関西のあちこちで食べたラーメンの徒然記録


四国のラーメンと言えば、「徳島ラーメン」!
しかし、阪神間では、なかなか徳島ラーメンを出す店少ないですね。
有名なところで言えば、神戸伊川谷の「こくいち」でしょうか。
徳島らーめん「こくいち」の記事はこちら!

この「こくいち」のラーメンを食べた印象もいいし、
本場、徳島でも食べてみたお店の印象も結構いい。
徳島ラーメン「東大」の記事はこちら!

結構好みの濃い豚骨醤油なので、丁度、西宮北ICを降りてすぐのところにある、
こちらのラーメンも試してみることにしました。
徳島らーめん「大萬」である。

徳島らーめん 大萬(兵庫西宮北IC)

徳島にある、「多家良家」という店の姉妹店なんだそうな。
徳島らーめん 大萬(兵庫西宮北IC)

終了間際やったんで、すいていました。
徳島らーめん 大萬(兵庫西宮北IC)

カウンター、テーブルともに、郊外店なので、
かなりのキャパあります。

ラーメンメニュー。
徳島らーめん 大萬(兵庫西宮北IC)

味はその徳島らーめん豚骨醤油のみ!

セットメニュー。
徳島らーめん 大萬(兵庫西宮北IC)

頼んだのは、ラーメン並(580円)に生卵(+50円)トッピングです。
徳島らーめん 大萬(兵庫西宮北IC)

生卵はやっぱり、徳島ラーメンには必須でしょう。
ここのは上にのってはおらず、別に出されました。

生卵を真ん中に入れてみます。
徳島らーめん 大萬(兵庫西宮北IC)

その濃い色合いからも、同行者は味噌でも入ってるの?って聞いてきましたが、
醤油色なんでしょう、しかしながら豚骨風味の強いスープです。
そして、卓上にこの味を濃くするのと薄めるのと両方の調味料が置いていました。
私的にはちょうどいい濃さできたので、これは試していません。

チャーシュー。
徳島らーめん 大萬(兵庫西宮北IC)

普通、徳島ラーメンでは甘い豚バラ肉ですが、こちらは普通のチャーシュー。
この味わいはいいですね~ご飯のおかずにちょうどよさげ。
あとナルトがのっているのは徳島らしさを感じます。

麺は自家製の細麺ストレート。
徳島らーめん 大萬(兵庫西宮北IC)

うん、かたさ、コシの強さ的にも申し分ない麺。

個人的な好みもあるでしょうが、徳島ラーメンは私的に好みなので、
口に合いましたよ。
ここのラーメンは、徳島の味をうまく表現できていると思います。
ただ、上記2店ほどの印象は残らなかったですね。

住所:兵庫県西宮市山口町下山口3-2-3
電話:078-904-3331
営業時間 [平日]11:00~14:30 18:00~22:00
[土・日・祝]11:00~15:00 18:00~22:00
定休日:水曜日
↓お勧めリンク↓

家に居ながらにして専門店の味を満喫!ご当地徳島ラーメンの決定版。味付豚肉満載ラーメン


徳島らーめん 大萬 (ラーメン / 田尾寺、岡場)
★★★☆☆ 3.0


京都でナンバー1の旨さと評判のラーメン屋。
大学時代、京都に住んでいたラーメン好きの連れからも、
是非、食べに行ってくれと推薦を受けておりました。
しかし、京都ってなかなか行かない地域なんですよね・・・
年に1度か、2度行くぐらいやもんな。
ただ、今回旅行帰りに、京都で高速を降りたので、
これを機会にと車を北へ走らせました。
一乗寺にあります「高安」です。

中華そば 高安(京都一乗寺)

丁度その日は祝日の月曜でしたが開いておりました。
普段は月曜休みなんですね(^^;)
で時間も16時半という中途半端な時間やったんですけどね・・・
普段はお昼中休みがあるようだ。
あと、私が入店してから後すぐ、店を閉めたようなので、
休日の営業時間は違うのかもしれませんね。
なんにせよ、開いててラッキーでほぼ待たなくてすみました。

店内の様子。
中華そば 高安(京都一乗寺)

まるでカフェのような店内でラーメン屋らしさがありません。
なので、かなり女の子比率が高かったですね。

こちらがメニュー。
中華そば 高安(京都一乗寺)

基本のラーメンは600円でごく平均的。
で、ここは是非唐揚げを食べてみろと言われていたので、
からあげ定食(950円)にしました。
ご飯の量は値段関係なく自由なので大盛りでと伝える。

ラーメン出来上がり!
中華そば 高安(京都一乗寺)

京都では珍しい、豚骨スープなんですね。
さーて、一口・・・豚骨臭さは全くありません、マイルドです。
しかし他の関西系豚骨と比べて、クリーミーな味わいなのだ。
これは旨いですね~

チャーシューはこんなの。
中華そば 高安(京都一乗寺)

柔らかいぺらぺらタイプで、天下一品のチャーシューと似た感じがします。

麺は、中細ストレート麺。
中華そば 高安(京都一乗寺)

この麺は平凡・・・スープの出来がよいだけにそれが顕著に伝わります。

なのでこれを投入しましょう。
中華そば 高安(京都一乗寺)

このニラのトッピング系は大好きです。

あと味噌系の辛味トッピングもあったので少し入れました。
中華そば 高安(京都一乗寺)

マイルドだったラーメンがパンチのあるラーメンに変身!
麺を食べるときは、このぐらいのパンチあるスープがええです。

で、唐揚げ3個・・・・
中華そば 高安(京都一乗寺)

なんですか、この大きさ・・・
箸の大きさと比べてみて下さいな。
こぶし大の大きさが3つどかん!とのっています。

またご飯も・・・
中華そば 高安(京都一乗寺)

昔話に出てくるような大盛りご飯です。
注文時、店員さんが、何杯でもおかわりしてくれていいですよ♪って、
にたっと微笑んでくれましたが、なるほどこういうことね(^^;)

唐揚げはカレー粉をまぶしてあるのか、そういう味です。
中華そば 高安(京都一乗寺)

結構、スパイシーさがあり、注文後揚げてくれているので、
外はカリカリで中はジューシー。
ご飯のおかずに最適な唐揚げです。

このからあげ定食は質、量ともに950円では素晴らしいです。
ラーメンは麺に若干不満があるものの美味しいし、
唐揚げもご飯とすごく合っており、満腹にさせてくれました。
また唐揚げは食べきれなければ、お持ち帰りできるようです。
さすがは京都一番の人気店だなと思いました。

住所:京都府京都市左京区東大路北泉通下ル一乗寺高槻町10
電話:075-721-4878
営業時間:11:30~15:30 18:00~24:00
定休日:月曜・28日

中華そば 高安 (ラーメン / 一乗寺、修学院、茶山)
★★★★ 4.5


色々と違う店に行くのが大好きな私でも、ここのお店だけは、
2か月に1回くらいのペースで行ってしまいます。
多分、このサイトを立ち上げてからでも、一番よく行ってる店でしょう。
それは果たしてどこか?
そう、B級グルメの王様と呼んでおります、「餃子の王将」です。

餃子の王将 京阪守口市駅店(テイクアウト)

あちこちで餃子も食べておりますが、王将の餃子ほど、
値段と味のバランスが最高な餃子に、今まで巡り会ったことはないです。

あっちゃ、こっちゃで飲んだ後、最後に家で飲み直すのに、
思わず酔っぱらった勢いでこちらのお店で買って、
電車に乗っちゃいました(^^;)

まあ、見慣れたメニューです♪
餃子の王将 京阪守口市駅店(テイクアウト)

お馴染みの餃子(210円)。
餃子の王将 京阪守口市駅店(テイクアウト)

もう何も言うことないです。
これだけビールに合うアテも、なかなかないんではなかろうか。

今回は珍しく「中華丼」(420円)にしてみました。
餃子の王将 京阪守口市駅店(テイクアウト)

普段は「焼きめし」オーダしちゃうんで、あまり頼まない「飯物」です。
油っこいものより、あっさりしたのを酒、結構飲んだ後やったから、
欲したのでしょう。
王将の「ちゅうどん」は色がついておりますね。

食べてみて・・・うーん、ちょっと味付けが好みに合わずかな。
なので、黒酢をぶっかけ、辛子も加えてみて、
ちょうどええ感じになりました。

チェーン系飲食店では、ダントツの訪問回数ですよね。
これからも、その記録を伸ばしていくのは間違いなし!です。

住所:守口市寺内町2-1-1 エル守口内
電話:06-6998-5545
営業時間:11:00~23:30 (日・祝)11:00~23:00
定休日:無休
↓お勧めリンク↓

★あの大阪王将の味がご家庭で手軽に味わえる♪★

関西圏で美味しい博多・久留米系豚骨を出す店と言えば?
最近、あちこちにチェーン展開の勢いを伸ばしてきましたね。
「虎と龍」です。
以前、こちらの系列の神戸の店「一生懸麺」には行ったことがあり、
その本場に負けない旨い味に感嘆を覚えたものです。
神戸東部市場「一生懸麺」の記事はこちら!

都島にも店があるってことで、梅田から少し足を伸ばして
寄ってみることにしました、ラーメン「虎と龍」都島店です。

ラーメン 虎と龍 都島店(大阪)

店内の様子。
ラーメン 虎と龍 都島店(大阪)

結構、屋台をイメージに造ったようではあるが、
その店内はゆったりしたスペースがあって、堅苦しさを感じません。

その屋台イメージの象徴!
ラーメン 虎と龍 都島店(大阪)

こんなのもあります。

メニュー。
ラーメン 虎と龍 都島店(大阪)

ラーメン580円は若干安いと思うが、なぜに替玉150円もするんでしょうか。

もういっちょう!
ラーメン 虎と龍 都島店(大阪)

お昼はチャーハンとのセットが安いです。
なので焼き豚チャーハン(小)とのセット(730円)にしました。
ラーメンはこってり久留米の龍と迷ったが、あっさり博多の虎に。

まずは焼豚チャーハン(小)。
ラーメン 虎と龍 都島店(大阪)

パラパラによく炒められていて、焼き豚の風味もよく、すごく旨い!!
これはこの時、鍋ふられた方の腕でしょうな。

博多天神屋台系「博多の虎」とんこつラーメンです。
ラーメン 虎と龍 都島店(大阪)

見た目、すっごくさっぱりそうやったが、そのままのイメージ。
思っていた以上に、スープにコクがなく水くさく感じたのは、この日のみなのかな?
以前に「一生懸麺」で食った深みを感じないのだ。

また麺も・・・
ラーメン 虎と龍 都島店(大阪)

今回「かため」でお願いするのを忘れたが、この柔さはいったい・・・
やはり忘れずに注文するべきであった。

チャーシュー、卵。
ラーメン 虎と龍 都島店(大阪)

こちらはまあ、おまけ程度に考えたらよいだろう。

高菜、紅生姜のトッピングは必須ですね。
ラーメン 虎と龍 都島店(大阪)

スープの味が今回薄く感じたので、多めに入れました。

うーん。。。この日だけスープおかしかったのかな?
普段はこってり久留米系だとくどすぎるから、あっさり博多の虎にしましたが、
これなら久留米の龍にしときゃよかったと後悔です。
結構お気に入りのチェーンなだけに、評価も厳しくしときます。

住所:大阪市都島区善源寺町2-3-29
電話:06-6925-0141
営業時間:11:00~翌2:00
定休日:無休
駐車場:無
↓お勧めリンク↓

博多・長浜将軍のあっさり、長浜とんこつラーメンが通販で買えます


ラーメン虎と龍 都島店 (ラーメン / 都島、桜ノ宮)
★★★☆☆ 3.0


さーて、今日も日帰り出張残業・・・
かなり遅くなりました。
家に帰るまではどうやら持ちそうにありません。
ちゅうことで軽くラーメン1杯だけ、食って帰ることにします。
で、京阪沿線で評判のいい、こちらのお店に決めました、
「がんこパパ」です。

がんこパパ(大阪寝屋川)特製ラーメン

京阪の寝屋川市駅から歩くと15分弱くらいはかかるかな。
結構歩くと遠いですよ。

店内はカウンターのみ15席くらいかな。
がんこパパ(大阪寝屋川)特製ラーメン

ご夫婦でやっておられるのだと思います。
親父さんはその店名どおり、ちょっとムッとしていて、
頑固そうに見えますが、奥さんの方はめっちゃ愛想よく、
絶えず、空調の温度や、お冷やの量など気遣ってくれました。

こちらがメニュー。
がんこパパ(大阪寝屋川)特製ラーメン

ラーメンは豚骨と醤油の2種類構成。
豚骨は特製で、関西風の豚骨だと書かれています。
あまり、関西風にマイルドにアレンジされた味は好きではないのだが、
ひとまず特製ラーメン(600円)で試してみることに。

こちらはランチメニュー。
がんこパパ(大阪寝屋川)特製ラーメン

セットがお得です。

その特製ラーメン(600円)。
がんこパパ(大阪寝屋川)特製ラーメン

見た目は、うん、さっぱりそうですね。
またスープを飲んでみても、同じ感想。
店外には若干、豚骨臭がしてたので、あ、好みかなと思ったのですが、
実際のスープは全くしないです、マイルドなさっぱり味。

チャーシューは刻まれたタイプ。
がんこパパ(大阪寝屋川)特製ラーメン

かなりこんがりと香ばしい風味がします。
これはこれでなかなか美味しいが、自分の好みとしては、
豚骨らーめんにはトロトロタイプなので、好みからは外れます。

麺は細麺ストレート。
がんこパパ(大阪寝屋川)特製ラーメン

あっさり豚骨にはやはり細麺ですが、
この麺はあまり風味が感じられず、平凡な麺でした。

トッピング!
がんこパパ(大阪寝屋川)特製ラーメン

辛子高菜は小皿に少しだけいただけるので、
そのままラーメンの上にのせました。

醤油を食べてないので、総合的には評価はできませんが、
豚骨を食べてみた感じは、関西風とんこつのチェーン店、
「博多げんこつ」みたいな味が好みの方なら合うラーメンです。
「博多げんこつ」の記事はこちら!

ただ、私のように、長浜、久留米系の豚骨好きには物足りないでしょう。

住所:大阪府寝屋川市本町5-37
電話:072-820-7557
営業時間:11:45~14:00 18:00~24:00
定休日:日曜・第2第4月曜
↓お勧めリンク↓

★これそこってり豚骨の久留米派、大砲ラーメン★


がんこパパ (ラーメン / 寝屋川市)
★★★☆☆ 3.0


第一旭と聞くと、神戸出身の私はこちらのお店を思い浮かべる。
神戸、第一旭 水道筋店の記事はこちら!

また、京都の「第一旭」は全国規模でチェーン展開しているから、
ラーメン好きなら誰もがご存じだろう。
そして、大阪に上記のお店とはどう関係があるのか分からないのだが、
いかにもローカル経営らしい、同じ名前のラーメン屋があるのだ。
安くて旨い、行列もできると評判のお店なので、寄ってみることにした。
関目にあります「第一旭ラーメン」です。

第一旭ラーメン(大阪関目)

どうです?見た目、いかにもローカル経営っぽいでしょ(^^)

店内の様子。
第一旭ラーメン(大阪関目)

カウンターのみの店内であるが、その外観通りの、
オープン当初から改装していない、昔からあるラーメン屋風情です。

こちらがメニュー。
第一旭ラーメン(大阪関目)

なんと!ラーメンは530円!!
この値段は魅力的ですね~♪
あと芸能人のサインがメニューの下にいっぱい貼っていました。
その基本のラーメン(530円)とライス小(130円)をいただきました。

普段はライスなんて頼まないのだが・・・
第一旭ラーメン(大阪関目)

ここはですね~キャベツと大根のキムチを卓上に置いているんですよ。
これがなかなかさっぱりしていて、ご飯に合います。

ラーメン出来上がり!
第一旭ラーメン(大阪関目)

この値段だからといって、量が少ないなんてことはありません。
スープは醤油色の強い、豚骨醤油のようである。
見た目の印象は、なんでこんな胡椒かかってるの?って思いました。
私は、胡椒たっぷり大好きなんで、このデフォルト胡椒でも大丈夫でしたが、
あまり胡椒辛いの苦手な人間には多すぎると思います。
スープもこの胡椒がええ具合にコクとパンチを引き出して旨いです。

チャーシュー。
第一旭ラーメン(大阪関目)

トロトロタイプではなく、パサっとしているのだが、
このタイプのラーメンには合っていますね。

麺は中くらいの太さのストレート。
第一旭ラーメン(大阪関目)

この麺もスープによく合っていますね。

豚骨醤油は神戸生まれの私なもんで、
昔から一番よく食べているジャンルなのであるが、
ここのお店のは好みの味でした。
ずっと昔ながらの味を守ってきているという意気込みを感じますね。
ただ、胡椒が非常に多いですから、胡椒好きでないと絶対駄目なラーメンだと、
付け加えておきます。

住所:大阪市城東区関目2-12-24
電話:06-6934-2647
営業時間:11:00~14:25 18:00~20:25    
定休日:木曜日
↓お勧めリンク↓

★コクのある醤油ラーメンで通販で買えるのはこれ!!★


第一旭ラーメン (ラーメン / 関目、関目成育、新森古市)
★★★☆☆ 3.5


さーて、今日も福島でたらふく呑んできた(^^)
23時も過ぎてるし、そろそろ帰ろうかとも思ったのだが、
歩いていると、豚骨臭が漂ってくる・・・
この匂いかいでしまうと、もうダメですね、
ふらふらとその店に吸い寄せられてしまいました、
屋台ラーメンの「丸徳」です。

屋台ラーメン丸徳

見た目は屋台っぽく作られていますが、
きちんとした店内で食べることができます。

こちらが店内の様子。
屋台ラーメン丸徳

店内はカウンターのみですが、外にテーブルがあり、
これが屋台風情を醸し出しているものの、
オーソドックスなラーメン屋ですね。

こちらがメニュー。
屋台ラーメン丸徳

とんこつ、しょうゆ、みそ、しおと全ての味が揃ってる。
うーん・・・あまりこういう店は好みではないんですけどね。
どれもがよく言えば無難、悪く言えば中途半端な店が多いのである。
どれかひとつを極めてほしいな。
お店の外まで豚骨臭がしてたし、一番前にメニューに載せているから、
やっぱり代表は「屋台ラーメン」(650円)でしょうとそれを注文。

出来上がり!
屋台ラーメン丸徳

見た目はあっさり豚骨って風情ですね。
そのスープをいただく、うんうん予想通りの味です。
まろやかであり、関西風博多豚骨って感じ。クセが全然ないです。
チャーシューはちっちゃいが、焦んがり風味がええ感じ。

麺は細麺。
屋台ラーメン丸徳

博多の極細麺ではなく、ちょっと太め。
平凡です。

卓上トッピングを乗せてみました。
屋台ラーメン丸徳

辛味の素と紅生姜です。
これでクセのないスープに、結構パンチが出たゾ!

食べてみた感じはやはり最初の予想通り、
「無難」且つ「中途半端」って印象。
個性はないラーメンですが、色んな味が楽しめますから、
好みが分かれた人間と、行く時とかにいいかもしれませんね。

住所:大阪市福島区福島1-6-18
電話:06-6454-5310
営業時間:11:45~14:30 18:00~04:00
定休日:日曜日

屋台ラーメン丸徳 (ラーメン / 新福島、福島、中之島)
★★☆☆☆ 2.5