関西のあちこちで食べたラーメンの徒然記録


和歌山らーめんでは私が一番最初に食べたラーメンではなかろうか。
その名は「丸高中華そば」。
実は神戸に支店があるんですね。
そちらのお店に訪問済みなんです。
「丸高中華そば」神戸二宮店の記事はこちら!

その時の印象では、スープの見た目濃度ほどに、
コクを感じられないな~再訪はなしと判断してます。
本場、和歌山ではどうでしょうか、味に違いあるかな?
「丸高中華そば」六十谷店を訪問です。

http://bkyugourmet.moo.jp/marutaka.html

見た目、相当年季が入っているように見えますね。

で、車で行ったんですけど・・・
丸高中華そば 六十谷店(和歌山)ラーメン

この貼り紙、店内に貼っていても意味ないように思うんですけどね。
私には事前に情報を仕入れていたので、そこの駐車場2番に停めました。

店内の様子。
http://bkyugourmet.moo.jp/marutaka.html

壁際にカウンター、そしてテーブル席の配置が多いですね。
この店内も昔ながらのラーメン屋さん風情です。

また、セルフのおでんも置いています。
http://bkyugourmet.moo.jp/marutaka.html

このあたり、香川のセルフ讃岐うどんと似た雰囲気。

そして、卓上には和歌山ラーメンお馴染みの早ずし。
http://bkyugourmet.moo.jp/marutaka.html

メニュー。
丸高中華そば 六十谷店(和歌山)ラーメン

もう一つ。
http://bkyugourmet.moo.jp/marutaka.html

デフォルトの中華そばは600円。
和歌山ラーメンはどこもこの値段設定が基本ですね。

その基本の中華そば(600円)を頼みました。
http://bkyugourmet.moo.jp/marutaka.html

見た目は非常にオーソドックス。
お店の雰囲気そのままのラーメンです。
まずはその茶濁色のスープからいただいてみます。
うーん。。。やっぱり神戸二宮の支店で食べたのと全く同じ印象。
豚骨のコクが全くしないんですよ。
なんの印象も残さず、さらっと喉を通っていきます。

トッピングはネギ、ナルト、メンマと王道。
http://bkyugourmet.moo.jp/marutaka.html

そしてチャーシューです。
http://bkyugourmet.moo.jp/marutaka.html

ペラペラのちょっとトロっとしたタイプ。
あまり量が入っておりません。

麺は中細のストレート。
丸高中華そば 六十谷店(和歌山)ラーメン

もっと柔いかなと思ったのだが、ちゃんとしたコシ。
つるんとのど越しはええんですけど、スープの力量のなさが、
しっかり分かってしまうな・・・

やはり自分とは合わないタイプのラーメンでした。
こちら「六十谷店」の近くにも、本店のアロチ丸高がありますけど、
私はこちらの系列は2度と食べることはないでしょう。
ただ、豚骨臭さとこってりがどうもって方には、
豚骨醤油系の中では、合うラーメンだと思いますよ。

住所:和歌山県和歌山市六十谷69-11
電話:073-461-0086
営業時間:11:30~22:00
定休日:水曜(祝日の場合翌日)
↓お勧めリンク↓

★こってり豚骨醤油和歌山ラーメンの代表格!!★


丸高中華そば 六十谷店ラーメン / 六十谷駅

昼総合点★★☆☆☆ 2.5


アメホリバルはしご6軒目。
って日付変わってますけどね(^^;)
最終土曜日、この日の同行者は19時まで仕事らしいので、
それまでどうしとこうかなと。
チケットの残りが、9枚と端数であったので1枚先に使うことに。
そういや、今回出店している中で唯一、ラーメン系のお店があったなと。
先にこちらでつけ麺でも食うかと向かったのがこちら。
アメリカ村にあります、つけ麺のお店、雀(すずめ)です。

つけ麺 雀[すずめ](大阪ミナミアメリカ村)

土曜の18時、お店はすいていました。
この時間からつけ麺食う人間はあまりいないようである。
ただ、22時過ぎに通った時には、10人以上外に待ち客できてましたね。
ラーメン類は夜遅くに〆に食いたくなるのは誰でも一緒か。

店内の様子。
つけ麺 雀[すずめ](大阪ミナミアメリカ村)

ぐるりとカウンターのみ。

こちらが券売機。
つけ麺 雀[すずめ](大阪ミナミアメリカ村)

お値段としてはまあこんなとこか。
ただ、大盛り(300g)につけ麺は無料でできるのは嬉しいですね。

今回のバルメニューの1杯。
つけ麺 雀[すずめ](大阪ミナミアメリカ村)

こちらのお店は、ソフトドリンクのみチョイス可でした。
なのでウーロン茶をいただく。

で、今回のバルの一品。
つけ麺 雀[すずめ](大阪ミナミアメリカ村)

雀つけ麺(750円)並がそのままです。
ミニではなく、この大きさでこのバル価格で出すのは太っ腹!

麺は中太のストレート。
つけ麺 雀[すずめ](大阪ミナミアメリカ村)

海苔が添えられています。
極太麺が多いつけ麺屋の中では、細く感じます。
なかなか艶やかで美しいですね。

さーて、つけ汁の中にくぐらせます。
つけ麺 雀[すずめ](大阪ミナミアメリカ村)

濃厚豚骨魚介系のオーソドックスな味わい。
うん、世間ではこの味がつけ麺の標準になっているような感。
しかし、そんなドロドロ系ではないのでくどくはありません。

チャーシューをツケダレからあげてきました。
つけ麺 雀[すずめ](大阪ミナミアメリカ村)

トロッとしたタイプのチャーシューで、
この濃厚豚骨魚介の味と合っていますね。

最後に割スープで、〆。
つけ麺 雀[すずめ](大阪ミナミアメリカ村)

れんげに1杯程度と書いてあったので、ちょろっと入れる。
お、なるほど柚子の風味がスープにつきました。

豚骨魚介系の典型的なつけ麺と言えるでしょう。
うん、美味しいのは美味しいですけど、この店ならではってのがないかな~
ちょっと、私もこのタイプのつけ麺は食い飽きてきたので、
もう一ひねりなんかが欲しかったなってとこ。
辛つけ麺や、ドロドロのアメ村KINGなんて頼めば、
また違った印象になるかもしれません。
次はこういうのを食べてみたいですね。

住所:大阪市中央区西心斎橋2-11-11
電話:06-6211-1174
営業時間:11:30~23:00(但し平日のみ16:30~18:00中休み)
定休日:臨時休業あり
↓お勧めリンク↓

噂のつけ麺 関西版 大阪・兵庫・京都・奈良・滋賀・和歌山 2010


つけ麺 雀ラーメン / 四ツ橋駅心斎橋駅大阪難波駅

夜総合点★★★☆☆ 3.1


和歌山ラーメン行脚・・・
和歌山らーめんでも井出系、車庫前系、2通りに区別されるが、
今回は車庫前系。
その名も、元車庫前とついてるだけあって、その正当派の店ですね。
「元車庫前○宮(まるみや)」紀ノ川大橋湊店です。

元車庫前○宮 紀ノ川大橋湊店(和歌山)ラーメン・中華そば

本店は紀三井寺の方にあるらしいが、こちらはその支店。
どの駅からも遠いので、車でないと厳しいですね。

店内の様子。
元車庫前○宮 紀ノ川大橋湊店(和歌山)ラーメン・中華そば

カウンターはなく、4人掛けのテーブルのみ。
明るくて、綺麗な店舗です。

通常メニュー。
元車庫前○宮 紀ノ川大橋湊店(和歌山)ラーメン・中華そば

中華そばは600円と、和歌山ラーメンでは平均的な値段。
ただ、こちらのお店、ラーメン以外のもん結構おいてますね。
ご飯ものに、中華の一品系。

なので、ランチセットもありました。
元車庫前○宮 紀ノ川大橋湊店(和歌山)ラーメン・中華そば

チャーハン好きな私なので、中華そばセット(800円)に。
中華そばにミニ焼飯がつきます。

完成~♪
元車庫前○宮 紀ノ川大橋湊店(和歌山)ラーメン・中華そば

思っていたよりもチャーハンの量が多い。
これでミニサイズならば、通常どのくらいなんやろ?

そのミニ焼飯。
元車庫前○宮 紀ノ川大橋湊店(和歌山)ラーメン・中華そば

量が多いんはええんやけど、具材がハムなのがちょっと・・・
しかし、出来上がりはふんわりとしており、
店主の鍋ふりの上手さがちゃんと伝わってきます。

中華そば。
元車庫前○宮 紀ノ川大橋湊店(和歌山)ラーメン・中華そば

車庫前系の特色らしい、醤油色の濃い~スープです。
飲んでみても、その醤油辛さがダイレクトに伝わってくる感じ。
ただベースとなる豚骨の風味もしっかり感じとることが出来、
車庫前系でも美味しい部類だと思います。
飲んだ感じは、好きな「新福菜館」に通じるもんがあるかな。
大阪、京橋「新福菜館」の記事はこちら!

チャーシュー。
元車庫前○宮 紀ノ川大橋湊店(和歌山)ラーメン・中華そば

ペラパサタイプ。
まあ、和歌山らーめんのチャーシューってこんなもんでしょう。

そして麺。
元車庫前○宮 紀ノ川大橋湊店(和歌山)ラーメン・中華そば

細いストレートなんですけど、ちょい固めで私の好み。
和歌山ラーメンはどこもこの細い麺ですが、
その代わり、やわいとこ多いですからね。
しかし、この醤油濃さなら太めの麺の方が合うかも。

ラーメン、チャーハンセット800円って値段考えると、
トータルバランスとしては、味、値段、量と申し分ないですね。
突出した何かを持っている店ではないですが、
万人に受け入れられるラーメン屋やと思いますよ。

住所:和歌山県和歌山市湊1828-7
電話:073-454-1234
営業時間:11:00~16:00 17:30~22:30(土・日・祝17:00~)
定休日:火曜日(祝営業、翌日休み)
↓お勧めリンク↓

★こってり豚骨醤油和歌山ラーメンの代表格!!★


元車庫前○宮 紀ノ川大橋湊店ラーメン / 和歌山市駅東松江駅

昼総合点★★★☆☆ 3.4


和歌山ラーメン行脚・・・
和歌山市周辺には、評価の高いラーメン屋密集地域なので、
色々と集中して巡ってみようと思っていました。
今回はその第一弾。
中華そば専門店 正善(まさよし)にお邪魔しました。

中華そば専門店 正善[まさよし](和歌山六十谷)ラーメン

お店の風情は、昔ながらのラーメン屋さんですね。
最寄り駅は、JRの六十谷駅ですけど、結構距離があります。
私は車でしたので、店前の駐車場に停車。

店内の様子。
中華そば専門店 正善[まさよし](和歌山六十谷)ラーメン

真ん中に大きなテーブル、そして両脇にカウンターという構成。
日曜16時という時間にもかかわらず、結構混んでいました。
観光客だけでなく、地元の方も多いみたいです。
地元のリピーターがついてるのをみると、
美味しさが食べずとも伝わってくるもんがあります。

こちらがメニュー。
中華そば専門店 正善[まさよし](和歌山六十谷)ラーメン

このシンプルさが、和歌山ラーメンらしいですね。
基本の中華そばで600円ですから、お値段も平均的。

卓上。
中華そば専門店 正善[まさよし](和歌山六十谷)ラーメン

ゆで卵、早ずし、巻ずしが置いています。
うん、和歌山らーめんの典型的な基本のお店だな。

基本の中華そば(600円)を注文。
中華そば専門店 正善[まさよし](和歌山六十谷)ラーメン

スープは濁った色合いの豚骨醤油スープ。
ってことで、井出系もしくは車庫前系の系列で言うと、
井出系の味やってのが分かります。
ただ、ちょっと醤油色が強いかな?
飲んでみると、店内は結構豚骨臭がしていたんですけど、
意外にあっさりしてます。
しかし、コクがないってわけでなく、豚骨らしさはしっかり。
こりゃ、美味しいスープです。

トッピング。
中華そば専門店 正善[まさよし](和歌山六十谷)ラーメン

メンマ、ネギ、花形のナルトです。
このあたりも和歌山ラーメンらしさを感じますね。

そして、チャーシュー。
中華そば専門店 正善[まさよし](和歌山六十谷)ラーメン

薄っぺらいパサパサタイプ。
しかし、昔ながらの和歌山ラーメンにはこれでしょう。
よく合ってます。

麺は中細のストレート。
中華そば専門店 正善[まさよし](和歌山六十谷)ラーメン

この細さやとへなへなかなと思ったが案外しっかりとしたコシ。
ツルンとのど越しもええです。

本来の井出商店の味って私はあまり好みではないです。
和歌山「井出商店」の記事はこちら!

しかし、こちらのラーメンは、麺、スープともにタイプ。
うん、和歌山ラーメンの中でも、地元民に人気が高く、
また、食べログ評価も高いのがよくわかる味でした。

住所:和歌山県和歌山市直川612-1
電話:073-461-1739
営業時間:11:00~22:00 (L.O.21:45)
定休日:木曜・第3水曜
↓お勧めリンク↓

★こってり豚骨醤油和歌山ラーメンの代表格!!★


中華そば専門店 正善ラーメン / 六十谷駅

夜総合点★★★☆☆ 3.5

昼総合点★★★☆☆ 3.5