋[さくらや](広島尾道駅)尾道ラーメン

続き。
立ち食いうどん・らーめん 櫻屋[さくらや](広島尾道駅)尾道ラーメン

さらに。
立ち食いうどん・らーめん 櫻屋[さくらや](広島尾道駅)尾道ラーメン

まず思ったのは、立ち食いうどんそば屋としては少しお高め。
(ただ、店内、座れますけどね^^)
天ぷらうどん・そばで450円です。
で、お目当ての尾道ラーメンは580円。
しかし、チャーハンもつけることができるんやな。
ま、この先、他に食いたいものもあるし、尾道ラーメンだけにしときましょう。

出来上がり!
立ち食いうどん・らーめん 櫻屋[さくらや](広島尾道駅)尾道ラーメン

まず見た目、これは旨いやろと思いましたね。
スープの色合いにコクを感じたんですよ。
トッピングは葱とチャーシューとシンプル(あ、あとメンマやったかな?)。

そのスープよりいただいてみる。
立ち食いうどん・らーめん 櫻屋[さくらや](広島尾道駅)尾道ラーメン

尾道ラーメンのまず特徴は、この背脂ですね。
このプニプニの食感が私は好き。
そしてスープ自体ですが、見た目どうりに非常にコクを感じます。
おそらく鶏ガラと魚介のWスープやと思うんですけど、
どちらかが主張強いってわけでなく、バランスが取れています。
濃厚ながらもあっさりさが垣間見えるスープ。
美味しいです。

チャーシューは昔ながらのタイプ。
立ち食いうどん・らーめん 櫻屋[さくらや](広島尾道駅)尾道ラーメン

これもしっかりとした歯ごたえがあり、スープと相性もええ。

麺は尾道ラーメン特有の平打ち麺ではなかったです。
立ち食いうどん・らーめん 櫻屋[さくらや](広島尾道駅)尾道ラーメン

中くらいの太さで少し縮れが入ったタイプ。
コシを感じる麺で、これまた私好み。
こういう昔ながらのラーメンでは麺がやわいとこ多いですからね。

想像以上に美味しかったってのが本音。
580円のラーメンの出来としては立派。
そのお手軽に利用出来る立地の便利さといい、ええ店です。
今回の私のように1度下車して、次の電車に再び乗り込むって手も使えますから、
青春18きっぷを使った旅でも有効的に使える店やと思いますよ。

住所:広島県尾道市東御所町1-1(駅ホームからも利用可)
電話:0848-24-1211
営業時間:8:30~19:00(LO18:50)
定休日:火曜日(祝日は営業)
↓お勧めリンク↓

全国B級グルメツーリング

全国ご当地ラーメンシリーズ!
尾道ラーメンというジャンルは、
以前に一番の有名店のを食べたことがあります。
広島尾道「朱華園」の記事はこちら!

そしてサービスエリアのスナックコーナーでも堪能。
山陽自動車道福山SA下りの記事はこちら!

醤油のコクがある背脂の浮いたそのスープと、
平打ちの麺が特徴のその尾道ラーメンの個性が好きですね。
今回、その尾道ラーメンもチョイスして購入しました。
尾道ラーメン「味平」です。

尾道ラーメン 味平(広島)

濃縮スープと麺の2食入り。

こちらが出来上がりです。
尾道ラーメン 味平(広島)

葱とチャーシューは自前で用意しています。

スープの見た目は非常にコクを感じる濃いめ。
尾道ラーメン 味平(広島)

飲んでみてもその印象通りです。
醤油のしっかりした風味を感じられ、魚介風味は抑えめ。
尾道特有の背脂は、ちらほらちっさいのが浮いています。
で、パッケージ見てみるとなるほど・・・
出汁には貝柱と小エビを使っているんだそうな。
なのでいりこ系が主張されている味ではないなって思いました。

麺はツルンとした感じの細麺。
尾道ラーメン 味平(広島)

平麺ではないです。
これがなかなかしっかりしたコシを感じられ、
コクのあるあっさり醤油スープによく合いますね。

本邦初!鉄道グルメの「駅めん」ノート

うん、インスタント系にしては完成度高いと思います。
あっさり中華そば好みの方でしたら、
このご当地ラーメンセットの1つに加えられる価値あると思いますよ。

住所:広島県尾道市木ノ庄町木門田701-8
電話:0848-48-3207
営業時間:11:00~21:00
定休日:木曜日
↓今回こちらで購入!↓

【送料無料】ご当地ラーメン!各地名物ラーメンを自宅で♪塩ラーメン、醤油ラーメン、味噌ラーメン