関西のあちこちで食べたラーメンの徒然記録


長野下諏訪での昼飯。
この諏訪地方で有名なラーメン屋の支店が、下諏訪にあるんですね。
ピリ辛系のラーメンと聞いていたので、
その日はそういうジャンキーなもんが食いたい気分。
ってことで、ハルピンラーメン(下諏訪町役場前店)にやって来ました。

ハルピンラーメン 下諏訪町役場前店(長野)

オープンの11時に到着。
開店15分くらいで、瞬く間に席が満席になるくらいの人気店です。

その店内の様子。
ハルピンラーメン 下諏訪町役場前店(長野)

厨房をぐるりと囲む感じで、カウンターとテーブルが配置されています。

そのラーメンの説明書き。
ハルピンラーメン 下諏訪町役場前店(長野)

メニュー。
ハルピンラーメン 下諏訪町役場前店(長野)

ハーフセット。
ハルピンラーメン 下諏訪町役場前店(長野)

中国哈爾浜地方から伝来の秘伝の味ってことですが、
果たしてどんな味なんでしょうか。
その基本のハルピンラーメンは650円。
それにニンニクを加えたニンニクラーメンも680円やったので、
こっちにしようかとも思ったのですが、基本を攻めましょう。

ハルピンラーメン(650円)出来上がり!
ハルピンラーメン 下諏訪町役場前店(長野)

見た目はうん、噂どおりのピリ辛って感じのスープ。
ただ、ちょっと見た目の色取りが悪いラーメンだな~
緑が足りないんよね、なんで葱でも入れないんだろ?

まずはその哈爾浜伝来のスープを味わってみる。
思っていたよりも辛みは少なく、まずは甘みが伝わってきます。
その後にちょいっと辛みが後から押し寄せてくる感じ。
ベースは非常に分かりにくい複雑に入り組んだ味。
味噌とも思えるし、醤油とも思える。

チャーシューは豚バラの大きな1枚。
ハルピンラーメン 下諏訪町役場前店(長野)

味付けがほとんどされておらず、味わい深くない。

麺は中細の縮れ麺。
ハルピンラーメン 下諏訪町役場前店(長野)

ちと、私にはコシが感じられなかった。
ただ、このスープをうまく絡ませるには、
この太さとコシかなとは思います。

これがこの地方一番の人気ラーメンか・・・
よく地方の人気ラーメン屋に寄ると思う印象そのままだな。
もしこちらのお店が大阪で勝負されても、
そこまでの人気はでないと思います。
ラーメンは都会の激戦の中で、
切磋琢磨して生き残ったお店が旨いというのが私のラーメン観。
せっかくの長野。。。もうちょいお金だして、
蕎麦の美味しそうなとこに行けばよかったな。

これで長野から岐阜方面を向かいます。
こちら別ブログで来週火曜に続きますね。

住所:長野県諏訪郡下諏訪町西鷹野町4750-1
電話:0266-28-5888
営業時間:11:00~22:00 金・土曜、祝前日は~24:00
定休日:不定休
↓お勧めリンク↓

長野うまい店


ハルピンラーメン 下諏訪町役場前店ラーメン / 下諏訪駅

昼総合点★★☆☆☆ 2.5


ぶらっと和歌山日帰りでの帰り道。
週末やったんで、ラーメンでも食いながら1杯飲みたい気分。
ラーメン屋でも居酒屋使いができそうなお店を探しました。
すると和歌山市駅から歩けそうなお店でここがヒット。
ぶらくり横丁のちょっと北側になりますね、「ひまわり」ってお店です。

ひまわり(和歌山)ラーメン・居酒屋

見た目は鄙びた地方の居酒屋さん雰囲気。
長渕剛の幟でもわかるように、店主さんは熱狂的な長渕ファンのようで、
店内のテレビもずっと長渕のライブ映像が流れていました。

店頭にはこんな黒板が。
ひまわり(和歌山)ラーメン・居酒屋

肉そば!一般的な和歌山ラーメンにも少し飽きてきたとこやったので、
これはよさげやね~ラーメン何食べるかは決定♪

店内に入り・・・
ひまわり(和歌山)ラーメン・居酒屋

奥に一直線のカウンター。
あと座敷も奥、左手側にあるようです。
うん、一杯呑み屋雰囲気ですね。

こちらがラーメン系メニュー。
ひまわり(和歌山)ラーメン・居酒屋

ご飯系。
ひまわり(和歌山)ラーメン・居酒屋

一品、冷麺。
ひまわり(和歌山)ラーメン・居酒屋

その他一品。
ひまわり(和歌山)ラーメン・居酒屋

うん、居酒屋使いができそうなアテが結構あります。

ドリンク類。
ひまわり(和歌山)ラーメン・居酒屋

こちらも一通り揃っていますし、極々普通の居酒屋値段。

そんな中、こういうのを見つけた。
ひまわり(和歌山)ラーメン・居酒屋

ほろ酔いセット。
生中もしくは酎ハイに、鶏唐揚げ、冷奴、もやしナムルがついてきます。
生中が500円なんで、これがお得でしょうと注文。

生中~♪
ひまわり(和歌山)ラーメン・居酒屋

ちょっとジョッキはちっさめだな。

こちらがほろ酔いセットのアテ。
ひまわり(和歌山)ラーメン・居酒屋

想像してた以上に量がたっぷり!
これならば、ちっさめジョッキのビールでは全然足らんぞ。

鶏の唐揚げはでっかいのが2個でした。
ひまわり(和歌山)ラーメン・居酒屋

それにサラダ付き。
またこちらのお店を居酒屋使いされてた方の一品見ても、
量が多いですね。

もやしナムルに冷奴。
ひまわり(和歌山)ラーメン・居酒屋

味はまあ極々平凡、自分でもできますね。

ビールも飲み終わった頃に、肉そば(680円)が登場しました。
ひまわり(和歌山)ラーメン・居酒屋

うん、見た目は全く和歌山系らーめんとは違いますね。
まず、そのスープをいただいてみる。
ベースは豚骨醤油ではあるんですが、
ちっとこってり気味に仕上がっています。
脂を感じるな。

肉そばなんで、これは結構期待してたんだが・・・
ひまわり(和歌山)ラーメン・居酒屋

こんな感じで、ちっさめの豚肉がポツリポツリと。
あまり肉喰ってる感じせんかった。

麺は太めのストレート麺。
ひまわり(和歌山)ラーメン・居酒屋

この太さなんで、噛み応えもしっかりあり、
またちょっとこってりめのスープともよく合っています。

これだけ食べるとさすがにお腹いっぱい!
酒飲みとすれば、もうちょいジョッキが大きければ、大満足でしたけどね。
和歌山はあまりええ居酒屋がないので、
ラーメンを最後の〆で、何軒か巡ったあとに来るのがよさげ。
深夜遅くまでやっているのも魅力的ですね。

住所:和歌山県和歌山市北新5-63
電話:090-8367-2773
営業時間:18:00~翌4:00
定休日:第2水曜日
↓お勧めリンク↓

★こってり豚骨醤油和歌山ラーメンの代表格!!★


ひまわりラーメン / 紀和駅

夜総合点★★★☆☆ 3.0


その日は難波にてランチ。
夜は呑みに行く予定やったので、軽くラーメン1杯かなと思い描く。
その中でも、ピリ辛系でいきたかったので、こちらのお店へ。
台湾ラーメンのお店で、「なんばこめじるし」にあります。
「味仙」なんこめ店にやって来ました。

味仙 なんこめ店(大阪ミナミ難波)台湾ラーメン

なんばこめじるしの他の店は華やかさがありますが、
こちらのお店はひっそりとしております。

本場台湾ラーメンの店。
味仙 なんこめ店(大阪ミナミ難波)台湾ラーメン

その辛さに期待!ですね(^^)

店内の様子。
味仙 なんこめ店(大阪ミナミ難波)台湾ラーメン

いかにもラーメン屋らしい店内。
お昼も14時近くやったんで、お客も少ない。
なので、1人やのにテーブルへ通されました。

こちらが、そのメニュー。
味仙 なんこめ店(大阪ミナミ難波)台湾ラーメン

ラーメンはその辛さ度合いで4種類あるようだ。
本来、辛いモノ好きな私ならば四川麺(850円)を選ぶとこだが、
なぜかどうもさっぱりあっさりしていそうな、
一番辛くない台湾麺(650円)に惹かれたんですね。
値段も安いし、夜も浪費するからこっちにしましょう。

あと、こんな油そばっぽいのもありました。
味仙 なんこめ店(大阪ミナミ難波)台湾ラーメン

こちらが台湾ラーメン(650円)の出来上がり!
味仙 なんこめ店(大阪ミナミ難波)台湾ラーメン

うん、あまり辛くなさそうな透明感のあるスープ。
私にはあっさりし過ぎかな~ってのが第一印象。

トッピングはこんな感じ。
味仙 なんこめ店(大阪ミナミ難波)台湾ラーメン

ピリ辛の台湾ミンチに、セロリを刻んだもの、
そして玉子がトッピングされています。

玉子は単なる茹で玉子。
味仙 なんこめ店(大阪ミナミ難波)台湾ラーメン

半熟かなと思っていたので残念・・・

そのスープをいただいてみます。
うーん。。。。鶏ガラベースのさっぱりしたスープ。
ラーメンにはこってりさとコクを求めるタイプの私には、
ちょっとかけ離れたスープです。
それに全然辛くない。
ミンチに辛い味付けされているかなとも思ったのだが、
全くもって平気で食える。
ただ、八角の風味とシャキシャキのセロリでええアクセントですね。

麺は細くちょっと縮れが入っているかな。
味仙 なんこめ店(大阪ミナミ難波)台湾ラーメン

コシなんてもんは全くなく、こりゃ私には全然駄目。

卓上に、自家製のラー油が置いてあったので・・・
味仙 なんこめ店(大阪ミナミ難波)台湾ラーメン

この全く辛さを感じない、パンチのないラーメンに大量投入です。

うーん、どうにも私には合わないタイプ。
台湾ラーメンでも以下の店なんて、非常にタイプのスープなんですけどね。
大阪堺「来留美亭」の記事はこちら!

激辛の四川ラーメンを、この店で食べても、果たして評価はどうでしょう?
850円は高いし、それほどのCP値は叩き出さないと思いますね。

住所:大阪市浪速区難波中2-10-25 なんばこめじるし
電話:06-6644-2818
営業時間:[月~金]11:00~15:00 17:00~22:30
[土・日・祝]11:00~22:30
定休日:第2第4火曜日(祝日の場合は翌日)
↓お勧めリンク↓

噂のつけ麺 関西版 大阪・兵庫・京都・奈良・滋賀・和歌山 2010


味仙 なんこめ店台湾料理 / 難波駅(南海)恵美須町駅今宮戎駅

昼総合点★★☆☆☆ 2.5


この日は醤油っ辛いラーメンが食べたい気分。
となると、和歌山では車庫前系ですね。
その中でも老舗として君臨するお店が和歌浦にあるのだ。
そういう昔ながらのラーメンに行きましょう。
○木[まるき]中華そばに立ち寄りました。

○木[まるき]中華そば(和歌山和歌浦)ラーメン

うん、ノスタルジーを感じる、この店構え!
こういうお店に今日は来たかったから、
隣の駐車スペースに車を停め、吸い込まれるように中へ。

その店内の様子。
○木[まるき]中華そば(和歌山和歌浦)ラーメン

中央にテーブル、そして窓際にカウンター席。
いかにも和歌山ラーメン屋らしい店内ですよね。
こういう大衆食堂っぽい雰囲気を持つ店は、
老舗の和歌山ラーメン屋は非常に多いです。

またメニューもいたってシンプル。
○木[まるき]中華そば(和歌山和歌浦)ラーメン

中華そば(600円)、ラーメンはこの一種類のみ。
さて、大盛りもチャーシュー増しもないのだろうか?

卓上には和歌山お馴染みの・・・
○木[まるき]中華そば(和歌山和歌浦)ラーメン

さば寿司(110円)とゆで卵(60円)があります。

頼んだのは、中華そば(600円)のみ。
○木[まるき]中華そば(和歌山和歌浦)ラーメン

車庫前らしい、醤油色の黒い色合いは本日求めていたもの。
チャーシュー、メンマ、葱、千代巻きがトッピングの、
和歌山デフォルト設定ですね。

まずはそのスープよりいただいてみます。
○木[まるき]中華そば(和歌山和歌浦)ラーメン

ちょっと油膜が張ったような状態で、めちゃめちゃ熱々。
うん、確かに醤油は勝っていますが、豚骨の風味もしっかり。
なので醤油辛さはそれほどでもなく、マイルドさっぱりに仕上がっています。
あと、メンマがしっかり歯応えのあるタイプでした。

麺は中細のストレート。
○木[まるき]中華そば(和歌山和歌浦)ラーメン

幾分、他の和歌山ラーメン店より、太く感じます。
そして、シコシコの固めに茹でられているんですね。
これまた、和歌山の他店は柔らかめが多い中、違った印象があります。

チャーシューは、パサパサのタイプ。
○木[まるき]中華そば(和歌山和歌浦)ラーメン

特筆する点は全くなく平凡。
ま、このタイプのスープにはこれでしょう。

がつんと車庫前系を求めていた舌からすると、ちょっと裏切られたかな。
うん、和歌山豚骨醤油ラーメンによくある、
豚骨さっぱりスープ要素がちりばめられています。
ただ、全体的なトータルバランスはよかったですね。
50overのラーメン好きの方なら、
昔はこういうラーメンばっかりやったよな~って、
思い返せる味やと思います。

住所:和歌山県和歌山市和歌浦南1-1-3
電話:073-447-9557
営業時間:17:00~翌1:00
定休日:月曜日
↓お勧めリンク↓

★こってり豚骨醤油和歌山ラーメンの代表格!!★


○木 中華そばラーメン / 紀三井寺駅宮前駅和歌山港駅

夜総合点★★★☆☆ 3.0


その日はちょっと遅くなりました。
晩飯にラーメンでも食って帰ろうかなと。
南海和歌山市駅近くでラーメン屋を検索するとここがヒット。
麺屋「ひしお」(醤)です。

麺屋 ひしお[醤](和歌山)ラーメン

看板には「紀州湯浅吟醸醤油ラーメン」と書かれています。
和歌山市内あっちゃこっちゃで見かける中華そばとは、
ちょっと違うようですね。

その種類は3種類。
麺屋 ひしお[醤](和歌山)ラーメン

その醤油ラーメンが代表格で、豚骨ラーメンとつけ麺もあります。

こちらが一品、ご飯メニュー。
麺屋 ひしお[醤](和歌山)ラーメン

うん、早すし、茹で玉子じゃないんですが、
紀州ばら寿司をおいてたりして、和歌山らしさがありますね。

店内のようす。
麺屋 ひしお[醤](和歌山)ラーメン

テーブルばっかりやったんで、混んでいると、
1人客はちょっと来づらいかな。
ただ夜遅めの時間は、テーブル一人独占でも大丈夫でした。
女性一人客もいてたし、入りやすい店ではあります。

頼んだのは、特選煮干豚骨つけ麺(800円)。
麺屋 ひしお[醤](和歌山)ラーメン

ホントは、湯浅醤油ラーメン(600円)にするつもりでしたが、
和歌山の中華そばにちょっと飽きがきてたので、
久しぶりにつけ麺を食ってみることに。

つけ汁。
麺屋 ひしお[醤](和歌山)ラーメン

オーソドックスな豚骨と魚介のWスープ。
背脂がびっしりと、そして魚粉も浮かせているのが特徴です。
まずはその味を確かめるために、一口ずずっと。
このWスープ系は濃厚なタイプが主流なんですけど、
こちらのお店はさほどに感じないのは豚骨のコクがないせいか。
そして、自身にはちょい甘い。

麺は太めのストレートでした。
麺屋 ひしお[醤](和歌山)ラーメン

つけ麺は、大盛り無料サービスをやっている店も多く、
こちらのつけ麺の量は残念でした。

トッピング類。
麺屋 ひしお[醤](和歌山)ラーメン

チャーシュー、煮卵(半分)、穂先メンマ、もやし、三つ葉、ナルトです。
私、いっつも思うんですけど、この魚介豚骨つけ汁のつけ麺で、
もやしトッピングって絶対合わないです。

チャーシューはこんがりと炙ったタイプ。
麺屋 ひしお[醤](和歌山)ラーメン

私はここまで、焦げた味がするチャーシューはタイプではありません。

麺をつけ汁にくぐらせます。
麺屋 ひしお[醤](和歌山)ラーメン

まず思ったのは、麺に力がないなってこと。
つけ麺には、がっしりコシを感じる極太麺でないと、
こういう濃厚系豚骨魚介スープの強みを、受けとれられないと思います。

最後は割スープで〆。
麺屋 ひしお[醤](和歌山)ラーメン

うーん・・・つけ麺不毛地帯の和歌山で、お初につけ麺食べてみましたが、
大阪に点在する、有名つけ麺店と比べて、遙かに及ばないかな・・・
麺にしろ、つけ汁にしろ、量にしろ、全てが中途半端。
まあ本来、湯浅醤油らーめんのお店なんで、そっち食べたらよかったですね。
ラーメン店に入れば、その店の一番の基本を食べる!
この法則を次回からは守るよう、肝に銘じます。

住所:和歌山県和歌山市卜半町45
電話:073-423-6330
営業時間:11:00~翌1:00
定休日:無休
↓お勧めリンク↓

★こってり豚骨醤油和歌山ラーメンの代表格!!★


麺屋 ひしおラーメン / 和歌山市駅

夜総合点★★☆☆☆ 2.5