関西のあちこちで食べたラーメンの徒然記録


2週間に1回くらいは、ランチにラーメンって日を作ります。
店舗数も豊富やし、単品の一番デフォルトなのにすれば、
700円前後で食える店多いですもんね。
貧乏サラリーマンなので、毎日1000円予算でランチ食えませんもん。
どこかで調節が必要です。
この日はいざ新在家へ。
ずーーっと目星つけていたけど行けてなかったラーメン店へ。
らーめん専門「いっぽし」を訪問しました。

らーめん専門 いっぽし(神戸新在家・六甲)鶏白湯ラーメン

場所は、阪神新在家駅から北へあがってすぐのところ。
よく通る道なんで、ずっと気にはなっていたんですよ。

店頭にこんなキャッチフレーズが。
らーめん専門 いっぽし(神戸新在家・六甲)鶏白湯ラーメン

「鶏のうま味をじゅーぶんに引き出したこくうまスープ」
って文字に惹かれたんですよね。
鶏のこってり系・・・はい「天下一品」を代表に好きな味です。

店内の様子。
らーめん専門 いっぽし(神戸新在家・六甲)鶏白湯ラーメン

L字のカウンター、10人ちょっと座れるくらいか。
ラーメン屋はこのぐらいの規模で、個人経営の、
スープの味は1種類だけでやってる店が美味しい店が多いと思うのは、
私だけだろうか?

そのメニュー。
らーめん専門 いっぽし(神戸新在家・六甲)鶏白湯ラーメン

はい、そうですね、こういうメニュー構成がええんですよ。
ラーメン、つけ麺とありますが、ベースのスープは一緒でしょう。
そして、色々と手を広げず、ごはんをあとは置いてるだけ。
チャーシュー丼(300円)もありますが、
これはラーメンにもトッピングされているのを使っているだけでしょうし。
ここは、デフォルトのらーめん(700円)のみを注文。

はい、そのらーめん。
らーめん専門 いっぽし(神戸新在家・六甲)鶏白湯ラーメン

700円って値段やから、ちょっとトッピングは多め。
チャーシュー、葱、海苔、味玉半分がのっております。
あ、そんで後からメニュー見て気づいたが、
にんにくのトッピング無料なんですね。
仕事合間やなかったら、絶対頼んでた。

いいね~このトロトロ感溢れるスープ(^^)
らーめん専門 いっぽし(神戸新在家・六甲)鶏白湯ラーメン

キャッチフレーズどおりの、鶏のうま味を感じられます。
ただ、そのスープのみを味わってみると、塩辛い感じ。

麺は中くらいの太さのストレート麺。
らーめん専門 いっぽし(神戸新在家・六甲)鶏白湯ラーメン

ちょいかためで私の好み。
それとスープ単体で飲むとしょっぱさが目立ったんだが、
麺と絡むとバランスのよい、ええ感じのスープなんですよね。

チャーシューは2枚。
らーめん専門 いっぽし(神戸新在家・六甲)鶏白湯ラーメン

これは印象に残らなかった。

最後、スープは飲み干すことはできなかった。
鶏のこういうトロトロ系って2013年くらいから流行り路線だと思いますが、
ちょいバランスは悪かったかな。
けどそれはわずかなことで、美味しいラーメンには間違いないですよ。

住所:神戸市灘区友田町3-3-11 北山ビル1F
電話:078-855-4874
営業時間:[火~土]11:30~14:30 17:00~翌0:30 [日]11:30~21:00
定休日:月曜日
↓お勧めリンク↓

全国B級グルメツーリング

この日は仕事の都合で、金曜日、難波経由で家に帰ります。
翌日早朝から用事もあるので、飲んで帰って二日酔いになりたくない。
次の日へ向けて準備することもあるので、さっと食って帰りたい。
ちゅうことでそういうときにお手軽なのがラーメンですね。
難波に進出してきた行列店を以前からチェックしていて、ようやく訪問。
「麺屋彩々」なんば店です。

麺屋彩々 なんば店(大阪難波ミナミ)白鶏塩ラーメン

金曜の夜に難波出てきて、飲まずに帰るなんて、
めっちゃ違和感あります(^^;)

店内の様子。
麺屋彩々 なんば店(大阪難波ミナミ)白鶏塩ラーメン

1階はカウンター席のみ。
ちょっとラーメン屋として雰囲気違うなって思ったのは、
全く、調味料の類いがないこと。
胡椒もなんも置いてないです。
麺のかたさもオーダーできなかったのでは?
一番ベストな状態を出しているという自信が伺えます。

メニュー。
麺屋彩々 なんば店(大阪難波ミナミ)白鶏塩ラーメン

麺屋彩々となると、味噌らーめん(850円)が有名ですので、
それにしようかなとも思ったのですが、
鶏のトロトロしたスープが飲みたい口やったんですよ。
なので、白鶏塩ラーメン(780円)にしました。
あっ、券売機制ですので、先に券買って下さいね。

こちらがその白鶏塩(パイチーシオ)ラーメン。
麺屋彩々 なんば店(大阪難波ミナミ)白鶏塩ラーメン

想像どおりの乳白色スープ。
チャーシュー、白葱、メンマ、そして菊菜がのっているのが珍しい。
まずは、そのスープより。
もっとドロっとしているかと思ったが、意外にサラッと系。
お味も濃厚さはなく、優しい味わいではあるけど、
鶏のコクの奥深さを感じるんですね、よく出来たスープだ。

また菊菜の苦みもよく合ってる。
麺屋彩々 なんば店(大阪難波ミナミ)白鶏塩ラーメン

鶏の水炊き鍋に、菊菜が入っているとこ多いですけど、
鶏スープと相性ええねんな~

チャーシューも柔らかく煮込まれています。
麺屋彩々 なんば店(大阪難波ミナミ)白鶏塩ラーメン

赤身の多い部分なので、パサパサ感あるかなと思ったのだが、
しっとり歯ごたえあるチャーシュー。

麺は中細くらいの太さ。
麺屋彩々 なんば店(大阪難波ミナミ)白鶏塩ラーメン

つるるんっとした食感で喉越しがいい。
スープとの相性もええです。

全体的に完成度は高く、美味しいと思います。
さすがの行列店だ。
ただ、鶏白湯スープって2014年前半では流行り系の味ですから、
その中でこの店ならではの何かがもう少し欲しかったかなってところ。
しかし、次は味噌ラーメンも食ってみるかっ(^^)
是非、再訪してみたいお店ではありました。

住所:大阪市浪速区難波中1-12-13 1F~2F
電話:06-6636-5353
営業時間:11:30~14:30(LO) 18:30~21:30(LO) ※売り切れ早仕舞いあり
定休日:不定休
↓お勧めリンク↓

石神秀幸のラーメンマップ東京 1

阪神御影で評判の人気ラーメン店。
その味は、鶏のトロトロ白湯スープってことで、
一度は食べてみたいと思っていました。
麺屋 鶏豚(トリトン)へランチにやって来ました。

麺屋 鶏豚[とりとん](神戸阪神御影)ラーメン

場所は、阪神御影駅から、東に向かった高架下にあります。
徒歩2,3分くらいか。
店名らしく、ブルーマリンの店構えが特徴です。

ランチセットにメニュー。
麺屋 鶏豚[とりとん](神戸阪神御影)ラーメン

続き。
麺屋 鶏豚[とりとん](神戸阪神御影)ラーメン

ランチセットは平日限定のようです。
この日は平日やったんでこれにできる。
チャーハン好きな私なんで、
+100円で半チャーハンにできるセットにまず決めました。
あと、ラーメンの味は、ここの基本を食べなきゃですね。
鶏豚[とりとん]らーめん(750円)にしました。

店内カウンターに座ります。
麺屋 鶏豚[とりとん](神戸阪神御影)ラーメン

カウンター6席、テーブル4人がけが1つの小さいお店。
店主1人で営業されているので、この規模で限界なんでしょう。

こちらが、鶏豚(トリトン)ラーメン。
麺屋 鶏豚[とりとん](神戸阪神御影)ラーメン

見た目、乳白色のスープがまるで豚骨スープのようです。
トッピングはチャーシューとネギだけで、いたってシンプル。

まず、そのスープを飲んでみる。
麺屋 鶏豚[とりとん](神戸阪神御影)ラーメン

少しとろみを感じるそのスープは見た目ほどではなく、さっぱり。
ただ、充分に鶏のコクを感じるし、クリーミーさもある。
完成度の高いスープです、私には好みですね。
あ、名前が「鶏豚」になっていますけど、スープに豚の要素はありません。
豚はチャーシューがトッピングされているからなんだとか。

チャーシューもぶ厚めのが。
麺屋 鶏豚[とりとん](神戸阪神御影)ラーメン

脂身も多いタイプで、そのトロトロ感がいい。
これまた好みのタイプ。

麺は細めで多少縮れが入っているか。
麺屋 鶏豚[とりとん](神戸阪神御影)ラーメン

ちょいやわめなのが、私の好みとは違いますけど、
うまくスープを絡んでくれてます。

そして、半チャーハン。
麺屋 鶏豚[とりとん](神戸阪神御影)ラーメン

この店の味付けらしく、さっぱりパラッとしたチャーハン。
濃厚ではなく薄味で、私にはこの店の味付けがよく合います。

ラーメンもチャーハンも、ここの好き。
店主お一人でやられているので、この日のランチ時も、
10席全部埋まったら、てんてこ舞いしておりましたが、
この平日限定ランチメニューは、どれもお得でしょう。
またこの時間に来て、
他のラーメンとのチャーハンセットを食べてみたいですね。

住所:神戸市東灘区御影本町2-17-15 阪神電鉄高架下
電話:078-855-7066
営業時間:11:30~15:00 17:00~25:00
定休日:日曜
↓お勧めリンク↓

全国B級グルメツーリング


麺屋 鶏豚ラーメン / 御影駅(阪神)住吉駅(阪神)石屋川駅

昼総合点★★★☆☆ 3.4