関西のあちこちで食べたラーメンの徒然記録



大森に宿を取り、ちょっと夜遅くに何かを食べに行きたいなと思いました。
そうするとやはり、食い物はラーメン!
そのホテルがネット接続できる環境であった為、
大森で美味しいラーメンはないか検索です。
すると、このお店が夜24時までだがやってるではないか!
23時15分くらいであったが急いで向かいました。
「麺矢 龍王 大森店」です。

ryuou0.jpg

色々調べてみたのですが、ここのご主人は、
六本木にある札幌ラーメンの有名店「天鳳」で約20年勤められた方が、
独立して、この大森に店を構えたそうである。
かなりメディアから取材を受けたり、有名人が来訪しているそうである。

ryuou1.jpg

前情報で、正油らーめん(650円)の一三五(麺固く、油多く、味濃く)を
誰もが取り上げていたので、訪問前から、こいつを頼むことにしていました。

この一三五って何?ってことで簡単に説明します。

まず注文の仕方は「普通」と「一三五」と「めんばり」の3種類があります。
その数字の意味は以下の通り。
1、麺固く 2、麺やわらかく 3、油濃く 4、油薄く 5、味濃く 6、味薄く
その中で、美味しく食べるというお勧め注文方法が1,3,5で頼むのがいいとのことで、
こういう「一三五」という名称がつけられています。
「めんばり」は「一三五」の上をいく究極の、超麺固く、超油濃く、超味濃くになります。

さあ、前置きはこの辺にしましょう。
こいつが正油ラーメン「一三五」(650円)です。
ryuou2.jpg

トッピングはメンマ、味付け玉子、白ネギです。
見た目はそんなに濃いって印象はありません。
しかし、一口そのスープをすすると・・・
やはり辛い!しょっぱい!醤油ラーメンなのだが、これは豚骨醤油ですね。
ものすごく深みのあるスープである。
こってり系のスープが好きな俺ではあるが、これはかなりしょっぱいと感じた。

チャーシューは脂身の少ない豚肩ロースを用いたものだそうな。
トロトロに煮込まれたチャーシューが好きな俺ではあるが、
これはこれでなかなか美味しい。

中太の熟成縮れ麺は、北海道西山製麺製の黄色い麺である。
ryuou3.jpg

こいつがめちゃめちゃに固い。
俺にはちっと固過ぎました。普通麺でちょうどいいのかも。
けど、この縮れ麺は、非常にこの濃い~スープを絡んでくれますね。
しっかりスープの絡んだ麺は非常にコクがあり美味しいです。

このタイプのラーメンはなかなか食べられない味です。
豚骨醤油のスープはどこでもありがちだが、この麺との組み合わせは立派。
かなり個性のある味です。
ただ「一三五」にすると、こってり好きの俺でもかなり塩辛く感じました。
なので、俺やと脂を濃くするぐらいが丁度ええんかな。
あとで、めちゃくちゃ喉渇きましたので、塩辛いの駄目な方は、
普通で頼むのがいいでしょう。

住所:東京都大田区大森北1-29-6
電話:03-5493-8182
営業時間:11:30~16:30/17:30~24:00(日祝は11:30~23:00)
休日:月曜



東京に来たら、必ず食べなきゃと思っていたラーメンがあります。
昨年、東京に来たときも、雨の中、三田の本店に出向いたのだが、
なんと臨時休業・・・
失意の中、帰って行きました。
今回、泊まったホテル近くに「歌舞伎町店」があり、
初体験してきました。
東京のラーメン通なら、知らない人間は皆無でしょう。
「ラーメン二郎 新宿歌舞伎町店」です。

夜中12時過ぎに行ったにも関わらず、店内は満員・・・
5人ほどの客が待っています。
そんな中、ここは券売機制なんで、まずはその券売機を眺めて、
どれにするか選ぶ。
ん?やっぱりこの地なのか結構、本店よりも高い値段設定ですね。
普通で600円、チャーシュー入りで700円かあ~
まあ他のラーメン屋と比べると妥当な値段なんでしょうけど。
そんな中、普通チャーシュー入り(700円)を選択。
しばし、順番を待ちます。

jirou1.jpg

ここの醍醐味はなんと言っても、そのトッピングを自在に操る
ことができるとこ。

野菜(もやしとキャベツ)
醤油(これを増すと辛いスープに)
にんにく(生のにんにくのみじん切りが入ります)
脂(多めにするとぶよぶよの脂身がどっさりのります)

好みに応じて、トッピングしましょう。
俺はコテコテ大好きであるからして、
「野菜増し、脂多目のニンニク入り」にしました~

こいつがそのラーメン二郎の正体です♪
jirou2.jpg

やっとお目にかかりました~
普通盛りやのに、鉢がでかい~大盛りなんて食えそうもない多さ。
野菜(モヤシ、キャベツ)が真ん中にどーんと盛り上げられているが、
いや~脂いっぱいにのっていて、いかにも体に悪そうな感じ(^^;)

さーて、まずはスープから。
脂もニンニクもいっぱいレンゲにすくって、ずずっといただく。
ん・・・このスープ、味あんの?って感じ。
豚骨醤油であろうが、神戸出身の俺は、豚骨醤油は昔から、
「もっこす」「2国」のラーメン食ってきてます。
ニンニク入れたから、その味で駄目なのかなとも思ったが、
「2国」で刻みニンニク入りは何度も食っていますし、
あのスープは美味しいと思った。

ではチャーシュー、これまた、なんとも味気ない。
それに、チャーシュー麺にすると肉の枚数が少ない気が。

そして麺。
jirou3.jpg

極太である、ここまで太いラーメンの麺は初めてお目にかかるのではなかろうか。
細いうどん並の太さ。
麺は全くコシのないふにゃっとした感じなので、これに味気ないスープが
まとわりつく。
うーん・・・どうにも俺には合わないラーメンだ。

そしてこの麺の量が多かった。
いくら食べても、下から麺が出てくるって感じ。
この「ラーメン二郎」をラーメン屋やと思ったら駄目ですね。
これは大喰いの一角を担う、一種の食文化ですぞ。
俺はまあ、次食べることはないでしょうけど。

住所:東京都新宿区歌舞伎町1-19-3
電話:不明
営業時間:
平日  11:30~27:00
日・祝 11:30~22:00
休日:無休
メニュー:
普通 600円、チャーシュー 700円、チャーシューダブル 800円
大盛 700円、大盛チャーシュー 800円、大盛チャーシューダブル 900円



辛いの大好きな俺・・・
特に唐辛子の辛さは大好きである。
それゆえに四川料理の辛さは程よい辛さ。
横浜中華街で本場の四川料理を食べるのが目標で、
こんなランチが700円ともなれば、ここで絶対食べたいと思いました。

ライス・スープ・ザーサイ・杏仁豆腐が付き、ライスはおかわり自由です。
A. 本場の四川麻婆豆腐
B. 牛肉のオイスターソース炒め
C. 豚肉の醤油煮込み
D. ほうれん草の生姜風味和え

これは絶対に安いですよね(^^)
ちゅうわけで東京へ行く手前に寄りましたです。
「京華樓」です。

kyoukarou0.jpg

平日月曜に行ったからランチはあるもんだと思ってました。
しかしお盆期間中なのかやってないとのこと・・・
700円ランチが魅力的やっただけに残念。

普通に単品で麻婆豆腐を頼むと1700円でライスプラスするとかなり割高。
それに2,3人前はあるであろう量が多い。

kyoukarou1.jpg

なので、あまり興味がなかったのだが、もう一つのここの名物
「刀削麺」を食べることにした。
その豊富な種類の中からチョイスしたのは、辛いほうがよかったのと、
高菜大好き、牛バラ大好きなので、こいつに。
「酸菜牛肉刀削麺」 高菜入り牛バラ肉(800円)である。

出来上がりはこんな感じ。
kyoukarou2.jpg

まずはいかにも辛そうなスープよりいただく。
うん、この辛味は俺の大好きな味、飲めば飲むほど汗が吹き出てくるくらいの
辛さなのだが、非常にいい感じである。

また具材の牛バラ肉も非常に美味しい~

そしてこちらが独特な刀削麺。
kyoukarou3.jpg

刀でシャシャッと削って作っているので、見た目はかなりの太さの平麺。
こいつを食べてみるがどうにも麺が太すぎて、その辛いスープを
しっかり受け止めていないなって感じ。
刀で削っているがゆえ、太さがバラバラで湯がき方にムラがあるんですよね。
こういう太さの麺なら、きしめんなんかがそうやけど、
あれは均一に切られているからね~

あとこの麺は量が非常に多かった、かなりお腹が満腹になりましたです。
やっぱり辛い麻婆豆腐食べたかったな・・・
 
住所:横浜市中区山下町138
電話:045-211-2866 
営業時間:11:30~21:30L.O
定休日:無休