関西のあちこちで食べたラーメンの徒然記録


上新庄あたりをぶらついていて、ふっとラーメンが食いたくなった。
上新庄を代表するラーメンと言えば「天神旗」ですね~
「天神旗」の記事はこちら!

大好きな本格博多らーめんなので、こちらで食べようかとも思ったのだが、
ここは敢えて、新規開拓!!
そういえば、北海道らーめんで美味しいと言われている店も、
確か、関西スーパー近くにあったよなと思い出した。
そちらに寄っていくことに決めました北海道ラーメン 「とっかりⅡ」です。

北海道ラーメン とっかりⅡ

見た目は、場末のラーメン屋風情・・・
うーん、ある程度、評判を聞いていなければ、ふっとは入らない店ですね。
で、旭川の文字もあったので、北海道でもそちらの地区のラーメンです。

店内の様子。
北海道ラーメン とっかりⅡ

カウンターのみの店内です。
メニューもいたってシンプル。
味は、醤油、塩、味噌の3種類。
最初、味噌ラーメンにしようかとも思ったのだが、値段900円ってのを見てやめた。
他の醤油、塩が680円なのに、なんでこんな馬鹿高いの?
それからあと、本格キムチってのも400円ってな値段。
後から来た人が頼んでいたが、いたって普通のボリューム・・・
果たしてどんなに旨いんだろ???

塩が評判のお店であるが、北海道のあっさり塩のイメージがあるので避ける。
「あじさい」の記事はこちら!

となると選択肢は「醤油」(680円)しかないですね(^^;)

こちらが出来上がり!
北海道ラーメン とっかりⅡ

見た目、ちょっとびっくりしましたね~
もっとあっさり系の薄いのかと思っていました。
しかし出来てきたのは、いかにも醤油濃そうな色合い・・・
まず、そのスープより・・・
もっと鶏ガラ風味かと思えば違う、Wスープです。
結構魚介の風味が濃い~ですね、じゃこと昆布かな?
醤油の濃い~このラーメンには合っています。

そして、旨いと思ったのはメンマ!
極太のメンマなのだが、これは自家製?すっごく濃厚で、
こんな旨いメンマ食ったの初めてかも?って衝撃です。

チャーシューはこんな感じ。
北海道ラーメン とっかりⅡ

脂身が少ないタイプでパサっとしているが、
このタイプのラーメンにはこれだろう、合っています。

そして麺。
北海道ラーメン とっかりⅡ

これでもか!っていうくらいに縮れています。
旨いこと濃い醤油スープを絡んでくれますね~
しかし、ちょっと量が少なかったな。

この醤油はまあ合格点ではなかろうか。
よく出来ていると思いますよ。
ただ、博多豚骨好きの自分なんで、
何回もリピートして食べたいとは思わないかな。
やはり評判の塩を食べてみないとよく分かりませんね。

住所:大阪市東淀川区瑞光2-2-21
電話:06-6324-8182
営業時間:1:00~14:30 17:30~24:00
定休日:水曜日
駐車場:無
↓お勧めリンク↓

★これそこってり豚骨の久留米派、大砲ラーメン★


北海道ラーメン とっかり II (ラーメン / 上新庄、相川)
★★★☆☆ 3.0


大阪吹田に、本格的な旨い長浜ラーメンを出す店があるとのこと。
ラーメンの中でも、博多豚骨系は大好物なので、
是非ともこの店には行ってみたいと思っていた。
近くを所用で通りがかることがあり、お腹は結構満腹であったのだが、
この機会を逃すといつ食べることができるかと思い、
訪問してみました、九州長浜ラーメン「南州屋」です。

九州長浜ラーメン南州屋(大阪吹田)

九州博多らしい店がまえがええですね~(^^)

店内に入ると・・・
九州長浜ラーメン南州屋(大阪吹田)

ぐるりコの字のカウンターのみです。
いかにもローカル経営のその趣きが、あ、やはりここ美味しそうって、
直感がピン!と働くお店ですね。

ラーメン以外には餃子など数品のつまみメニューかな。
九州長浜ラーメン南州屋(大阪吹田)

味はなんも書いていないが、勿論、博多豚骨のみ。
650円だから関西ではまあまあのお値段設定。
またセットがいくつかあったが、こちらがお得そうだ。

夜遅めやったんで、普通のラーメン(650円)のみを注文。
九州長浜ラーメン南州屋(大阪吹田)

結構、大きめのチャーシュー2枚が目立ちます。
長浜系であるから、豚骨臭さのない、すっきりしたスープです。
そのスープから味わってみる。
お!もっと水っぽいあっさりかなとも思ったのだが、
これからなかなかしっかりした味わいなのだ。
素晴らしい出来である。
本場博多でちょうど同じ時期、長浜ラーメンを何軒か食べたが、
ここのスープの方が出来がいいように思う。

チャーシューもトロトロではないが、柔らかくて、
ええ具合にこんがり焼かれていて、これまた美味。

麺は勿論、極細麺。
九州長浜ラーメン南州屋(大阪吹田)

今回、かためでお願いするのを忘れたが、まったく柔さは感じられず、
ちょうどええ感じです。

そして大好きなトッピング!
九州長浜ラーメン南州屋(大阪吹田)

紅生姜、辛子高菜も卓上に置いてくれています。
やはり、この2点のセルフトッピングは博多豚骨には不可欠ですよね。

オーソドックスならではの完成度の高い、長浜豚骨。
店主は博多でかなり修行されたんだろうって思われるラーメンです。
お一人バイトさんかな?の客応対も愛想よかったし、
ご年配の店主さんだと思わしき方もいい方でした。
わざわざ、本場に行かなくても、これだけいい長浜ラーメン食えるのは、
幸せですね。

住所:大阪府吹田市天道町13-7
電話:06-6385-7008
営業時間:[月~土]11:00~14:00 19:00~翌2:00 [祝]11:00~14:00 18:00~23:00
定休日:日曜日
↓お勧めリンク↓

博多・長浜将軍のあっさり、長浜とんこつラーメンが通販で買えます


九州長浜ラーメン南州屋 (ラーメン / 吹田)
★★★★ 4.5


寝屋川、国道170号線沿いを走っていると、目立つラーメン屋が・・・
んん?「丸福」?どうやらチェーン店でもなさそうですね。
今まで聞いたことありません。
梅田で酒飲んだ〆によく使っていた「丸福」(既に閉店)を思い出し、
もし、あの系統の味であったらと、丁度お昼時でもあったので、
寄ってみることにしました、「丸福ラーメン」寝屋川店です。

丸福ラーメン 寝屋川店

店内の様子。
丸福ラーメン 寝屋川店

結構、この規模の国道沿いの店としてはこぢんまりしてるかな。
ただ、カウンター、テーブルともに、結構スペース取っているので、
ゆったり落ち着いて食えます。

こちらがメニュー。
丸福ラーメン 寝屋川店

ラーメンの味は基本豚骨醤油、それに京都背脂醤油のラーメン。
あと期間限定でいろんな味を試しているようである。
値段的には、ごくごく平均的な値段ですね。
ただセットのお得そうなメニューがありませんでした。

オーダーしたのが基本の「丸福ラーメン」(630円)。
丸福ラーメン 寝屋川店

見た目は、醤油よりも豚骨色が勝ったスープである。
そのスープを飲んでみて・・・
んん~特徴が全然ありませんね。
非常によく味が調った、ノーマルの豚骨醤油である。

チャーシューはこんなのが2枚のっていました。
丸福ラーメン 寝屋川店

トロトロのタイプではないものの、ぶ厚めのチャーシューは、
なかなかジューシーで味わい深い。
まあ、これも特徴はないですけどね。

麺は細いストレート麺。
丸福ラーメン 寝屋川店

豚骨が勝ってるスープなんで、細麺で正解ですね。
これが醤油色が強いと、太麺がええんですけど、よく合っている。

卓上にはこんなのがありました。
丸福ラーメン 寝屋川店

辛味ニラですけど、この平凡なラーメンにはこういうのが必須です。
結構、多めに入れましたが、あまり辛味は感じませんでした。
ニラの風味が丁度、このスープと飲むと旨いです(^^)

うーん・・・全然印象の残らないラーメンだな~
昔食った、梅田の「丸福」とは違うラーメンでした。
あそこは同じ豚骨醤油でも醤油色が強かったもんね。
はっきり言って、時間置いて、記事書けと言われたなら、
え?どんなラーメンやっったっけ?って悩んだと思います。
ただ無難に、豚骨醤油を表現してるから、近くを通っていて、
そういう系統のラーメンを食いたい気分やったら、
深夜でもやってるので、満足できると思いますよ。

参考)懐かしの梅田「丸福」(既に閉店)の記事はこちら!

住所:大阪府寝屋川市石津元町1-12
電話:072-829-5979
営業時間:11:00~翌2:00
定休日:無休
席数:40席

丸福ラーメン 寝屋川店 (ラーメン / 香里園、寝屋川市)
★★☆☆☆ 2.5


結構、こだわりを持って、ラーメンを制作している、
個人ローカルのラーメン店が守口にあるんだとか。
チェーンの無難な味よりも、こういう個性を感じられるラーメンが大好きなので、
ここのラーメンには非常に惹かれました。
ちょうど近くまで買い物に来ていたので、ちょっと寄っていきましょうか。
麺匠「四神伝」です。

麺匠 四神伝

店内に入ると、個人経営らしくこぢんまり・・・
麺匠 四神伝

カウンターに4席ほどと、テーブルが3つほどである。
そのカウンターに陣取る。

こちらがラーメンのメニュー。
麺匠 四神伝

個人でやっているにしては、非常に味の種類が豊富。
ここまで広げるとスープの味が中途半端になるのではとちょっと心配。
個人ではやはり開発研究に時間かけるにも限界ありますからね。
中でも一番人気は「極太つけ麺」であるとのこと。
後から入ってきた方は、みんな、そればかり頼んでました。

裏のメニュー、副食類にドリンクです。
麺匠 四神伝

ここで表のメニューでも思ったのだが、注意書きが多い・・・
いちいち、口で説明するのが面倒なんでしょうが、
該当しない人間がこれ見ても、あんまりいい気持ちはしないと思うので、
その都度、説明されるほうがええと思うんですけどね。

頼んだのはオーソドックスに、豚骨しょうゆ並(600円)です。
麺匠 四神伝

やはり、こういう基本が出来ていないとって思いますからね。
まずは、スープを・・・
かなり、とろみのあるスープです。
豚骨醤油もあちこちで食ってきてはいるけど、こういう味は独自ですね。
非常にやはり個性が強いです。
ただ、スープ独自に飲むと、その塩辛さがすさまじい・・・
味的にはまとまってるとは言い難い・・・

チャーシュー。
麺匠 四神伝

全く印象に残っていません・・・
パサつき感のある平凡なタイプのチャーシューです。

ただ、ここは麺!!
麺匠 四神伝

スープによって、麺を違えてくるこだわりを持っているのだが、
豚骨醤油にしては珍しい、細いストレート麺なのだ。
これだけ細いのは豚骨醤油スープでは見たことないので、合うの?と思ったが、
かために茹でられた、その麺がスープの旨さを引き立ててる。
卓上に調味料の類が一切なかったのだが、それも納得。
麺がもっと欲しいと思わせるくらいに飽きが来なかったです。

そのこだわりの麺が、若干少量やったのが残念。
このラーメンだけではお腹いっぱいにはならないですね。
もっと絞り込んで勝負していけば、この店主の腕と舌ならば、
かなりのラーメンが出来上がると思いますよ。
次回、極太つけ麺も食べて、その出来を確認したいですね。

住所:大阪府守口市藤田町3-20-12
電話:06-6904-0888
営業時間:11:00~14:00 18:00~24:00(L.O.23:30)
定休日:水曜日
席数:16席

麺匠 四神伝 (ラーメン / 大和田、古川橋)
★★★☆☆ 3.0


大阪の東部は結構、色んなラーメン屋の宝庫だ。
特に、ここ今福鶴見には有名な「カドヤ食堂」がありますね。
カドヤ食堂の記事はこちら!

その近くにつけ麺が旨い!!との評判の店を聞きつけた。
ちょうど、濃いスープにたっぽりと麺をつけたい気分だったので、
ここを利用することにする、「鶴麺」(つるめん)です。

鶴麺[つるめん]

夕方7時前に行ったので、店内はかなりすいています。
っちゅうよりも客は全然いませんでした。
なぜ皆さん、ラーメンって夜遅くに食べるんでしょうね~
だから、ラーメン好きは太ってる人間多いの納得ですな。
(自分も人のこと言えないが・・・)

店内はL字カウンターのみ。
鶴麺[つるめん]

いたってシンプルである。

こちらがメニュー。
鶴麺[つるめん]

醤油と塩がベースで、それにつけ麺を派生させたって感じかな。
麺はラーメン、つけ麺とも違えて、こだわりの麺を提供してるって感じ。
あと、副食類は但熊の玉子を使った、たまごかけご飯をウリにしてますね。
まあ、これは実際に現地で食ったことあるので、スルー(^^;)
但熊、たまごかけごはんの記事はこちら!

やはり、その評判の「つけそば」(850円)にしました。
うーん、大盛りは別料金で、この値段は結構高いって思いますね。

中太の平麺なんで、茹で時間は結構かかります。
鶴麺[つるめん]

出来上がり、あつあつです。

そして、つけ汁!
鶴麺[つるめん]

こちらも熱々なんで、食べ始め当初はめっちゃ熱いです。
つけ麺はどうしても、中間あたりから冷めてきてしまいますからね、
このあたり、結構時間をシビアに計っていたし、こだわりと熱意を感じました。

さーて一口・・・
鶴麺[つるめん]

んん?結構酸っぱい?酸味がかなり聞いておりますね。
で、魚介風味ってわけではなく、鰹だし風味。
脂っこさ、香辛料の調合のバランスが非常によく、
甘辛いと表記されてるにしてはあまり甘さがなく、
自分の好みにはぴったりきます。

チャーシューを引き揚げてきました(^^)
鶴麺[つるめん]

まあ、これはこんなもんかな~
悪いってことはなく旨いですが、特徴がないです。

つけ汁の個性、そして特注麺へのこだわりのあるつけ麺。
かなり完成度高いですね~
つけ麺ブームでどこのラーメン屋に行ってもつけ麺ありますが、
ここ1年ばかり食ってきた中でも、1,2を争う出来のよさです。
ただ、その分値段もお高めかなって思いますが・・・
大盛り無料サービスとかだけでもやってくれたら、
非常に嬉しいなって思います。

住所:大阪市鶴見区鶴見5-1-9
電話:06-6939-2126
営業時間:11:30~15:00 18:00~翌1:30
定休日:水曜日
↓お勧めリンク↓

★(ご当地お取り寄せ)これが埼玉で人気のつけ麺だ!!★


つるめん (ラーメン / 今福鶴見)
★★★★ 4.0


大阪のラーメン好きならば、絶対名前を聞いたことがあるはず。
大阪一評判のラーメン屋と言っていいだろう。
大阪、兵庫のラーメン屋をあちこち探訪していて、
ここもいずれは行くことになるだろうとは思っていました。
ようやく実現、鶴見緑地にあります「カドヤ食堂」です。

カドヤ食堂(鶴見緑地)

平日夜の部オープン18時から15分くらいしか経っていないのに、
すでに店前には待ち客がいます。
10分ちょっと待って入れたんですけど、
出る時には既に10人くらい待ち客が増えていました。
やはりすごい人気ですね。

店内の様子。
カドヤ食堂(鶴見緑地)

席数は10席(カウンター6席とテーブル4席)なので、
店の大きさと比べると、かなり少ないですね。
これならば、すぐにでも行列できてしまうの頷けます。

メニュー。
カドヤ食堂(鶴見緑地)

普通の中華そばで700円。
ご飯物(人気は豚めし)と組み合わせると1000円を超える値段が、
ちょっと高いように思います。
せめて、あと100円安くって思いますね。
けど、ここの一番人気をと「中華そばと豚めしのセット」(1080円)にしました。

まず、中華そば(700円)。
カドヤ食堂(鶴見緑地)

見た目、醤油ベースのコクがありそうなラーメンです。
まず、そのスープより・・・
結構、魚介の風味が豊かなスープですね。
それにあっさり鶏ガラの風味が補助してるって感じです。
これは深みを感じられて、非常に美味しいです。
醤油系ラーメンの中でも、自分の中でかなり高いレベルに位置します。
あと、メンマとの相性も抜群ですね。

チャーシュー。
カドヤ食堂(鶴見緑地)

2枚入っておりました。
ちょっと分厚めの歯ごたえのあるチャーシュー。
このスープにはこのタイプでしょう。

麺は中細の若干縮れ麺。
カドヤ食堂(鶴見緑地)

これがかなり柔い。。。
最初はええ感じかなって思いましたが、食べていくに従い、
ちょっとこの出来の良いスープにあまり合っていないように思えて、
途中から飽きがくる味でした。

こちらが豚めし(380円)。
カドヤ食堂(鶴見緑地)

思っていたのと印象が違います。
チャーシューがどん!と乗ってるのイメージしていましたからね。
かなり、こってりとした丼ものです。
これは個人によって好き嫌い分かれると思うな。
私的には美味しいとは思いますが、好みではなかったです。

卓上のザーサイも乗せました。
カドヤ食堂(鶴見緑地)

脇に辛子も添えられていたのですが、
この辛子はこの丼によく合っています。

ラーメンはスープの出来に感動。
ただ、麺には少し不満。
そして、豚めしも自分の好みとは違う味。
ただ、人気の旨さは実感できました。
しかし、このスープだと麺を違えて「つけそば」にすれば、
また違った評価になると思います。

住所:大阪市鶴見区鶴見4-1-18
電話:06-6933-9323
営業時間:11:00~15:00 18:00~22:00
定休日:月曜、第3月曜翌火曜連休
駐車場:無
↓お勧めリンク↓

★コクのある醤油ラーメンで通販で買えるのはこれ!!★


カドヤ食堂 (ラーメン / 今福鶴見)
★★★☆☆ 3.5