関西のあちこちで食べたラーメンの徒然記録


梅田での帰り道・・・帰る前に食いたくなるものといえば?
ラーメンですな~久しぶりにここのラーメンを食いたくなりました。
梅田、行列必至の店です、ここまで梅田で絶えず行列できてる店はないですね。
博多一風堂の梅田店です。

博多 一風堂 梅田店

メニュー。
博多 一風堂 梅田店

やはり、値段上がってるな~
白で750円、赤で850円は普通のラーメン値段としては割高。
この点、評価はマイナスですね。
あと辛いのと、高級志向のラーメンが追加されています。
この高級ブランド志向は、ラーメンにはいらんやろって俺は気に食わない。

店内の様子。
博多 一風堂 梅田店

相変わらず、活気があるええ雰囲気です。
そして、お茶も変わったんですね、「ルイボスティー」。
活性酸素を除去する働きを持ち、ノンカフェイン・ノンカロリー。
こういう細部にまでこだわりを持つのが「一風堂」のええとこです。

ここのラーメンは「白丸元味」(750円)のほうが好きなんですが、
今日は「赤丸かさね味」(850円)にしてみました。
博多 一風堂 梅田店

真ん中に数種類のスパイスと食材の旨みを凝縮した「旨み玉」があるのと、
黒い、焙煎を強めにして香ばしさを高めた香油が目立ちますね。
さて、スープをずずっと・・・背脂も多くてこってりしているのだが、
いろんな味が混ざり過ぎて、訳わからんスープになっている。
やはり、俺には白丸元味がええです。
チャーシューは相変わらず旨い!!

そして「一風堂」と言えば?
博多 一風堂 梅田店

そう、豊富なトッピング類ですね、これが嬉しい。
辛子高菜、もやしナムル、紅しょうが、にんにく、ゴマなど・・・
これを自在にトッピングできるのが楽しい。

麺は博多の極細ストレート麺。
博多 一風堂 梅田店

この麺はかためでお願いしました。
麺の出来は相変わらず素晴らしい~
ホント替玉(150円)をしようかと思ったのだが、
ダイエット中であったので止めました。
けどトッピング類が豊富でいろんな味が楽しめるから、
ここの替玉はやりたいところです。

赤丸かさね味は俺の口に合わないけれども、白丸元味は好きです。
値段が高級ブランド志向になっているのは気に食わないが、
やはりチェーン店としては、全体的によく出来たラーメン屋やと思っています。
白丸元味の記事はこちら!

住所:大阪市北区角田町6-7 角田町ビル1F
電話:06-6363-3777
営業時間:11:00~翌3:00
定休日:年中無休
中崎町で飲んでいて、最後にラーメンで〆ようかと思って、
思い浮かんだのがここ。
すっごくこってりな豚骨ラーメンが食える店。
旨い印象が以前に残っていたので、寄ってみました。
こってり久留米ラーメンの店「豚一」(とんいち)です。

豚一(大阪中崎町)

カウンターのみの店内。
豚一(大阪中崎町)

夜11時ということもあり、賑わっていました。
カップルが2組というのは、このこってりラーメンの店としては、
意外でしたけどね。
それだけこの店が有名店ということでしょう。

こちらがメニュー。
豚一(大阪中崎町)

値段的には、ごくごく普通。
以前から値上げしていないのも好感が持てます。
そして、麺も、白麺(極細ストレート)、博多ラーメンによくある麺、
黄麺(中細ストレート)、手打ちの熟成麺がチョイスできます。
やはり一番人気の豚一ラーメン(700円)にしました。
麺は博多極細麺好きな俺は白麺をチョイス。

出来上がり!
豚一(大阪中崎町)

見ても分かるとおり、こってり度は相当です。
そのスープから・・・出来がいいですね~さすがの旨さ。
あっさりなラーメン好きにはこのスープは飲めないでしょうが、
俺には丁度ええです。
また煮卵もめっちゃ旨い。

そしてチャーシューはそんなに量は入っていないけど、
これまたトロトロに煮込まれたタイプ。
この店主はホンマ煮込み方、天才なんやろなって思います。

麺はこんなの。
豚一(大阪中崎町)

前に黄麺で食べたことあったが、このスープには絶対こっち!
この極細麺がすっごく合っています。

ラーメンの旨さは抜群!
こってり好きならば、すっごく気に入ると思います。
但し・・・ここの雰囲気がね・・・
店主がその自分の腕にあぐらをかいていて、
客に食わせてやっているというような態度です。

営業時間がまちまちと書いている方もいますが、その通りです。
営業時間は夜12時までと書いているにも関わらず、
午後11時15分には「もうそろそろええですか」って言われました。
まあ、スープはなくなり次第終了ですから、
午後11時15分の段階で暖簾はたたんでもええですよ。
しかしまだ食い終わってすぐの客にね・・・

客応対という点で不満の残る店ですから、
そういうのを重視する人間は行かない方がええでしょう。
ラーメンは好みですが、俺は2度と行かないですね。

豚一(とんいち)
住所:大阪市北区中崎2-1-1
電話:06-6993-0391
営業時間:[月~金]11:30~13:30 18:00~24:00 [日祝]18:00~24:00
定休日:月曜日
↓お勧めリンク↓

★こってり豚骨の通販久留米ラーメン★

神戸の中央方面に出向くときに是が非でも訪れたかったラーメン屋。
こってり系の豚骨大好きな俺なので、ここの「こくまろラーメン」に
惹かれたのだ。
丁度、この方面に出向く機会ができたので、訪問。
湊川のちょっと東のほうにある「じゃんまるらーめん」である。

じゃんまるらーめん

店内の様子。
じゃんまるらーめん

この雰囲気は、阪神間にあるラーメン屋、
「夢屋台」に似てますね、同じデザイナーの設計なんやろか。

「夢屋台」の記事はこちら!

メニュー。
じゃんまるらーめん

メニューの感じも「夢屋台」と同じ、ここは同系列なんやろか?って思う。
あ、ラーメンは基本、こってり、あっさり、つけ麺の3種類である。
あっさりは普通の醤油らーめんでイマイチとの評判だったので、
こってり豚骨の「こくまろらーめん」(690円)にしました。

オーダした後に、ふっと壁を見ると・・・
じゃんまるらーめん

おおっ!麺大盛りは無料でできるではないか!!
慌てて、「麺大盛りにしてください」って訂正。
お腹すいてたもんな~(^^;)

出来上がり♪こくまろらーめん(690円)です。
じゃんまるらーめん

見た目は煮卵ものっており、すごく綺麗ですね。
このレイアウトは素晴らしい。
女性受けする感じです。

まずはスープより・・・
こってりというよりもまろやかって感じのスープです。
スープ単体の味は、出来がええな~って思います。
全く豚骨臭さのないスープなので俺には合わないですけど。

チャーシューも見た目はハムっぽい?って思ったが、
なかなかどうして、トロッした味わいが結構ええ感じ。

こちらが自家製麺。
じゃんまるらーめん

ストレートの細麺です、けど博多タイプとは全然違いますね。
この麺は俺の好みではないなあ・・・ちょっと大盛りにして後悔。
麺とスープとのマッチングがちぐはぐに感じられた。
こういう時はなにか、紅しょうが、ニラキムチなんぞの
トッピングで誤魔化すのだが、ここには胡椒しかない。
胡椒をかけてみたものの、味はあまり変化せずでした。

博多系豚骨好きな方には、ここのこってりラーメンは
合わないと思います。
関西風にアレンジされた豚骨が好きな方にはええのかな?
なんせ麺の好み次第ですね、大盛りも無料でできますし。
ラーメンの味の好みは千差万別だと俺は思っておりますので、
自由に自分で味を調節できる、トッピング類がないのも減点材料でした。

住所:兵庫県神戸市兵庫区西上橘通2-8-16
電話:078-578-5171
営業時間:11:00~15:00 17:30~翌1:00
定休日:水曜日
↓お勧めリンク↓

★この通販久留米ラーメンのこってりさも見事★


じゃんまるらーめん (ラーメン / 湊川公園、湊川、高速神戸)
★★★☆☆ 3.0


昔から神戸に住んでいた俺としては、小さいときから慣れ親しんだ味。
俺のラーメン食いまくりのグルメ旅としてはこの店が原点でしょう。
神戸ラーメンの代表格、「もっこす」。
その豚骨醤油味のスープが大好きで大好きで、
「天下一品」と並んで、生涯で一番食ってるラーメンです。
あちこちでいろんなラーメン食いまくる俺ではありますが、
ここだけはずっとリピートして食っております。
もっこすの武庫川店にお邪魔しました。

中華そば もっこす

店内。
中華そば もっこす

どこのもっこすもこの雰囲気ですよね~
やっぱラーメン食うにはこの雰囲気でなくっちゃ。

麺のメニュー。
中華そば もっこす

ちょっと値段あがってるよな~
基本で中華そば(680円)のネギ多目にする。
ここはネギ多くしようと、サービスで無料なんですよ。

俺の中華そば(680円)、ネギ多目です。
中華そば もっこす

すっごくボリュームあるでしょ?
さすがはもっこすやわ~ええ感じ。
サービスのネギもたっぷりのってるしな~

スープにネギをいっぱいれんげにすくって一口。
本店とかよりもここのスープは結構あっさりめですね。
芦屋店とかはスープの味も変化できたから、
もうちょいこってりさせて欲しいところ。
しかし、ネギとこのスープは相性抜群!!!
めっちゃ美味しい。

チャーシューも勿論、この値段で5,6枚入っております。
中華そば もっこす

このペラペラチャーシューも、昔ながらの味わいで好きです。

唯一、俺はもっこすで気に食わないのは・・・
中華そば もっこす

この麺なんですよね~
ちょっと粉っぽい感じがして、スープと合ってない感じ。
どこの店のを食べてもそう思います。

なので、これ!
中華そば もっこす

ニラキムチと麺を絡めて食べると美味しいんよね~
そして、今回のニラはあまり辛く漬けられていなくって、
なかなかよかったです。
店によっては、唐辛子ばっかりのとこもありますからな。

最後にたくあんを、口直しに3個ほどつまんでおあいそ。
もっこすはやはりスープを無性に飲みたくなりますね。
半年に1回は今後も食べ続けるでしょう。

住所:西宮市小曽根町3-1-31
電話:0798-43-8778
営業時間:11:00~24:00
定休日:無休

中華そば もっこす 武庫川店 (ラーメン / 鳴尾、甲子園、武庫川)
★★★★ 4.0

関西の味噌ラーメンが旨い店ってことで、
阪神間でええ店はないかと探したところ、
ラーメン通の中で、評判のお店が鳴尾にあった。
個人経営のこじんまりしたお店なのだが、結構濃厚な味噌で旨いとのこと。
北海道有名「すみれ」のような濃い~味噌はあんまり好きではない俺。
あそこのは油っぽい濃さを感じるからね~
ここのはどうやろっと寄ってみました、「浜っ子」です。
札幌ラーメンのお店です。

サッポロラーメン 浜っこ

いかにも、街のラーメン屋さんの風情。

店頭のサンプル。
サッポロラーメン 浜っこ

サッポロのラーメンのお店ってメニュー。
どんな味やろってうきうきしてきます(^^)

店内のようす。
サッポロラーメン 浜っこ

カウンターとテーブル1つなんで、ご主人と奥さんだけで、
やられるにはちょうどええ大きさですね。

こちらがメニュー。
サッポロラーメン 浜っこ

どこも値上げで、500円台のラーメンも少なくなってきましたが、
ここは基本550円で良心的です。
勿論、味噌ラーメン(550円)にしました。

これが味噌ラーメン(550円)です。
サッポロラーメン 浜っこ

550円にしては結構、量が多いですね~
そして、めっちゃスープが濃いそう(^^;)
トッピングはもやしや、ミンチ肉、なかなか独特です。
そのスープを一口・・・
これはめっちゃ赤味噌濃い~!!
純粋な味噌ラーメンです。
これは好き嫌い分かれるでしょうね。
俺はこういうまろやかさのない味噌ラーメンはイマイチです。

麺は札幌ラーメンには珍しく細めの麺です。
サッポロラーメン 浜っこ

かなりスープが濃いんで、麺にもよく絡んできます。

名古屋の味噌煮込みうどんなんぞが好きな人にははまるでしょう。
こってり味噌が好きな方にはお薦めできるラーメンですね。
また逆に、俺のように、あっさり豚骨好きな方には、
お薦めできるラーメンではないです。

住所:西宮市上田西町1-15
電話:0798-41-0534
営業時間:11:00~14:00/17:00~19:00
定休日:月曜

浜っこラーメン (ラーメン / 東鳴尾、洲先、鳴尾)
★★★☆☆ 3.0