関西のあちこちで食べたラーメンの徒然記録


今日は博多系の豚骨ラーメンが食いたい気分・・・
すると、「つかしん」に北九州ラーメンのお店があるではないか。
素材は全て、九州から取り寄せているのだとか。
この近辺ならば、旨いと分かっている、「博多駅」という手もあるが、
ここのラーメンも1度試してみましょう。
北九州ラーメンの「一龍」である。

北九州ラーメン 一龍

「つかしん」は駐車場が2時間無料なのが、
ちょっとぶらつきに来るにもええ施設です。

店内のようす。
北九州ラーメン 一龍

お昼11時半ぐらいやったのに、閑散としてる・・・
近くのバイキングのお店とかは大盛況やねんけどね。
まあこんなとこのラーメン屋は平日のお昼には、
なかなか流行らないかもしれんね。

こちらがメニュー。
北九州ラーメン 一龍

基本が600円やからまあまあの値段。
あと替玉が130円でできるのは、博多系ならでは。
あとプラス200円でミニチャーハンとのセットもできます。
替玉にするつもりやったんで、基本、とんこつラーメン並(600円)にしました。

出来上がり!
北九州ラーメン 一龍

あっ・・・麺かためでお願いするの忘れた・・・
この白濁した色合い・・・やっぱり博多系ラーメンはこうでなくっちゃね。
そのスープを飲んでみる、あっさりしていて、全く獣臭さのないスープ。
もっと豚骨臭さが滲みでているスープ好きな俺にはこれは物足りない。

チャーシューアップ!
北九州ラーメン 一龍

これも味付け、煮込まれ方が中途半端かな~

麺は極細ストレート麺・・・
北九州ラーメン 一龍

かなっと思ったのだが、若干、他の博多ラーメンより太め。
そして黄色味がかっている。
もっと細いぱさっとした感のある麺がこういうスープには合ってるの思うので、
これもイマイチ合ってないかな~

で卓上にはこんなのが。
北九州ラーメン 一龍

自家製辛子高菜が置いていました。
これ大好きなんですよね~♪大量にのっけてみる。
これが辛い!!!かなり辛い、大量に入れると全然違う味になってしまいました。
よく唐辛子で漬けられている辛子高菜ですね。
麺との相性は結構よかったです。

味わい的には本格的な博多ラーメンではありません。
スープがマイルドなのんと、麺も違うし、九州ラーメンを期待したら駄目ですね。
あとなぜ、「紅生姜」置かないかな~
紅生姜と辛子高菜で味わい変えて、替玉をしようと思ったがやめました。
やはり、この地区では、「博多駅」で食べるのが一番ですね。

尼崎「博多駅」の記事はこちら!

住所:兵庫県尼崎市塚口本町4-8-1 つかしん西まち1F
電話:06-6420-3876
営業時間:11:00~21:30
定休日:無休

北九州ラーメン一龍 (ラーメン / 稲野、猪名寺、塚口)
★★☆☆☆ 2.5


大正11年創業、北海道ラーメンの元祖と言われるお店が、
なんと神戸、灘の国道2号線沿いにあるのだ。
以前にはこの近辺に住んでいたことがあったが、全く知らなかった。
その北海道ラーメンを堪能しに、この地に向かった。
「竹家ラーメン」である。

竹家ラーメン

店内のようす。
竹家ラーメン

コの字のカウンターのみなので、お昼のランチ時などは、
非常に混んでいます。

こちらがメニュー。
竹家ラーメン

ちょっと撮りづらい位置だったので、ピンボケ。
醤油と味噌の2種類に、後はチャーハンというシンプルな構成。
その値段もなかなか安い。

こちらがチャーハンとセットの定食。
竹家ラーメン

小ヤキメシとあるが、その量は普通ですよ。
他の店の、半チャーハンよりも相当量があります。
普通にヤキメシを頼むと、大盛りやと思ったほうがええです。

醤油か味噌か迷ったが、最近、味噌を食べてなかったので、
みそラーメン(600円)を注文。
夕方から、飲みに行く予定やったんで、
ヤキメシはお腹いっぱいになりそうでやめました。

出来上がり~♪
竹家ラーメン

見た目、豚骨っぽいスープの色合いですが、
ここは白味噌を使っているんですね。
まずはそのスープから・・・
うーん、飲んだ第一印象は、味噌汁飲んでるみたい(^^;)
ラーメンのスープとしてはコクがないんですよ。
もうちょい、豚骨あたりを混ぜて、コクがあったらなと思います。
あっさりし過ぎなんですね。
なので、大量に七味を入れて、辛く味付けしました。

チャーシューは2枚入っていました。
竹家ラーメン

この味わいも極々普通のチャーシューですね。
街中のラーメン屋さんのチャーシューって感じです。

麺は中太の縮れ麺。
竹家ラーメン

うまいことあっさり味噌汁のようなスープを絡んでくれるので、
これはこれで、ええ感じです。

味噌ラーメンとしての出来は、純粋な混じり気のない味噌を、
欲している方には合うんではなかろうか。
ただ、脇で見ていると、ほとんどの方がヤキメシとのセットを頼んでいたが、
このヤキメシは見た目、味が濃ゆそうで美味しそう(^^)
次回は、ボリュームたっぷりな、このヤキメシ単品で頼もうかな。

住所:兵庫県神戸市灘区下河原通3-1-10
電話:078-881-9514
営業時間:11:30~22:00
定休日:日曜、第2月曜
↓お勧めリンク↓

★北海道味噌といえば西山ラーメン★


竹家ラーメン (ラーメン / 大石、新在家、六甲道)
★★★☆☆ 3.0


大阪の南方面、住之江公園の近くに気になるラーメン屋があった。
昔ながらの昭和の香りがするカウンターのみの店の風貌、
そして、大好物の濃厚豚骨醤油っぽい色合いのスープと、
卓上のピリ辛ニラがまさに好みであったからだ。
丁度、その近辺に行く機会があり、お昼時に訪問。
天天ノ有(てんてんゆう)にやって来ました。

天天ノ有

お昼、13時半前に到着したのだが、店内は満杯。
天天ノ有

少し、後ろで待っていますと、13時半で終了だからと、
食べ終わってゆったりしてる方に店員さんが声をかけてました。
その後すぐ、表の札は「営業中」→「支度中」に・・・
いちお、昼の営業時間は14時までですが、
13時半でオーダーストップですからご注意を!
ぎりぎり間に合ってよかった~

こちらがメニュー。
天天ノ有

いかにもラーメン専門店らしいですね。
ラーメンに、餃子にライスというシンプルさ。
あ、おにぎりもありますけどね。
ラーメン大盛りにしても50円アップだけ、それも600円なので、
ラーメン大(600円)を注文しました。

出来上がり!
天天ノ有

並盛の鉢は少し小ぶりですが、こちら大盛りは普通の鉢に、
たっぷりとスープを張っております。
豚骨醤油だと思ったが、鶏ガラ風味も感じられる。
すごくコクのあるスープで出来がええですね~
食べた後、ニンニク風味も結構口の中に残っておりました。

チャーシューは4枚ものっているので、この値段では豪華ですね。
天天ノ有

ただ、ちっとパサパサ感のある、昔ながらの屋台風チャーシュー。
今はチャーシューにこだわりもって、すごく旨い、
トロトロチャーシューを出してる店も多く、
そういう味に食べ慣れているので、この味わいはイマイチ。

麺はストレート、中の太さの麺。
天天ノ有

これがめっちゃ柔かった・・・
ふにゃふにゃ・・・大盛りにしたのが後悔・・・

そして・・・
天天ノ有

卓上のトッピングが嬉しいですね~
ピリ辛ニラ、唐子味噌で辛い味付けに変化できます。
俺はこのニラを絡めつつ、麺をすするのが好きなので、
神戸「もっこす」のラーメンなんて大好きです。
神戸らーめん「もっこす」の記事はこちら!

昔ながらの味の伝統を頑なに守っている店って印象。
完成度は非常に高いです。
麺が柔くて、若干、好みじゃないってところもありますが、
550円って安さもええし、近くにあったら通ってるやろなって思います。

天天,有(てんてんゆう)
住所:大阪市住之江区南加賀屋4-4-22
電話:06-6682-0327
営業時間:11:30~14:00 18:00~22:30
定休日:月曜、第3日曜
↓お勧めリンク↓

★ここ天天有、京都店のラーメンは通販で買えます★


天天ノ有 (ラーメン / 住之江公園)
★★★★ 4.0


西宮の丁度、国道2号線と国道171号線との交差点を、
ちょっと北へ行くと、すぐにJRの高架下をくぐることになります。
このJR高架の北東の位置に気になるラーメン屋があった。
狭いながらも、結構賑わってる。
どういう系統のラーメンか分からないがちょっと寄ってみた。
「らー麺どん」である。

らー麺専門店どん

店内はカウンターのみで10席程度なんで、
夏場とかは、外にテーブルを出して営業しているみたいですね。

その店内。
らー麺専門店どん

椅子の間が狭いので、隣の客とかなり肩がぶつかりました。
なので、そういうのが嫌な方は避けたほうがええですね。

こちらがメニュー。
らー麺専門店どん

基本、ラーメンが650円なんで、ごくごく並な値段ですね。
名物は「ゆず胡椒おろしラーメン」(790円)のようである。
店頭でもこのでかい看板を大きくあげています。

ランチのメニュー。
らー麺専門店どん

平日限定の定食があったので、気になったのが、
「まかない丼」がつくBランチ(850円)。
なので、これをチョイスすることにする。
ラーメンは味の濃さを「あっさり」「普通」「こってり」がチョイスできるので、
「こってり」にしました。

まずは「まかない丼」が出てきました。
らー麺専門店どん

これはミニか?って思うほど、ちっさい・・・
かなり量が少ないんですよ。
定食ランチのセットやから小さいのかと思って、
普通にまかない丼を頼んでる方の量も見ましたが同じでした。

ご飯の上に薄く切ったチャーシューの切れ端が盛り付けられていますが、
このチャーシューはのせる前に、炙られていたので、結構ええ風味です。
マヨネーズも自分でトッピングできましたが、
これだけでも甘辛いタレの味がご飯に染み込んでいて、美味しかったです。

こちらがこってりラーメン。
らー麺専門店どん

おっ!なかなか他では見ない個性的なラーメンですね。
少し黄色味がかかった、白濁色。
これは豚骨ほどほどでなんか加えてるのかな?ってのが最初の印象でした。
では、そのスープを・・・
これは豚骨ではないですね。鶏のエキスたっぷりのスープです。
ただ、天下一品のこってりとは違って、和の風味、魚介系を感じます。
こってりにしたので、鶏のエキスがトロトロに味わえます。
またチャーシューもまかない丼と一緒で、これまたトロトロで旨い。

麺は中くらいのストレート麺。
らー麺専門店どん

もちっとした感触で、このスープによく合わせた麺やと思います。
ただ、俺としてはちょっとやわい感じ。

カウンター卓上にはトッピング類が置いています。
らー麺専門店どん

紅しょうが、胡麻、おろしにんにく、こがし油です。
ちょっと入れてみて、味を変えてみましょう。

らー麺専門店どん

紅しょうがを入れたのはかなり失敗でした・・・
やはりこういう、こってり鶏コラーゲンタイプスープは、紅しょうがは合いません。

最後、麺を食べてスープを飲み干そうかなと思ったが、
めっちゃ塩辛い・・・
このスープは飲み干せませんね~

個性のあるええラーメンやと思います。
店主はよく研究されているみたいですね。
あと、柚子胡椒おろしラーメンがおすすめらしいので、
それを食べてみないとですね。
非常に好みが分かれるラーメンやと思うので、
病み付きになる人間も多いのではないでしょうか。

住所:兵庫県西宮市江上町7-3 カドヤビル1F
電話:0798-26-9024
営業時間:11:00~15:00 18:00~翌0:30
定休日:水曜日

らー麺専門店どん (ラーメン / 西宮、さくら夙川、香櫨園)
★★★☆☆ 3.5


ラーメン好きやのに、あまりカップ麺は買わない俺・・・
どれ食べても美味しいとは思わないんですよ。
しかし、今回、ココ壱のカレー屋の前で、
いいカレーの匂いを嗅いでしまった(^^;)
こうなっちゃうと、絶対口がカレー食べたい!ってなっちゃうんですね。
そして「セブンイレブン」で買い物してると・・・

欧風ブラックカレーヌードル

おっ!日清のカップヌードルにこんなのでてるんや。
後で調べてみると、セブン&アイ・ホールディングス傘下のみで、
売られてる商品みたいですね。
口もカレーを欲してるし、試しに買ってみることにしました。
「欧風ブラックカレーヌードル」(168円)です。

値段は日清カップヌードルとしては若干高め?かな。
見た目はちょっとゴージャスに見えますね。

デミグラス風味の上品な味わいに、24種類のスパイスを加え、
コクのあるブラックカレー味のスープに仕上げており、
牛肉、モッツァレラチーズなど、ボリューム感たっぷりの具材を加えている。
カロリーは404kcal。

欧風ブラックカレーヌードル

このカレースープより味わってみるが、
どうも普通のカレーヌードルと大差ない感じ。
コクは確かに感じられるんやけど、それがうまいこと旨みにはなってない。

麺は、スープがよく絡む幅広のフライ麺ってことだが、
これまた、あまり普通のカップヌードル麺との違いがよく分からない。
途中で食べていて、飽きが来ました。

やはりカップ麺ってのは美味しく食べるもんではなく、
非常食として置いておくべきもんだなとつくづく実感です。

博多滞在の最終日・・・
うまいラーメンをやはり最後に食って〆たいと思っていました。
ホテルでちょっと休憩をとった後、繁華街中州へ向かいます。
しかし、また博多駅前からちっと迷いましたね~何度歩いても慣れない。
けど、ようやく辿り着きました、博多やのに塩ラーメンが有名。
博多豚骨のお店は2店行ったので、評判高いその塩を食いに、
「博多汐や 海舟」にやってきました。。

博多汐や 海舟

この中州界隈は夜中1時を過ぎているにも関わらず大賑わい。
この賑わい方は神戸三宮以上ではないでしょうか。
そしてこの店もお酒を飲んだ後って方々でうるさいくらいでした。

店内の様子。
博多汐や 海舟

カウンターに奥にテーブルがある構成。
すっきりシンプルで清潔な店内で好感持てます。

こちらがメニュー。
博多汐や 海舟

ラーメンの味は、「塩」「醤油」「坦々麺」の3種類。
そして麺も「縮れ玉子麺」と「博多ストレート麺」から選べます。

メニュー裏側。
博多汐や 海舟

副食類、ドリンクのメニューです。
餃子も結構お薦めみたいですな。

選んだのは勿論「汐らうめん」(650円)。
博多汐や 海舟

見た目むっちゃ透明ですね~
ここまで純粋な塩やとは思わなかった。
ちょっとは豚骨交じりの塩ラーメンやと思っていました。
そういう塩ではここのラーメンは俺の口に合ってますので、
純粋塩はあんまり好きではない俺には残念。
あらうま堂「たまゆラーメン」の記事はこちら!

そのスープより・・・
見た目そのまんま通りの感想。
すっきりしてるというより、俺にはすっきりし過ぎてる印象。
ちょっとこってりめの博多豚骨が好きな俺には、
これは物足りない。

チャーシューは1枚ものの、大きなのが入っているが、
この塩にはこのチャーシューだろう。
しかし俺にはあっさりし過ぎている。

麺は博多極細ストレート麺をチョイス。
博多汐や 海舟

店内は暗いので、この店、うまいこと携帯カメラでは、
ピントが合いにくいです。
この麺もすっきりとお腹の中に入っていきます。

餃子はサイトのクーポンで無料で食べることができました。
博多汐や 海舟

これは本来420円しますから、この無料は太っ腹ですね~
大きさは大阪の一口餃子と似ていて、10個お皿の上に乗っています。
味は神戸餃子を食べ慣れている俺にはイマイチ。
この餃子も非常にあっさりしてるんですよ。
味噌ダレにつけてこってり食べる餃子が好きな俺なのでこの評価です。
しかしサービスもんですからね、文句ないです(^^)

あとラーメンはあっさりし過ぎてたのでこれ!
博多汐や 海舟

辛子高菜が卓上に置いていたので、どっさり入れました。
この高菜は美味しいですね~
ホント大量に入れさせていただき楽しみました。

塩ラーメンの印象としては、函館の「あじさい」と似た印象があります。
函館「あじさい」の記事はこちら!

俺にはあっさりし過ぎですが、これは人の好みですから、
あっさり好きならば、この混じり気のないラーメンはいいんじゃないでしょうか。
あと、お店の方の対応がすっごくよかったので、
気持ちよく店を出ることができました。
あっさり好きならば、強烈にプッシュできるお店です。

住所:福岡県福岡市博多区中洲2-1-11 プレイスポット新橋ビル1F
電話:092-282-3637
営業時間:11:30~15:00 20:00~翌6:00
定休日:日曜日
↓お勧めリンク↓

★塩ラーメンの代表格はこの「あじさい」食べてみてください★


博多汐や 海舟 (ラーメン / 中洲川端、祗園)
★★★☆☆ 3.5