関西のあちこちで食べたラーメンの徒然記録


ここのラーメンは私、どうしても思い入れが強いんかな?
今回の神戸滞在中にでも、何度も食ったんですけど、1ヶ月に1回くらい、
ものすごく欲するんですよ。
それにまた、今度いつ神戸に戻ってくるかわからんしね。
今回、元町に用事があった後、どうしてもここのラーメンが食べたくなり、
花隈店に向かいました、もうお馴染みの「もっこす」です。

中華そば もっこす 花隈店(神戸元町)チャーシューメン

こちらのお店は高架下に位置しており、歴史も古いですね。

毎度、毎度、中華そば(750円)ばっかりってのもなと思い・・・
中華そば もっこす 花隈店(神戸元町)チャーシューメン

今回、10何年ぶりに、チャーシューメン(950円)を食いました(^^)
昔、若い頃は、このチャーシューこれでもか!って入れたくらいで、
私にはちょうどよかったんですけど、
さすがに年寄りにこのボリュームは多すぎるんよな。

そのチャーシュー。
中華そば もっこす 花隈店(神戸元町)チャーシューメン

すっごいこのチャーシュー大好きなんですよ。
昔ながらのがっしりした歯ごたえがあって、
醤油が勝ったスープとよく合っているんです。
並でも、6,7枚入ってるんですけど、チャーシューメンにすると、
その倍は入ってます。

そんで麺。
中華そば もっこす 花隈店(神戸元町)チャーシューメン

私、まず、ここのスープも大好きなんで、スープ、葱、もやしで、
レンゲにすくって、まず、ずずっといただいちゃうんです。
なので、こうして麺が露わになっちゃうんですけど、
この麺は昔と比べて、美味しくなりました。
ぱさつき感がなくなり、モチモチっとええ麺に仕上がってます。

そして後半。
中華そば もっこす 花隈店(神戸元町)チャーシューメン

辛味ニラを投入。
これでがらりとスープの味が変わっちゃうんで、
先にスープを多めにいただくんですけどね(^^)
で、この辛味ニラが漬け込まれ過ぎって、ここ1年くらい書いてたんですけど、
この日のは、しっかりニラのシャキシャキさと味が残ってました。
私はこのぐらいの漬け込み方が好きですね。

今回も美味しくいただけました(^^)
ただ、このチャーシューメン、950円はちょっと高いと思います。
コストパフォーマンスとしては、お昼ランチ時にやっている、
中華そば、餃子、ライスセットで850円が、一番お得感あると思いますね。
しかし、この記事書いてたら、またもっこす食いたくなってきた・・・

住所:神戸市中央区元町高架通3-216
電話:078-362-5677
営業時間:9:00~翌1:00
定休日:無休
↓お勧めリンク↓

全国B級グルメツーリング

和歌山を代表するB級グルメと言えば、中華そば(ラーメン)!
和歌山市内は、ほぼ伝統的な豚骨醤油のお店は食い尽くしましたね。
しかし、こっち方面には来たことがなく、一度は行ってみたかったお店です。
紀の川市にあります「うらしま」を訪問しました。

中華そば・めし うらしま(和歌山紀の川)ラーメン

見てのとおりの老舗店。
オープン10分前に行ったにも関わらず、平日でも駐車場はほぼ満杯。
皆さん、車の中で待たれております。

さあ!暖簾がかかりました!中へ入ろう。
中華そば・めし うらしま(和歌山紀の川)ラーメン

店内、座敷の様子。
中華そば・めし うらしま(和歌山紀の川)ラーメン

あと真ん中に大きなテーブルがありますので、一人客は続々とそこに座ります。
あっという間に満席になりましたね。

こちらがメニュー。
中華そば・めし うらしま(和歌山紀の川)ラーメン

見事に、ラーメンとライスしかありません。
これぞ老舗の長年続いてきた自信の現れでしょう。

私は、並の中華そば(500円)を注文。
中華そば・めし うらしま(和歌山紀の川)ラーメン

お値段安い分、見た目は小ぶりなラーメンです。
ですので周りのご注文も、1.5玉(600円)にされている方が多かったです。
そして、スープの色が見てのとおり、濃厚そうに見えますよね。

まずはそのスープから味わってみる。
中華そば・めし うらしま(和歌山紀の川)ラーメン

トロミが結構あり、見た目通りの濃厚さ。
ちょっとしょっぱい気がするけど、豚骨の旨みがしっかりある。
そして、私は徳島ラーメンの濃厚さに通じる味を感じました。
あっちも豚骨醤油やし、海を隔ててお隣同士の県やもんね。
どこかで繋がっているのかもです。
あとご常連さんがほとんどライス頼んでおりましたが、
この濃厚スープに、ライスは合うでしょう。

チャーシューはがっしりした歯ごたえのもの。
中華そば・めし うらしま(和歌山紀の川)ラーメン

これもライスのおかずにええよね。

麺は細めのストレート麺。
中華そば・めし うらしま(和歌山紀の川)ラーメン

しっかりしたコシのあるめっちゃかたい麺で、
濃厚スープを受け止めるにはこのぐらいがちょうどいい。

最後、スープを飲み干すと・・・
中華そば・めし うらしま(和歌山紀の川)ラーメン

この豚骨のコクの正体が、わかりましたね(^^)

なるほど~全体的な完成度の調和が非常に高い。
濃厚系のラーメン好きには虜になる味ですよね。
ここまで濃厚な和歌山ラーメンを食べたんは初めてであったけど、
美味しいラーメンでした(^^)

住所:和歌山県紀の川市花野20-7
電話:0736-77-5473
営業時間:11:00~13:30
定休日:日曜・祝日
↓お勧めリンク↓

★こってり豚骨醤油和歌山ラーメンの代表格!!★

関西ではあまり見かけないラーメンジャンル。
それは横浜家系ラーメンです。
味が濃い、しょっぱいイメージが私にはあるんですけど、
関西人にはあまり受け入れられないんでしょうか。
そんな数少ない家系ラーメンを今回は食することに。
横浜ラーメン「味濱家」神戸本山店です。

横浜ラーメン 味濱家 神戸本山店(摂津本山)家系らーめん

場所はJR摂津本山の南側、国道2号線沿いにあります。
雰囲気的に、ああ~ここ、チェーン店だなって分かりますね。

店内の様子。
横浜ラーメン 味濱家 神戸本山店(摂津本山)家系らーめん

ぐるりとカウンターが中心で、一部が4人掛けテーブル2つ。
1人利用での客が主体かな。
あと店内に大きな液晶テレビが3台ほど壁掛けされており、
前の国道2号線道路を写した監視カメラ映像が。
どうなんでしょ?路駐取り締まり対策??

ラーメン単品メニュー。
横浜ラーメン 味濱家 神戸本山店(摂津本山)家系らーめん

その他。
横浜ラーメン 味濱家 神戸本山店(摂津本山)家系らーめん

基本のみはまやラーメンは670円。
味は家系ラーメンの特徴である、豚骨醤油のみ。
それと麺や、味の濃いさなど指定できるのも、家系ラーメンの特徴ですね。

こちらがセットメニュー。
横浜ラーメン 味濱家 神戸本山店(摂津本山)家系らーめん

そして平日のみのサービス。
横浜ラーメン 味濱家 神戸本山店(摂津本山)家系らーめん

平日のランチ時であったので、
餃子3個とライスがつくランチセット(+180円)に、
ライス大盛り無料でがっつり食べるのがいつもの私だが、
仕事立て込んでいて、食欲なかったんですよ。
なので、みはまやラーメン単品で。

こちらがその「みはまやラーメン」(670円)。
横浜ラーメン 味濱家 神戸本山店(摂津本山)家系らーめん

見た目は、横浜家系らしい、海苔とほうれん草のトッピング。
あ、麺の太さは、太麺、細麺選べたけど、
家系ラーメンは味が濃い~から、太麺でしょう。
あ、そんで「かため」で指定するんは忘れてしまった・・・

スープの濃さ、油の量はデフォルトのまんまで。
横浜ラーメン 味濱家 神戸本山店(摂津本山)家系らーめん

初めての店でどのくらいか分からないですからね。
飲んでみると・・・うーん、しょっぱい。
家系らしいなと思うんですけど、この塩辛さはどうも受け入れられない。
で、豚骨醤油の風味は、逆に薄いんですね。
これやと濃度濃くして頼めばええのか、薄くすりゃええのかよくわからん。

チャーシューもそう、家系はこれなんよな。
横浜ラーメン 味濱家 神戸本山店(摂津本山)家系らーめん

私にはハムっぽく思えるタイプ。
これまた好みではありません。
で、いつも思いますが、
ほうれん草のトッピングは、よくこの家系ラーメンにあってますよね。
もっとたくさん欲しいくらい。

麺は太い縮れ麺。
横浜ラーメン 味濱家 神戸本山店(摂津本山)家系らーめん

スープの濃さからいうと、この縮れで絡み具合がちょうどいい。
ただ、かためで言うべきであった・・・自身にはやわかった。

チェーン店らしく、これぞ家系の標準的な味わいに作ってるんでしょうね。
これと言った特徴(豚骨醤油のコクは関西ライト系に合わせているか?)
は感じず、わざわざ外で食べるラーメンレベルではなかったかなって印象。
関西では、こちらのお店が独自路線の家系ラーメン出していて好みです。
和歌山「○花」の記事はこちら!

住所:神戸市東灘区本山南町9-8-42
電話:078-452-9877
営業時間:11:00~翌2:00
定休日:水曜日
↓お勧めリンク↓

横浜ラーメンセット☆横浜ラーメン吉村家&横浜ラーメン侍 家系ラーメン2店舗8食入り食べ比べ