関西のあちこちで食べたラーメンの徒然記録


私は以前、神戸の西区に住んでいたことがあり、
その時に一番よく食べたラーメンがここですね。
その名は「らーめん2国」。
伊川谷店の記事はこちら!

神戸の東地区は、「もっこす」という、お気に入り神戸らーめんのお店がありますが、
西地区の神戸らーめんは、「らーめん2国」です。

そちらのお店が梅田のお初天神通りにお店を出しているのは知ってたが、
当面、関西を離れていたので、訪問できずにおりました。
今回、梅田に用事があって、そのついでに立ち寄ることに。
「らーめん2国」お初天神店です。

らーめん2国 お初天神店(大阪梅田)お気に入り神戸らーめん濃厚豚骨醤油が大阪へ進出!

神戸発祥屋台味とありますね。
神戸ラーメンの特徴は、醤油が勝った豚骨醤油なんですけど、
結構、こってりと豚の脂が使われているんですよ。
果たして、昔食べた味と変わらないかな?

そして、2国らーめんと言えば、このビジュアル。
らーめん2国 お初天神店(大阪梅田)お気に入り神戸らーめん濃厚豚骨醤油が大阪へ進出!

ラーメン鉢を覆いつくす、チャーシューが特徴の、
チャーシュー麺(920円)です。
さらにキムチやにんにくまでどっさりの2国ラーメン(1020円)は、
若い頃よく食べました(^^)

セットメニュー、一品、サイドメニュー。
らーめん2国 お初天神店(大阪梅田)お気に入り神戸らーめん濃厚豚骨醤油が大阪へ進出!

2国ってこんなに昔、メニュー多かったっけ?
今回、このあと飲みに行く用事もあるので、
普通のらーめん(670円)、1杯だけにしときます。

店内カウンターの様子。
らーめん2国 お初天神店(大阪梅田)お気に入り神戸らーめん濃厚豚骨醤油が大阪へ進出!

2階もあるのか、1階が満席になると、そっちにも案内されてました。

出来上がり、デフォルトのらーめん(670円)。
らーめん2国 お初天神店(大阪梅田)お気に入り神戸らーめん濃厚豚骨醤油が大阪へ進出!

見た目のビジュアルとしては、チャーシュー麺のインパクトがないですね。
あと、麺のかたさ、背脂の量は指定できたので、麺かため、背脂多めにしました。
なので昔食べた、2国らーめんの印象とは全然違います。

まず、スープよりいただいてみます。
昔懐かしの味!ってとこまではいかないけれど、似てはおりますね。
あっさり豚骨醤油やけど、しっかりと豚のコクは感じます。
昔はもうちょい味が濃かったような気がするな。

麺は、中細のストレート麺。
らーめん2国 お初天神店(大阪梅田)お気に入り神戸らーめん濃厚豚骨醤油が大阪へ進出!

かためでお願いしたけど、それでも私にはまだやわかった。
今時のラーメン屋さんは自家製麺にこだわってやってるところ多いから、
そういう店と比べると味気ないです。

そして、チャーシュー。
らーめん2国 お初天神店(大阪梅田)お気に入り神戸らーめん濃厚豚骨醤油が大阪へ進出!

このチャーシューは昔から変わりませんね。
トロッと脂身の多いペラペラのタイプで、非常に美味しい。
昔食べた店では、麺少なめで若干安くなったこともあり、
チャーシュー麺にして、麺を減量して食べてた記憶があります。

うん、やっぱりこの系統のラーメンは私としては中毒になるタイプで、
1ヶ月に1回は禁断症状が現れるかも(^^)
また神戸の西側に行ったら、どこか別のチェーンに寄ってみよっと!

住所:大阪府大阪市北区曾根崎2-13-18
電話:06-6365-0259
営業時間:11:00~翌1:00
定休日:無休
↓お勧めリンク↓

石神秀幸のラーメンマップ東京 1

この日の晩御飯は、甲南山手方面へ。
国道2号線沿いで2軒、行こうか迷ってた店がありました。
一つは安いセルフの讃岐うどん店、もう1軒はローカルらーめん屋さん。
両方見比べて、美味しさを感じたお店へ。
ラーメン「鳳鳴軒」です。

ラーメン 鳳鳴軒(神戸甲南山手)ちゃートロらーめん

国道2号線の北側に位置しており、
駐車場も少し離れたところに2台分確保されています。

この店のこだわり。
ラーメン 鳳鳴軒(神戸甲南山手)ちゃートロらーめん

あっさり豚骨のコシのある細麺みたいですね。
とりあえず、中に入って決めましょう。

メニュー。
ラーメン 鳳鳴軒(神戸甲南山手)ちゃートロらーめん

もう1枚。
ラーメン 鳳鳴軒(神戸甲南山手)ちゃートロらーめん

見た目、チャーシューがめっちゃ旨そうやなって印象やったので、
チャーシューらーめん(880円)にしようかと思ったが、
ちゃートロらーめん(910円)ってのが2種類のチャーシューと、
葱もどっさりのってるから、これに決定しました。
あ、麺のかたさは指定できましたから、「かため」でお願い。

セットメニュー。
ラーメン 鳳鳴軒(神戸甲南山手)ちゃートロらーめん

平日お昼は+150円で餃子セット、唐揚げセットにできるからお得。
今回は晩飯利用でしたので、+300円はちょっと高いかなとスルー。

店内の様子。
ラーメン 鳳鳴軒(神戸甲南山手)ちゃートロらーめん

こちらがカウンター。
あと背中側に4人掛けテーブル3つあります。

ちゃートロらーめん(910円)が出来上がり。
ラーメン 鳳鳴軒(神戸甲南山手)ちゃートロらーめん

チャーシュー、ネギと私の大好物2つがたっぷりなのが嬉しいです(^^)

まずは、そのスープから味わってみる。
ラーメン 鳳鳴軒(神戸甲南山手)ちゃートロらーめん

確かに、あっさり豚骨ですね。
但し、博多系の味とは全く違います。
博多系はクリーミーさを感じるのだが、こちらのお店はホントさっぱりです。
但し、黒いマー油が浮かんでいるんですけど、
こちらも混ぜていただくとええ感じになりました。

スライスチャーシュー。
ラーメン 鳳鳴軒(神戸甲南山手)ちゃートロらーめん

提供される直前に、炙っておられたので、その風味が香ばしい。
しかし、写真の見た目のように、
トロトロジューシーってことはありませんでした。

角切りチャーシュー。
ラーメン 鳳鳴軒(神戸甲南山手)ちゃートロらーめん

こちらは甘めの味付け。
この味付け対比アクセントはなかなか面白い。

麺は細麺
ラーメン 鳳鳴軒(神戸甲南山手)ちゃートロらーめん

かためでお願いしたので、私にはぴったり。
ただ、普通の茹で加減ならば、ちょっと物足りないのでは?
もうちょい太めのツルツルしこしこした麺の方が、
スープと合っているのではと思います。

スープに自身にはパンチを感じられなかったので・・・
ラーメン 鳳鳴軒(神戸甲南山手)ちゃートロらーめん

卓上にあったにんにくをひとかけら、潰して投入。
お~いいですね(^^)
印象としては、大阪のにんにくラーメン、「薩摩っ子」。
その記事はこちら!

口の中のにんにく臭さは、その後、何も人と会う用事がなかったので、
こういう食べ方で美味しくいただけましたが、普通はできないな~
ただ、このスープはこってりでもできるみたいですから、
そうすると、また印象変わるかもです。

住所:神戸市東灘区森南町1-6-11 サンライフつちや1F
電話:078-411-4700
営業時間:11:30~翌4:00
定休日:無休
↓お勧めリンク↓

全国B級グルメツーリング

チェーン店ながらも、その味の私的評価が結構高いラーメン店があります。
その名は「一風堂」。
過去に食した記事はこちら!

そのベースとなる、スープも麺もチャーシューも出来はすごくいいし、
トッピング類(辛子高菜、紅生姜など)も充実しているし、
また社員・バイト教育もしっかりされているので、サービスもいい。

その梅田店の2Fに、
一風堂創業当時の特濃博多豚骨ラーメンを食わせるお店ができていたのは、
昨年から知っておりましたが、
なかなか梅田でラーメン食う機会がなかったんですね。
今回、ほどよい飲みの〆で訪問。
シロマルベース(SHIROMARU BASE)梅田店です。

シロマルベース [SHIROMARU BASE] 梅田店(大阪)豚骨ラーメン

ラーメンの中でも、無類のとんこつ好きなので、
その濃厚タイプがずっと気にはなってたんですね。

こちらがその説明書き。
シロマルベース [SHIROMARU BASE] 梅田店(大阪)豚骨ラーメン

なるほど、原点シンプルに戻った味です。
なので、一風堂にしては安めの値段設定で、
基本の「シロマルベース」ラーメンですと600円です。

店内。
シロマルベース [SHIROMARU BASE] 梅田店(大阪)豚骨ラーメン

カウンターのみの18席。
ですので、週末土曜の21時半には行列できていました。
あと写真撮り忘れたんですけど、味の濃さや麺のかたさ、トッピングは、
記入するシートがありますので、それに○をつけていきます。

味の濃さは、濃い、特濃、超特濃とあったんですが、
飲んだ〆のラーメンなので、こってりし過ぎはどうやろ?と思い、
「特濃」でチョイス。
そして、麺は「かため」でお願いしました。

こちらがそのシロマルベース(600円)。
シロマルベース [SHIROMARU BASE] 梅田店(大阪)豚骨ラーメン

なるほど、シンプルですね(^^)
トッピングはチャーシュー2枚と、葱がちょろっと。
コストを抑えているなって分かります。

まずはそのスープより・・・
うん、一風堂の味やね~、まるで臭みのないあっさり豚骨。
ただ、もっとこってりしてるかと思えば、
この特濃でも全然そんなことありません。
私のバカ舌では、下の1階で「白丸元味」を食べるのと、
あまり差はないような気がします。
「超特濃」にすべきやったかな~
しかし、美味しいスープであることには間違いありません。

チャーシュー。
シロマルベース [SHIROMARU BASE] 梅田店(大阪)豚骨ラーメン

これは一風堂にしては、あまり印象に残らずでした。

麺。
シロマルベース [SHIROMARU BASE] 梅田店(大阪)豚骨ラーメン

はい博多豚骨お馴染みの、極細ストレート麺。
これも一風堂の味そのもんですから、間違いはない。

で、こちらが同行者の。
シロマルベース [SHIROMARU BASE] 梅田店(大阪)豚骨ラーメン

スープの味は基本の濃い、そして麺も普通のかたさにしてました。
両方少しいただいてみましたが、確かにスープはさっぱり、
そして麺は私はカタメ好きであることが実感できましたね(^^)

味を変えましょう。
シロマルベース [SHIROMARU BASE] 梅田店(大阪)豚骨ラーメン

卓上の紅生姜をトッピング。
こうして紅生姜を絡めて食べる麺も、また旨いんだな~♪

これなら私のチョイスは、スープ超特濃の麺ハリガネがベストですね。
ただ、さすが一風堂、ブレが全くないよなって印象。
こちらのチェーン店は、今後も通い続けるでしょうね。

住所:大阪市北区角田町6-7 一風堂梅田店2F
電話:06-6363-2314
営業時間:[月~木・日・祝]11:00~翌3:00 [金・土]11:00~翌4:00
定休日:年中無休
↓お勧めリンク↓

全国B級グルメツーリング