関西のあちこちで食べたラーメンの徒然記録


北新地の高級広東料理「避風塘みやざわ」が、
手軽にラーメンを楽しめる店として、ラーメン屋を出しているのは知っていた。
ただ、なかなか北新地で飲む機会もなくって、行けていなかったお店。
ようやく機会が訪れました、「麺みやざわ」である。

麺みやざわ

お店はカウンターだけの店内なので、10人ちょっとも入ればいっぱいか。
時間も飲んで〆にラーメン食べて帰るのにちょうどいい時間やったので、
なんとか詰めて、座らせてもらいました。

メニュー。
麺みやざわ

「避風塘みやざわ」の上湯チャーシューラーメンが一番のメインだが、
さすがに2000円のラーメンには、俺は手が出ない。
ということで、同行者と「醤油」と「塩」の味で普通のラーメンを注文しました。
普通でも各700円なので、やはり新地価格ですね。

まず、こちらは塩ラーメン(700円)。
麺みやざわ
すっごく、スープが透き通っていますよね、そしてシンプル。
そのスープより・・・
おーっ!!このなんの交じりっ気のないスープが、
酒飲んだあとの胃にすごく優しいです。
化学調味料なんて一切使っていない感じ。
ただ、かなりあっさりしてるので、少々物足りない感はあります。

醤油ラーメン(700円)。
麺みやざわ

こちらもまた醤油色はついてはいるものの、透き通っていますね。
このスープも・・・うん!塩味と同じ印象です。
ただ、こっちのほうが醤油のコクがあるんで、俺はこっちが好みだな~
あ、あと醤油、塩、両方ともチャーシューは昔ながらの
夜鳴きそばのチャーシューって感じでこの味わいも、
このあっさりラーメンにはぴったりきます。

麺は両方とも一緒。
麺みやざわ

中細の縮れ麺。
このあっさりスープには、縮れ麺にして正解ですね。
細いながらもしっかりとコシを感じられる麺は、
すっと胃の中に飲み込まれていきます。

いやー素晴らしい♪
あっさり系のラーメンの最高峰といえる味です。
いかにも北新地の飲みの最後で〆るラーメンである。
ただ、これを一食で考えると、少々物足りないかな。

住所:大阪市北区堂島1-4-8 広ビルB1F
電話:06-6454-0778
営業時間:19:00~翌4:00(L.O)
定休日:日曜・祝日
↓お勧めリンク↓

あっさりマイルドな醤油とんこつと言えば和歌山ラーメン「まる豊」


麺みやざわ (ラーメン / 北新地、西梅田)
★★★★ 3.5


ちょっと変わったラーメンが食いたい気分・・・
普段、博多豚骨系が好きでよく食ってるし、
醤油、味噌、塩もなあ~って思ってると、ここのちゃんぽんを思い出した。
ちゃんぽんってあまり好きではないラーメンの部類なのだが、
ここのはにんにくを効かせてあって、「長崎のんとはちゃう」と、
そういう売り文句であったから、試してみることにした。
JR寺田町駅から西に歩いて5分くらい、寺田町交差点の近くにあります、
「ちゃんぽんにんにくパワー」の寺田町店です。

ちゃんぽんにんにくパワー

店の中の様子。
ちゃんぽんにんにくパワー

カウンターのみの店内であるが、休日の夜、結構繁盛しています。
絶えず、お客が出入りしている感じ。

メニュー。
ちゃんぽんにんにくパワー

麺類の味はちゃんぽんのみで大950円(2玉)、中800円(1玉)、小700円(半玉)。
各々麺の多さで値段に差がつけられている。
後はサイドメニューでぎょうざ、キムチがあり、ここには載っていませんが、
チャーシューを使った「へた丼」もありました。

今回あちこちで飲んで食べてきた後だったので、
小700円(半玉)をオーダー。

スープはあらかじめ作られておらず、
中華鍋で野菜を炒めて、いろんな調味料を配合しつつ、
その都度作っています。
なので若干完成まで、普通のラーメン屋より時間がかかります。

出来上がり!
ちゃんぽんにんにくパワー

小やけど、麺が少ないだけで、かなりでっかい器です。
まずは、スープを一口・・・
うん、さすが店名にしてるだけあって、そのにんにく風味はかなりのもん。
にんにく好きの俺なので、この味はええ感じなのだが・・・
ただ、炒められた野菜の油分が結構くどい味に仕上がっている。
俺にはかなり油っぽ過ぎるのだ。
あと、キャベツ、もやし、人参などの野菜がふんだんに使われており、
これも少し食べるには量が多すぎる。

麺はこんな感じ。
ちゃんぽんにんにくパワー

中細の縮れ中華麺。
これはスープをええ感じで絡んでくれて、美味しい。
あとにんにくが足りなければ、卓上におろしにんにくも置かれているので、
次の日を気にしなければ、どばっと大量投入もいい味になります。

この油分の多い、くどいスープはいつもはどこのラーメンスープも、
完全に飲み干す俺が、全然飲めませんでした。
(天下一品のこってりをいつも飲み干す俺がです)
完全に、好き嫌いの好みが分かれるラーメンでしょうね。
俺はもともと「ちゃんぽん」は好みではないので、この評価です。
値段もそんな安くないですし、よっぽどその人間の好みに合わなければ、
リピーターはつかないでしょう。

住所:大阪市天王寺区大道2-5-5
電話:06-4305-2299
営業時間 11:30~15:00 18:00~26:00(L.O.25:30)
定休日:火曜日
↓お勧めリンク↓

★あっさり海鮮具沢山のちゃんぽんの購入はこちらで★


ちゃんぽんにんにくパワー 寺田町店 (中華麺(その他) / 寺田町)
★★★☆☆ 2.5


阪神間地域では、あちこちに支店がある、かなりの人気店ですね。
基本のお味はあっさりとんこつなんだとか・・・
豚骨ラーメンは大好きな俺なんだが、なぜ、この店を今まで訪問しなかったのか?
博多系豚骨ラーメン好きの方たちの中では、不評だったんですよ。
しかし今回、丁度、車で店の前を通り、一度試してみようと思いました。
「ラーメン工房 あ」の塚口店です。

ラーメン工房 あ

店内の様子。
ラーメン工房 あ

落ち着いた、いかにもラーメン屋さんって雰囲気。
女性でも入りやすいと思います。

こちらがメニュー。
ラーメン工房 あ

基本、味はあっさり豚骨、味噌、背脂豚骨の3種類のようである。
チャーシュー麺がかなり値段高くなるのは、
それだけ自信のあるチャーシューなんだろうか?
今回、ちょっと脂分を欲していたので、背脂とんこつ(780円)にしました。

このお店のラーメンへのこだわりです。
ラーメン工房 あ

やはり、これを見ると、チャーシューにかなり力を入れていると、感じます。

これが背脂とんこつラーメン(780円)です。
ラーメン工房 あ

見た目、唐辛子がふりかけられており、辛そうです。
まずはスープをずずっといくが、その辛味はあまり感じられません。
背脂がいっぱいのっているが、そのこってりさがよく分かるスープです。
けど、かなりまろやかですね、純粋博多とんこつが好きな俺には、
このスープは合わないかな。

しかし!!チャーシューは旨い!
秘伝のタレが香ばしくって、豚バラ肉の素材のよさをうまく引き出している。
これは、まさに好みの味である。

麺は少し細めのストレート卵麺。
ラーメン工房 あ

このスープには、この麺が合うでしょうね。
つるっとした喉越しはいい感じやけど、ただ上品過ぎると思います。

全体的な出来はよくまとまっているなって印象。
ただ、スープと麺は俺の好みではなかったです。
まったく、パンチを感じませんでした。
あとラーメンの鉢が独特で、器の底に凹みがありした。
スープを鉢からずずっといかなくても、飲み干せる工夫なんでしょうな。
こういう点からも、女性向けのラーメンだなって印象を受けました。

住所:尼崎市御園3丁目14番1-104
電話:06-6491-0932
営業時間:平日11:00~翌1:00(LO 30分前) 日祝11:00~0:00(LO 30分前)
定休日:無休

ラーメン工房 あ 塚口店 (ラーメン / 塚口)
★★★☆☆ 3.0


高級カップ麺というのは、ラーメン好きな俺であるが、
あんまり買わないジャンルである。
なぜならば、その値段に見合うだけの美味しさが感じられないからだ。
それならば、100円レベルのカップ麺でも、
250円超えるカップ麺でも、美味しさには変わりはないと思うのである。

そんな中、ラーメンは食いたいが店に行くには時間がない時があった。
ちょうど和歌山から帰ってきて、無性に和歌山ラーメンを食いたかった時に、
このラーメンがスーパーで目に付いた。
日清が出している、「行列のできる店のラーメン」シリーズ、
「和歌山 特濃トロ豚骨しょうゆ」である。

和歌山 特濃トロ豚骨しょうゆ

280円という値段であったが、思わず衝動買いしてしまった。
和歌山のこってり系というと「井出商店」を思い出しますね。

井出商店の記事はこちら!

井出商店のラーメンはあまりコクが感じられないので、
好きではない部類である。
果たしてこのラーメンはどうであろうか。

早速、家に帰って作ってみる。
和歌山 特濃トロ豚骨しょうゆ

見た目、すっごくドロドロしたスープですね。
さすがに「特濃」を謳うだけはあります。
そのスープをずずっと・・・
うんかなり脂っこい、そしてしょっぱみもかなりあります。
化学調味料たっぷりで味を調えたってスープである。

少し中太のノンフライ麺。
和歌山 特濃トロ豚骨しょうゆ

縮れているので、うまいことスープを絡んでくれます。
ただ、やっぱりインスタント麺やってのがよく分かる味。

この値段出すなら、500円台で結構うまいラーメン屋もありますから、
あと倍だしても、そういう店で食べたほうが絶対ええです。
例としては尼崎では「博多駅」がそうですね。

また同じ値段ならば、幸楽苑が食えます。
絶対こっちのほうがええな。
「幸楽苑」の記事はこちら!

これでは280円で店頭で出しても、行列はできないだろうな~