関西のあちこちで食べたラーメンの徒然記録


和歌山県庁近くでのランチシリーズです。
その日は、和歌山らしい老舗ラーメンが食いたい。
で、前日、ランチ処を探している時にええ店見つけていたんですね。

中華そば ○吉[まるよし](和歌山県庁前)ラーメン

どうです?この店構え(^^)
めちゃめちゃ味ある昔からの伝統を語り継いできたって雰囲気でしょ?
本日はこちらでいただきましょう、「○吉」(まるよし)を訪問しました。

こちらがメニュー。
中華そば ○吉[まるよし](和歌山県庁前)ラーメン

はい、ラーメンは、大盛りにするかどうかの選択のみ。
しかし並の450円はこういう老舗らしく安いな~って印象なのだが、
大盛りになると800円になるんですね。
チャーシューとかも増量されて、倍くらいの鉢でたんまり来るんやろか。
ちょっとした一品もの(150円)も何種類かあり、
店内の一角に置かれていていました。

その店内。
中華そば ○吉[まるよし](和歌山県庁前)ラーメン

カウンターです。
昔ながらの大衆食堂雰囲気。
その背面にはテーブルがいくつかあります。

中華そば並(450円)を注文。
中華そば ○吉[まるよし](和歌山県庁前)ラーメン

井出系、車庫前系の和歌山らーめん区別からすると、
見た目からは車庫前系寄りか。
ただ、少しスープに濁りがありますね。
レンゲなんてもんは出されないので、
そのまま鉢からまずスープを味わってみる。
動物系の旨味はほどほどに感じ、切れ味の鋭い醤油味。
あと、デフォルトの状態で、めっちゃ胡椒かかっているなと思ったのだが、
その胡椒辛さが顕著!
まあ胡椒が合うスープなんで、私はこのぐらいでちょうどよかったが、
普通の舌感覚を持つ方には辛すぎるのではと思います。
(この私でも、さらに卓上の胡椒は加えなかった)

麺は中細のストレート。
中華そば ○吉[まるよし](和歌山県庁前)ラーメン

これまた昔ながらの味だな~
自家製ではないとは思いますが、
ずっと同じところから仕入れているのでしょう。

チャーシューは2枚と、細切りのメンマ。
中華そば ○吉[まるよし](和歌山県庁前)ラーメン

和歌山ラーメンでは、この赤身タイプですね、無難にスープに合う。
あとこの細切りのメンマ、シャキシャキっとなかなかよかったです。

その日求めていた、
昔ながらのラーメンを味わうという気分にはぴったりくる一杯でした。
お店の営業時間も月~金のランチタイムのみなので、
非常に訪問するタイミングが厳しいかと思いますが、
ご年配の醤油ラーメン好きな方には、好まれる味やと思いますよ。

住所:和歌山県有田屋町南ノ丁25
電話:非公開
営業時間:11:00~13:00頃(材料が無くなり次第終了)
定休日:土、日、祝日
↓お勧めリンク↓

★こってり豚骨醤油和歌山ラーメンの代表格!!★


まるよしラーメン / 和歌山市駅和歌山港駅

昼総合点★★☆☆☆ 2.8


和歌山ラーメンめぐりの1軒目。
井出系、車庫前系どっちから始めようかと思ったのだが、
あっさり醤油味の方が、胃もすんなり受け付けるかなと、
車庫前系に決定。
となると、一番代表的なお店がこちらですね。
店名にも車庫前系の文字が入っております、「丸宮」に決定しました。

元車庫前 丸宮[○宮]中華そば(和歌山市舟津町-和歌山港)ラーメン

こちらのお店、和歌山には3店系列店があるようですが、
その中でも和歌山港に近い、舟津町の店にしました。

お店は昔ながらのラーメン屋風情。
元車庫前 丸宮[○宮]中華そば(和歌山市舟津町-和歌山港)ラーメン

和歌山はこういうタイプの老舗店が多いですね。
それだけ潰れずにやっていけているのは、
地元民のラーメン需要も高いんでしょう。

メニュー表。
元車庫前 丸宮[○宮]中華そば(和歌山市舟津町-和歌山港)ラーメン

そして裏。
元車庫前 丸宮[○宮]中華そば(和歌山市舟津町-和歌山港)ラーメン

基本の中華そばは600円とこの界隈では平均的。
あと、中華系の単品も多いですね。
そしてランチタイムは他に、
中華そばと焼きめしのセット:800円。
チャンポンと焼きめしのセット:900円もありました。

この日は他にもラーメン食いまくる予定なのでデフォルトだけで。
元車庫前 丸宮[○宮]中華そば(和歌山市舟津町-和歌山港)ラーメン

はい、中華そば並(600円)のみです。
この醤油色の強い色合いが、車庫前系を物語っています。
そんで、こういう老舗の和歌山ラーメンにしては珍しくれんげつき。
ますは、そのスープをすくっていただいてみます。
飲んでみた感じでは、醤油系の味が強く、
豚骨系の風味がほとんど感じられない。
あっさり鶏ガラ中華そばに近いような味わいです。
豚骨好きな私には、これは物足りないな。

麺は中細ストレート麺。
元車庫前 丸宮[○宮]中華そば(和歌山市舟津町-和歌山港)ラーメン

和歌山ラーメン、オーソドックスなタイプです。
柔さもこれまた、和歌山らしいです。

チャーシューも赤身パサパサ系。
元車庫前 丸宮[○宮]中華そば(和歌山市舟津町-和歌山港)ラーメン

どれもがこれぞ和歌山やぞ!って主張してますね(^^)

スープの味が単調やったんで、途中から胡椒をドサッと。
元車庫前 丸宮[○宮]中華そば(和歌山市舟津町-和歌山港)ラーメン

はい、味を大幅に変えました。

これぞ車庫前系和歌山ラーメンの典型版!ってなとこ。
しかし、その方向性が非常に保守的で、
もはや現代で通じるラーメンではないかなと思います。
以下のお店で食べた時はもっと口にあったように、
感じられたんやけどな・・・
「元車庫前○宮」紀ノ川大橋湊店の記事はこちら!

住所:和歌山県和歌山市舟津町4-17
電話:073-432-2988
営業時間:11:00~23:00
定休日:木曜
↓お勧めリンク↓

★こってり豚骨醤油和歌山ラーメンの代表格!!★


丸宮ラーメン / 和歌山港駅

昼総合点★★☆☆☆ 2.5


タクシーに乗って、アロチにやって来ました。
同じ和歌山でも、南海和歌山市駅と違い、いかにもこちらは繁華街ですね。
まだまだ、飲んでしゃべりましょうかと2人でやって来たんですが、
お互いの飲みに行く嗜好がここでは合わず、解散することに。
私は、おでんとかアテに瓶ビールでも飲んで、
〆にラーメンぐらいで考えてたもんで・・・
ちゅうことで、アロチというか、和歌山でも老舗でしょう。
アロチ本家「丸高」にやって来ました。

アロチ本家 丸高[○高] 中華そば(和歌山)ラーメン

実は「丸高」は他の系列店にも行って、自身の評価は低いんですよ。
「丸高」六十谷店の記事はこちら!

スープに豚骨のコクを感じないんですね。
この時は、もう食べることはないと書いておりましたが、
やはり本家を食べてみないとな。

早寿司の説明書きが書いていました。
アロチ本家 丸高[○高] 中華そば(和歌山)ラーメン

私はサバの酢〆は生に近い方が好きなので、
この和歌山「早ずし」の風味は好みではなく、
ほとんど食べたことがありません。

メニュー。
アロチ本家 丸高[○高] 中華そば(和歌山)ラーメン

餃子(300円)や、おでん(各100円)があるんが特徴ですね。
こういうの食べながら、最後飲みたかったんですけど、
同行者と別れた今、ラーメンのみでいい。
並の中華そば(600円)にしました。

こちらが出来上がり。
アロチ本家 丸高[○高] 中華そば(和歌山)ラーメン

見た目の印象は今まで食べた、丸高系列と変わりなく、
茶褐色に濁ったそのスープは、
豚骨のコクがあるように見受けられるんですけどね。

しかし、今回飲んでみた印象は、結構ええんですよ。
別に他の系列店とさほどの違いはありませんが、
今回、結構、深酒した後のラーメンやないですか。
このさっぱり感が、なかなか五臓六腑に染み渡ったんですよ。

チャーシュー。
アロチ本家 丸高[○高] 中華そば(和歌山)ラーメン

この薄めながら、がっしりした歯応えのチャーシューは、
スープとよく合っております。

麺は中細のストレート。
アロチ本家 丸高[○高] 中華そば(和歌山)ラーメン

これも酔っ払いの最後の方ですから、やわかったんですけど、
このぐらいのやわさでちょうどよかった。
全く酔っ払っていない時の私ならば、やわすぎる!
って言ってたでしょうが(^^;)

てなわけで、酒飲んでの〆ラーメンとしては、
こちらのお店は結構合っているよなって印象。
食い物って、体調次第で、その感じ方も変わるんだと、
その典型的なパターンを経験した日でした。

住所:和歌山県和歌山市友田町2-50
電話:073-432-3313
営業時間:17:30~翌3:00
定休日:日曜、年末年始
↓お勧めリンク↓

★こってり豚骨醤油和歌山ラーメンの代表格!!★


アロチ本家 丸高ラーメン / 和歌山駅田中口駅

夜総合点★★★☆☆ 3.0