関西のあちこちで食べたラーメンの徒然記録


今回の旅のメイン東北♪しかし天候は・・・
東日本応援車中泊旅14日目記事はこちら!

福島市に大人気の行列のできるラーメン店があるのだとか。
その福島県で圧倒的な評価を受けているラーメンを、
なにがなんでも堪能してみたいと思っていた。
ランチ時に利用、「伊達屋」である。

本格中華そば 伊達屋(福島市)ラーメン

店前と隣には、何台か車を停められるスペースあります。
ちょうどお昼どきでしたが、待ち客は6人程度。
10分ちょっとで中に入れました。

その店内。
本格中華そば 伊達屋(福島市)ラーメン

洗練さはなく、大衆食堂って雰囲気があります。

メニュー。
本格中華そば 伊達屋(福島市)ラーメン

ノーマルの中華そばで650円。
他も、極々平均的な値段です。
私は、美味しいと評判の「塩チャーシュウメン」(890円)をオーダー。

じごくのラーメンや

出来上がり!
本格中華そば 伊達屋(福島市)ラーメン

見た目は非常に素朴ながらも、美しいと思います。
スープは琥珀色をしており、鶏がベースでしょうか、
化学調味料の混じり気を全く感じないすっきりしたスープ。

チャーシューはこんな感じ。
本格中華そば 伊達屋(福島市)ラーメン

非常に柔らかくて、脂身ではないのに、トロトロ感があります。
こういうタイプは初めての経験。
煮込み方が巧いんでしょうね。

麺は少しウェーブのある細麺。
本格中華そば 伊達屋(福島市)ラーメン

こちらはちょっと平凡かな。
スープがさっぱりしているので、絡みが少ないんですよ。

チャーシューとスープの組み合わせが絶品。
これほど旨いと思う塩味のラーメンはなかなかない。
どちらかと言えば、濃厚こってり豚骨好きの私がそう思うくらいだから、
あっさりラーメン好みの方ですとドンピシャ!でしょう。
ラーメン好きの方が福島訪問の際は、是非とも試して欲しいですね。

住所:福島県福島市南沢又字下番匠田22
電話:非公開
営業時間:11:00~15:00 17:00~20:00(但しスープ無くなり次第終了)
定休日:水曜日(祝日の場合は翌日)
↓お勧めリンク↓

超有名店ご当地ラーメン!3種類12食お試しセット


伊達屋 ラーメン / 上松川駅笹谷駅泉駅(福島交通)

夜総合点★★★☆☆ 3.5
昼総合点★★★☆☆ 3.5


ハマる人間は通い詰めるし、駄目な人間は全く駄目という、
本当に好みが両極端に分かれるラーメン・・・
その名は「ラーメン二郎」。
私?実は全然駄目なんです。
まず、東京の歌舞伎町で食べてみて、
全く、好みに合わないなと感じました。
東京、歌舞伎町「ラーメン二郎」の記事はこちら!

そして最近、二郎インスパイアのお店が大阪に増えてきましたね。
もしかして、東京で食べたとき、たまたま合わなかったのかも知れない。
再挑戦とこちらのお店に伺いました。
大阪、ミナミ「自家製太麺 ドカ盛 マッチョ 難波千日前店」の記事はこちら!

しかし、やっぱり駄目でした・・・
けど、その二郎系ラーメンで、ものすごい行列を作る店があるのだとか。
ちょうど日曜日に近くにいてたのでランチに訪問。
ラーメン荘「歴史を刻め」です。

ラーメン荘 歴史を刻め(大阪下新庄)

日曜はお昼営業を11時から始めています。
その11時になる5分前に着いたのに、既に20人くらいの行列。
それで1時間待ちぐらいでした。

券売機方式、
ラーメン荘 歴史を刻め(大阪下新庄)

あ、並ぶ前にこちらで購入してください。
最初、朝昼ごはんを兼ねていたので大盛りにしよかと思ったが、
売り切れランプで購入することができない。
とんでもない量なので、店員に大丈夫だと伝えてでないと購入できない仕組み。
なんでもその量は500グラムってことでやめておきました。
普通のラーメン(650円)にします。
こちらでも350グラムあるらしいですね、普通の店の大盛りよりさらに多い。
なので女性は食券にせんたくばさみを挟んで、小盛りにもできます。

店内はまあこれなら行列しかたないなって狭さ。
ラーメン荘 歴史を刻め(大阪下新庄)

お二人で懸命に対応されています。

これが、ラーメン(650円)。
ラーメン荘 歴史を刻め(大阪下新庄)

席について出来上がる直前に、にんにくを入れるか聞いてきます。
そこで、野菜(もやし、キャベツ)の量、脂の量を指定できるのだ。
私はにんにく普通、野菜マシ、脂マシで注文。

なので、器に野菜てんこ盛りですね(^^)
ラーメン荘 歴史を刻め(大阪下新庄)

まずは野菜を切り崩すように食べ進めます。
全く麺の姿は出てきません。
スープに浸して、味をつけて食べ進めるが、すぐに飽きてきた。

ようやく麺が登場。
ラーメン荘 歴史を刻め(大阪下新庄)

この不揃いの乱切りのような平太麺。
二郎系はこの麺が一番、私の好みではないのだが、
過去食べた2店と同様の印象で、なにこのブヨブヨ麺は・・・って感じ。

まだまだ、食べ進めます。
ラーメン荘 歴史を刻め(大阪下新庄)

もう普通のラーメン屋なら、ごちそうさんしてるだろう。
しかし、ここでは半分以上残っている。
やっぱり野菜マシにせんかったらよかったと後悔。

味を変えるためにこれを。
ラーメン荘 歴史を刻め(大阪下新庄)

脂マシで言ってた分は、小皿でくれます。
これに麺を絡ませて、攻略していこうとするが、
博多の極細麺に紅生姜の組み合わせというわけにはいかず、
満腹警告を発し始めたお腹には、全く受け付けてくれない。

3度目の正直、仏の顔も三度までってことで3回目挑戦しましたが、
過去2回と同様に見事にノックアウトしました。
これほどまでに、食うのが拷問だと思うことはまず他ではないでしょう。
それほどの量と、また私には合わない味です。
これで二郎系ラーメンは、今後食わないことを誓います。

住所:大阪市東淀川区下新庄5-1-59
電話:06-6195-5910
営業時間:[火~土・祝]18:00~24:00 [日]11:00~17:00
定休日:月曜
↓系列店が通販やっていますね↓

京都のラーメン激戦区を制した名店!!ラーメン荘 夢を語れ3食セット


ラーメン荘 歴史を刻め ラーメン / 下新庄駅淡路駅

夜総合点★★☆☆☆ 2.0
昼総合点★★☆☆☆ 2.0


4年くらい前に一度、ここは訪問したことあります。
月~金曜、普通に日中働いてる人間には敷居の高いラーメン屋。
なんせ、平日の11時~16時の営業時間に、30分は余裕で並ぶ行列・・・
平日、休みでないと無理ですね。
今回、社用が早く終わって、お昼時にチャンス到来♪
梅田から中津まで、てくてく歩きました「弥七」です。

らーめん 弥七(大阪中津)

15人以上待っていることはざらって聞いていたので、
そのぐらい待っていたら、近所の有名うどん屋さんにでも
行こうと思っていましたが、待ち客は6人。
これならば、30分も待たないだろうと、並びます。

メニュー。
らーめん 弥七(大阪中津)

このシンプルさがええですよね。
こういう個人ローカル店で、とんこつ、醤油、味噌など、
3種ぐらい味そろえた上に、チャーハンや餃子など中華系メニューが並ぶと、
大抵は、お味はそれなり。。。ってことが多いです。

店内に入って・・・
らーめん 弥七(大阪中津)

まだ、ここで少し待ちます。
カウンター4席に4人がけテーブルが2つ。
この席が絶えず客が回転していきます。
しかし、サイン色紙がめちゃめちゃ多い・・・

頼んだのは醤油らーめん(700円)。
らーめん 弥七(大阪中津)

醤油と言っても、鶏がら白湯スープがメインで、
それに魚介風味の醤油だれを加えたものである。
以前、ここで食べたときは、醤油は加わってなかったように思います。
そのときはマイルド過ぎて、ちょっと私には物足りなかったんですよ。

そのスープを飲んでみて・・・
うん、この醤油ダレを加えたのは正解、すごくコクを出しています。
以前の印象とは全く違って、そのコクが鶏のトロリスープをうまく引き出している。

後、半熟煮卵半分に、バラ肉チャーシューは昔と一緒です。
らーめん 弥七(大阪中津)

あと、白髪ねぎ、玉葱が入ってるのもここの特徴。
このあたりの完成度も非常に高いですね。

しかし、ここの一番はこれ!
らーめん 弥七(大阪中津)

中太のストレート自家製麺なんですど、つるっと、もちっとした喉ごしは、
これ以上の出来のいい麺は他では巡り会えないのではなかろうかって思います。

以前はマイルド過ぎるかなって思ったが、これはちょうどええ感じ。
ご主人の研究熱心さがよく分かる、完成度の高いラーメンです。
ただ、異常すぎる人気も分かりますけど、1時間も並んでまではどうかな・・・
行列が一桁でしたら、また食べたいと思いますけどね。

住所:大阪市北区豊崎3-4-8
電話:06-6373-0035
営業時間:11:00~16:00(スープが無くなり次第閉店)
定休日:土曜・日曜・祝日・不定休