関西のあちこちで食べたラーメンの徒然記録


この日は和歌山ラーメンでもちょっと違ったものを食べたい。
井出系、車庫前系の違いはあるが、基本、豚骨醤油ですからね。
無難な味なんですけど、前日にも食べたもんで・・・(^^;)
ってことで向かったのがここ、和歌山IC近くにあります、
中華そば「土屋商店」です。

中華そば 土屋商店(和歌山)ラーメン

「中華そば550円」の文字が目立ちます。
はい、こちらのお店が提供されているのは高井田系なんですよ。
濃い~醤油色と太い麺が特徴ですね。
最近提供される店が劇的に増えてきました。
和歌山まで進出してくるとはね。

店内の様子。
中華そば 土屋商店(和歌山)ラーメン

厨房を囲む逆L字カウンターと、小上がり席があります。
さほど大きなお店ではないので、午後の昼下がり、結構混雑してました。
あと、茹で玉子、早寿司も卓上に置いていたので、
この辺り、他の和歌山ラーメン屋さんと変わりはないですね。

メニュー一部。
中華そば 土屋商店(和歌山)ラーメン

ただ、その中華そば以外にも、まぜそば、塩そばってのもありました。
まあ、ラーメン屋では、最初の訪問では、
一番のデフォルトをいただくことにしておりますので、
中華そばの並(550円)にしました。
太麺と細麺のチョイスができましたが、高井田系には太麺でしょう。

こちらが、その中華そば(並)。
中華そば 土屋商店(和歌山)ラーメン

この見た目もホント、あちこちで見かけるようになりましたし、
まずは、その高井田系独特のスープより味わってみる。
ん?第一印象としては、他の高井田系よりも、まろやかだなってこと。
古くからの高井田系ラーメンは酸味がとがっているのが多いですが、
鶏ガラベース(少し魚介系の味もしますね)の優しい味わいになっている。
それに醤油のコクが加わっています。

で、高井田系では、葱とスープの相性がええので・・・
中華そば 土屋商店(和歌山)ラーメン

この葱はもっと太い系の方が、自身の好みには合うかな。

チャーシューにメンマ。
中華そば 土屋商店(和歌山)ラーメン

ペラペラではない、ちょっと厚みのあるがっしりした歯応えのチャーシュー、
そして極太メンマも、よくスープに合っております。

そして、この太麺!
中華そば 土屋商店(和歌山)ラーメン

うん、この濃い~味のスープには絶対これだな。

高井田系ではあるけれども、誰にでも受け入れられる方向へ、
全体のトータルバランスが非常によく仕上がっている一杯。
そして、550円という昔ながらの価格でやられているのもいい。
豚骨醤油ばかりの和歌山らーめんの中で、
アクセントに是非とも食べたいラーメンです。

住所:和歌山県和歌山市栗栖340-2
電話:073-472-1211
営業時間:平日11:00~15:00 17:30~23:30
日9:00~15:00、土祝9:00~15:00 17:30~21:00
定休日:年中無休
↓お勧めリンク↓

★こってり豚骨醤油和歌山ラーメンの代表格!!★


中華そば土屋商店ラーメン / 田井ノ瀬駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5


大阪東今里に面白いラーメン屋があると伝え聞きました。
なんでも、ラーメン二郎のテイストで、
味は高井田ラーメン系なんだとか。
私は二郎インスパイアのお店の味が非常に苦手。
それにあのてんこ盛りでしょ?拷問に近いです。
過去、挑戦した2店を紹介します。
自家製太麺 ドカ盛 マッチョ 難波千日前店の記事はこちら!
ラーメン荘 歴史を刻め(下新庄)の記事はこちら!

それを高井田系でどのように表現させているのでしょうか?
めっちゃ興味が湧いて訪問。
らーめん ぐるぐる(ぐる2)です。

らーめん ぐるぐる[ぐる2](大阪深江橋・緑橋)二郎と高井田系の混合ラーメン

お店は全然目立っていません。
車でカーナビが「目的地に到着しました」って言ってるんですが、
お店どこ?って1回通り過ぎましたもん。

お店前の看板。
らーめん ぐるぐる[ぐる2](大阪深江橋・緑橋)二郎と高井田系の混合ラーメン

高井田系らーめん特有の極太麺が600円。
さーてどんなんやろ?楽しみです。

って、店頭にこんなのも出してましたけどね(^^;)
らーめん ぐるぐる[ぐる2](大阪深江橋・緑橋)二郎と高井田系の混合ラーメン

なるほど~二郎のもやしと違って、メンマがてんこ盛りか~
私はもやしてんこ盛りより、メンマてんこ盛りの方が絶対嬉しい。

中に入ります。
らーめん ぐるぐる[ぐる2](大阪深江橋・緑橋)二郎と高井田系の混合ラーメン

カウンターのみ、10席もない店内。
非常に狭いです。

店内メニュー。
らーめん ぐるぐる[ぐる2](大阪深江橋・緑橋)二郎と高井田系の混合ラーメン

普通のラーメンは200g~500gまでが600円。
600gと700gが750円となっています。
500gならば、なんとか挑戦できるかなとこちらを注文!

店内の添え書き。
らーめん ぐるぐる[ぐる2](大阪深江橋・緑橋)二郎と高井田系の混合ラーメン

ネギ、シナチクの増量、もちろん頼めます。
私はニンニクを普通に入れてもらい、
ネギとシナチクはマシでやってもらいました。

こちらが麺500gのネギ、シナチク増量、にんにく入り(600円)。
らーめん ぐるぐる[ぐる2](大阪深江橋・緑橋)二郎と高井田系の混合ラーメン

見た目でかくは見えませんが、すごいです。
横になんか比べるもん置けばよかったな。

横からの図。
らーめん ぐるぐる[ぐる2](大阪深江橋・緑橋)二郎と高井田系の混合ラーメン

さーて、困ったぞ。
これどっから食べ進めたらええんでしょうか?
まずは、レンゲにネギとスープをすくってそこからいただきます。
醤油辛さが顕著なスープですが、ザク切りのネギとは相性がいい。

そして上にのっている大量のシナチク。
らーめん ぐるぐる[ぐる2](大阪深江橋・緑橋)二郎と高井田系の混合ラーメン

これは冷たいので、強引にスープに浸して食べ進めます。

チャーシューが現れました。
らーめん ぐるぐる[ぐる2](大阪深江橋・緑橋)二郎と高井田系の混合ラーメン

ぶ厚めのバラ肉ですけど、こちらは平凡。

そして、極太麺。
らーめん ぐるぐる[ぐる2](大阪深江橋・緑橋)二郎と高井田系の混合ラーメン

つるんとした感じでのど越しがいい。
そして、濃い~醤油スープにはこの太さでちょうどいい。
これより細いと味が濃すぎて私には駄目でしょう。

しかし500gの麺・・・私には強敵過ぎました。
300gぐらい食べたところで、もうええや状態。
そして400gで、もうあかん・・・
500g食べ切るのは、至難の技でしたよ。

同じもんをたくさん量、食べ続けるのが苦手な私には、
今後、他の店でも、麺500gには手を出さないようにします。
400gが限界ですね。
あ、こちらのお店の味ですが、極々平凡かと。
しかし、大盛りを売りにしている店ですからね。
それからライスも無料でつけることができるので、
600円でこれだけ食えるとなれば、
大食漢には是非とも挑戦して欲しいです。
私はつくづく「ライスもつけて」って、
言わずにおってよかったと思いました(^^;)

住所:大阪市東成区東今里1-5-27
電話:06-6972-9690
営業時間:11:30~14:30 18:00~24:00
定休日:月曜日
↓お勧めリンク↓

石神秀幸のラーメンマップ東京 1

ぐるぐるラーメン / 深江橋駅緑橋駅

夜総合点★★☆☆☆ 2.7


昼夜逆転した生活をしていると、重宝するのが24時間やっている飲食店。
ただ、如何せん、大手チェーン店以外ではほぼないですね。
この日は所用にて、朝帰り・・・(飲み過ぎではありませぬ)
前日の晩も早めに食ったので、めっちゃお腹はすきまくり。
地下鉄に乗って、どこか朝5時からやってる飯屋に行くことに。
(丼チェーンやファミレス、ファーストフード以外に)
ってことで見つけたのがこちらの店。
中華そば「麺屋7.5Hz」の生野本店です。

中華そば 麺屋7.5Hz[7.5ヘルツ]生野本店(大阪小路)

大阪あちこちにチェーンがあるラーメン屋ですけど、
こちらの本店は24時間営業されているんですね。
醤油系のラーメンが食いたかったのもあり、即決定しました。

店内の様子。
中華そば 麺屋7.5Hz[7.5ヘルツ]生野本店(大阪小路)

カウンターにテーブル1つの昔ながらのラーメン屋風情。
こういう店の方が私は落ち着けるな~
土曜朝5時半に関わらず、ひっきりなしに人の出入りがありました。

メニュー。
中華そば 麺屋7.5Hz[7.5ヘルツ]生野本店(大阪小路)

そして、昔ながらのラーメン屋さんがええのはこの値段。
500円ワンコインで食えるラーメンも、世の中少なくなってきました。
今日は帰って寝るだけなので、中華そば(450円)に葱多めでとオーダー。

中華そば、葱増量(450円)。
中華そば 麺屋7.5Hz[7.5ヘルツ]生野本店(大阪小路)

葱の増量は無料でやってくれますが、このざく切りの極太九条ネギ!!
ネギ大好きな私には、堪らないですね。

この葱がここの真っ黒なスープと合うんよな~
中華そば 麺屋7.5Hz[7.5ヘルツ]生野本店(大阪小路)

スープは高井田系ラーメンらしい、酸っぱみのある、
非常に濃い~スープですけど、この葱と一緒に飲むことでさらにパンチが増します。

チャーシューはペラペラのぱさっとタイプ。
中華そば 麺屋7.5Hz[7.5ヘルツ]生野本店(大阪小路)

私はあまり好みではないチャーシューなので、チャーシュー麺にはしませんが、
750円のチャーシュー麺にするとどさっとのせてくれますね。

麺は高井田系独特の極太麺。
中華そば 麺屋7.5Hz[7.5ヘルツ]生野本店(大阪小路)

スープが非常に酸っぱ辛いんで、この太さでちょうどいい。

再度スープをずずっと。
中華そば 麺屋7.5Hz[7.5ヘルツ]生野本店(大阪小路)

あまり飲み過ぎると体に悪そうな塩っ気たっぷりですけどね。

高井田系ラーメンを初めて食べたときには、なんじゃこれ?
って思ったもんですけど、最近は慣れてきました。
もうちょいスープに酸っぱみが少なく、魚介系のコクなんて加えたら、
私に合うラーメンだと思うんですけどね。
しかし、1年に1回くらいは食べてみたいって思える味だな。

住所:大阪府大阪市生野区小路東2丁目1-21
電話:06-6758-6751
営業時間:24時間営業
定休日:木曜日
↓お勧めリンク↓

石神秀幸のラーメンマップ東京 1

中華そば 麺屋7.5Hz 生野店(本店)ラーメン / 小路駅(大阪市営)今里駅(近鉄)布施駅

夜総合点★★★☆☆ 3.0
昼総合点★★★☆☆ 3.0