関西のあちこちで食べたラーメンの徒然記録


ミナミで朝まで飲み会(って1軒目は西天満やったはずやが^^;)。
日本酒を相当な量たらふく飲んでたので、
記憶が一時期危ない状態に陥りました。
しかし3軒目で自重して時間かけて飲んでいたので、だいぶ回復。
始発が走り始めるまで、もう1軒ってことで難波を彷徨います。
で、決めたお店がここ「三豊麺」千日前店です。

三豊麺 千日前店(大阪難波ミナミ)900g特製濃厚魚介つけ麺

なんやかんやで、最後に麺で〆たくなる時は酔っ払ってる証拠。
まあ、はっきり言って、アホです。

はい、そのおバカな頭やから、こういうのに反応するんよね・・・
三豊麺 千日前店(大阪難波ミナミ)900g特製濃厚魚介つけ麺

こちらのお店、神戸三宮でも見かけたことがあり知ってます。
つけ麺(780円)が麺900gまで増量しても無料でやってくれるんですよ。
1度とことんお腹すかした状態で挑戦しようと思ってたのだが、
酔っ払いの暴挙!!この朝まで飲み明かした時分に挑戦します!!
(この時、お一人同行者に手伝ってくれるであろう頼もしい方がいたので、
結構楽観視して、頼めました^^)

入って、さらに詳しい説明。
三豊麺 千日前店(大阪難波ミナミ)900g特製濃厚魚介つけ麺

ただ、この麺の量は茹でた後のグラム数ですから、
通常なら私は2玉(750g)は平気で食える量です。

同行のお二人は、普通にラーメン頼んでいました。
三豊麺 千日前店(大阪難波ミナミ)900g特製濃厚魚介つけ麺

かっ、かしこいな~
豚骨ラーメンですね。

そして、私の濃厚魚介つけ麺900g!!!
三豊麺 千日前店(大阪難波ミナミ)900g特製濃厚魚介つけ麺

さすがに麺の量、これはびびるな~
普通に昼飯になら挑戦して、アップアップしながら完食できる自信はあるが、
散々、前日の夜19時半から飲み食いしてきた後ですよ。
とりあえず、ズルズル食べ進めましょう。

麺は極太の平打ち麺。
三豊麺 千日前店(大阪難波ミナミ)900g特製濃厚魚介つけ麺

モチモチとええ食感だが、あまり風味はないかな。
とにかく満腹感を迎える前に、ざっとツケダレに通して、
いただいていきます。

そのツケダレ。
三豊麺 千日前店(大阪難波ミナミ)900g特製濃厚魚介つけ麺

たくさん食べるには、この中に曲者がいました。
煮卵がまるまる1個に、チャーシューです。
美味しいんですけど、この時はそんなのに構ってる暇がなかった。
ツケダレ自体はこういう濃厚豚骨魚介はつけ麺でよくあるタイプですが、
幾分薄さを感じたのは、麺をくぐらせすぎたせいか。

半分食べ進めたところで、隣の同行者にヘルプ要請。
900gの内、3分の1弱くらい助けてもらいました。
さすが最初の読みどおり、大きな戦力やったな~(^^)
そしてその時、同行者用に、
別にツケダレも店員さんからいただけたんですよ。
ツケダレのおかわりできるんがええですね。

うん、大食いならば、この麺増量のつけ麺は非常にお得感たっぷり。
ただ、このタイプのつけ麺は「六厘舎」を元祖に世の中蔓延ってますからね。
味として平凡ではあるかなとは思います。
しかし、飲んで朝帰りに900gを食おうとするアホっぷりは、
自分でも、もう勘弁ですね(^^;)

住所:大阪市中央区千日前1-8-16
電話:06-4708-8663
営業時間:11:00~翌6:00
定休日:無休
↓お勧めリンク↓

全国B級グルメツーリング

この日は仕事の都合で、金曜日、難波経由で家に帰ります。
翌日早朝から用事もあるので、飲んで帰って二日酔いになりたくない。
次の日へ向けて準備することもあるので、さっと食って帰りたい。
ちゅうことでそういうときにお手軽なのがラーメンですね。
難波に進出してきた行列店を以前からチェックしていて、ようやく訪問。
「麺屋彩々」なんば店です。

麺屋彩々 なんば店(大阪難波ミナミ)白鶏塩ラーメン

金曜の夜に難波出てきて、飲まずに帰るなんて、
めっちゃ違和感あります(^^;)

店内の様子。
麺屋彩々 なんば店(大阪難波ミナミ)白鶏塩ラーメン

1階はカウンター席のみ。
ちょっとラーメン屋として雰囲気違うなって思ったのは、
全く、調味料の類いがないこと。
胡椒もなんも置いてないです。
麺のかたさもオーダーできなかったのでは?
一番ベストな状態を出しているという自信が伺えます。

メニュー。
麺屋彩々 なんば店(大阪難波ミナミ)白鶏塩ラーメン

麺屋彩々となると、味噌らーめん(850円)が有名ですので、
それにしようかなとも思ったのですが、
鶏のトロトロしたスープが飲みたい口やったんですよ。
なので、白鶏塩ラーメン(780円)にしました。
あっ、券売機制ですので、先に券買って下さいね。

こちらがその白鶏塩(パイチーシオ)ラーメン。
麺屋彩々 なんば店(大阪難波ミナミ)白鶏塩ラーメン

想像どおりの乳白色スープ。
チャーシュー、白葱、メンマ、そして菊菜がのっているのが珍しい。
まずは、そのスープより。
もっとドロっとしているかと思ったが、意外にサラッと系。
お味も濃厚さはなく、優しい味わいではあるけど、
鶏のコクの奥深さを感じるんですね、よく出来たスープだ。

また菊菜の苦みもよく合ってる。
麺屋彩々 なんば店(大阪難波ミナミ)白鶏塩ラーメン

鶏の水炊き鍋に、菊菜が入っているとこ多いですけど、
鶏スープと相性ええねんな~

チャーシューも柔らかく煮込まれています。
麺屋彩々 なんば店(大阪難波ミナミ)白鶏塩ラーメン

赤身の多い部分なので、パサパサ感あるかなと思ったのだが、
しっとり歯ごたえあるチャーシュー。

麺は中細くらいの太さ。
麺屋彩々 なんば店(大阪難波ミナミ)白鶏塩ラーメン

つるるんっとした食感で喉越しがいい。
スープとの相性もええです。

全体的に完成度は高く、美味しいと思います。
さすがの行列店だ。
ただ、鶏白湯スープって2014年前半では流行り系の味ですから、
その中でこの店ならではの何かがもう少し欲しかったかなってところ。
しかし、次は味噌ラーメンも食ってみるかっ(^^)
是非、再訪してみたいお店ではありました。

住所:大阪市浪速区難波中1-12-13 1F~2F
電話:06-6636-5353
営業時間:11:30~14:30(LO) 18:30~21:30(LO) ※売り切れ早仕舞いあり
定休日:不定休
↓お勧めリンク↓

石神秀幸のラーメンマップ東京 1

日帰り旅行にて、最後は難波に戻ってきた。
「はしご酒と、大阪の煌びやかな夜を上から目線で」後編記事はこちら!

〆にラーメン行って帰りたい気分であったが、
歩く気力がほとんど残っていない。
御堂筋線地下鉄なんば駅から徒歩5分以内でいける、
夜21時以降もやってる店を検索。
こちらのお店に決定、つけ麺屋「やすべえ」道頓堀店です。

つけ麺屋 やすべえ 道頓堀店(大阪難波ミナミ)

実はこちらのお店、遙か昔、東京訪問時に行ったことあります。
つけ麺屋「やすべえ」池袋店の記事はこちら!
まだ、今の時代のようにつけ麺なんてやってる店は少なかった時代。
大勝軒くらいしか有名店はありませんでした。
その時に美味しかった記憶なんですね~
なので、今回の訪問に繋がりました。

メニュー右半分。
つけ麺屋 やすべえ 道頓堀店(大阪難波ミナミ)

そして左半分。
つけ麺屋 やすべえ 道頓堀店(大阪難波ミナミ)

続き。
つけ麺屋 やすべえ 道頓堀店(大阪難波ミナミ)

さらに続き。
つけ麺屋 やすべえ 道頓堀店(大阪難波ミナミ)

つけ麺は720円、辛味つけ麺も同じ値段です。
またいろんな特徴がメニューに書いていますけど、
大盛り(440g)でも同じ値段なのが嬉しいですね。
辛味やにんにくの増量も無料など、無料おまけがてんこ盛りって印象。

店内の様子。
つけ麺屋 やすべえ 道頓堀店(大阪難波ミナミ)

土曜夜遅めの時間、かなり混んでいました。
東京池袋でも相当な繁盛店だと思ったが、大阪でも同様ですね。
結構リピーターがついているようです。

まず、こちらが同行者の塩ラーメン(720円)。
つけ麺屋 やすべえ 道頓堀店(大阪難波ミナミ)

そのスープを少しいただいてみる。
いわゆるあっさり系の塩ではなく、魚介のコクを感じます。
かといってえぐみがあるわけでもなく、まろやか。
しかしこのタイプのベースだと、醤油の方が美味しいだろうな。

巻きチャーシューが1枚。
つけ麺屋 やすべえ 道頓堀店(大阪難波ミナミ)

これは食べませんでした。
あと、麺ですが、あとから登場するつけ麺と全く一緒やったんで、
そちら参照ください。

こちらがつけ麺、大盛り(720円)。
つけ麺屋 やすべえ 道頓堀店(大阪難波ミナミ)

辛味つけ麺も同じ値段やったから、そっちにすればよかったな。
見た目は動物系+魚介系のWスープで、
今となってはあちこち見かけるタイプですね。

麺は中太ストレートのモチモチ系。
つけ麺屋 やすべえ 道頓堀店(大阪難波ミナミ)

大盛りはもうちょい量が多いかと思ったが、
意外に印象としては少なめ。
全く苦労せず完食できました。

つけ汁に投入します。
つけ麺屋 やすべえ 道頓堀店(大阪難波ミナミ)

うん、濃厚系ではなく、
また極太麺でもないタイプを久しぶりに食ったなって感。
見事にバランスがとれています。
豚骨鶏ガラ、動物系の主張もしっかり感じるし、
また魚介の風味もほどよい案配。

ただ、こちらのチャーシューは細角切りスティックタイプでしたね。
私、つけ麺でこのタイプのチャーシューは苦手。
ラーメンと同じタイプで欲しかった。

途中から、卓上の玉葱と削り節を投入。
つけ麺屋 やすべえ 道頓堀店(大阪難波ミナミ)

濃厚さと甘さが増して、この味変化も美味しいです。

池袋店で食べてから6年以上が経過し、
その間にあちこち100食以上、つけ麺は食べたと思うが、
その時持った印象のまま、美味しいなって思いました。
完成度もサービスもこの昔のままで変わらずにやっていけたら、
ここのつけ麺屋は全国で繁盛していくでしょうね。

住所:大阪市中央区心斎橋筋2-4-4 日総四国ビル1F
電話:06-6212-4111
営業時間:11:00~翌3:00(麺が無くなり次第閉店)
定休日:年中無休(年末年始を除く)
↓お勧めリンク↓

噂のつけ麺 関西版 大阪・兵庫・京都・奈良・滋賀・和歌山 2010


つけ麺屋 やすべえ 道頓堀店つけ麺 / 大阪難波駅なんば駅(大阪市営)日本橋駅

夜総合点★★★☆☆ 3.7