関西のあちこちで食べたラーメンの徒然記録


その日は朝からラーメン(^^)
旅から帰ってきて、麺類食いたい!って思ったんですけど、
立ち食いうどんそばは行きたくなかったんです。
となると、ちらほら、朝から開けているラーメン屋もありますね。
そんなお店のひとつ、中華そば「光洋軒」にやって来ました。

中華そば 光洋軒(大阪布施・新深江)高井田ラーメン

昔ながらの高井田系中華そばのお店。
この赤い看板が食欲をそそりますね(^^)

こちらが店内。
中華そば 光洋軒(大阪布施・新深江)高井田ラーメン

ぐるりとカウンターのみです。

そしてメニュー。
中華そば 光洋軒(大阪布施・新深江)高井田ラーメン

味は一種類のみ。
基本の中華そばが500円で、それを大盛りにするか、チャーシュー、
メンマ、葱を増やすか、またはなしにするかってな構成。
一番安い、具なし(葱入り)ですと、350円と激安です。
しかし、大盛りチャーシューになると1200円・・・
何?この値段差は?って思いますけどね(^^;)

アルコール類はセルフです。
中華そば 光洋軒(大阪布施・新深江)高井田ラーメン

この辺、お手軽に飲めるけど、ラーメンのみしかない店で、
ラーメンアテに、ビール飲む人間って多いんかな?

はい、基本の中華そば(500円)にしました。
中華そば 光洋軒(大阪布施・新深江)高井田ラーメン

高井田系のラーメンは、麺が太いので、湯がくのに結構時間がかかります。
待ち時間は10分弱くらいあったかな。
チャーシュー、メンマ、葱がトッピング。
このスープの醤油黒さが、高井田系ラーメンの特徴ですね。
まずは、そのスープよりいただいてみる。
うん、醤油辛さが目立ちますけど、全体的なバランスはいい。
高井田系ではポン酢のように酸っぱいスープのお店もありますが、
鶏ガラベースの旨みがしっかり伝わってきます。
ただ、飲み進めるとその醤油辛さと化学調味料の多さで、
水を欲してきますが。

チャーシューはパサパサタイプの切れ端みたいなの。
中華そば 光洋軒(大阪布施・新深江)高井田ラーメン

さすがにこの値段では、しっかりしたチャーシューは入ってない。
この点、こちらのお店の方ががっしりした歯応えで食べ応えがあります。
大阪「麺屋7.5Hz」生野本店の記事はこちら!

麺は太麺のストレート。
中華そば 光洋軒(大阪布施・新深江)高井田ラーメン

このもちっとコシのある麺が、この醤油辛さに負けることなく、
スープの旨みを相乗させてくれています。

塩辛さと化学調味料の味が全然大丈夫な方には、美味しいラーメンでしょう。
しかし、今流行りの無化調のさっぱり系好みの方には、
逆に全く合わないラーメンでしょうね。
ってな感じで食べる客によって、味の評価が両極端に分かれると思います。

住所:大阪市東成区深江南3-20-14
電話:06-6972-8833
営業時間:月~金9:00~19:00 土日祝8:00~18:00
定休日:火曜日
↓お勧めリンク↓

石神秀幸のラーメンマップ東京 1

中華そば 光洋軒ラーメン / 布施駅新深江駅小路駅(大阪市営)

昼総合点★★☆☆☆ 2.9


ぶらっと花山温泉からの帰り道。
夜も結構遅い時間であったのだが、せっかく和歌山におるんやから、
昔ながらの和歌山ラーメンを食って帰りたい。
老舗で夜遅くまでやっている市街地の店を検索。
ってことで、まるしげ(○繁)中華そばに立ち寄りました。

まるしげ[○繁]中華そば(和歌山)

ラーメン屋はこういう黄色い看板が似合っております。
大衆食堂っぽい店構えで、私が求めていた印象にぴったり。

その店内の様子。
まるしげ[○繁]中華そば(和歌山)

お店の壁際にぐるっと囲むカウンターに、
中央にテーブル席が配置。

ラーメンメニューに・・・
まるしげ[○繁]中華そば(和歌山)

ドリンクメニュー。
まるしげ[○繁]中華そば(和歌山)

基本の中華そばは650円と和歌山ラーメンにしてはちょい高め。
こういう老舗のお店は、500円~600円の設定が多いもんな。
あと1.5倍ラーメンが950円と値段がかなり跳ね上がるのはなぜ?
ちょっと値段設定に疑問が残るお店です。

卓上の早寿司に茹で玉子。
まるしげ[○繁]中華そば(和歌山)

和歌山中華そばのデフォルト設定ですね(^^)

こちらが、中華そば(650円)。
まるしげ[○繁]中華そば(和歌山)

見た目は非常にオーソドックスなラーメンです。
ま、こういう昔ながらのお店やから、当たり前か。
茶褐色の濁りの入った豚骨醤油ならではの色合いであるのだが、
後々調べてみると、豚骨ではない?鶏ガラとの情報も。
うーん。。。こちらのお店の通販商品も醤油豚骨になっているんやけどな~
まるしげ中華そば(通販)の記事はこちら!

私のバカ舌では、豚骨の風味はしてると思ったんですけどね。
そのスープはかなりさっぱり、悪く言うと、コクがないんですけど、
このタイプのスープは和歌山ラーメンにはありがち。
例えばこちらのお店ですね。
丸高中華そば 六十谷店の記事はこちら!

麺は中細のストレート麺。
まるしげ[○繁]中華そば(和歌山)

これまた和歌山ラーメンの定番ですね。
その麺の固さはかなり柔らかめ。
かため好きな私にはダメ。

葱、チャーシュー、メンマ、かまぼこがトッピング。
まるしげ[○繁]中華そば(和歌山)

チャーシューはがしっとした歯応えで、
このタイプのラーメンによく合っています。

まあ、和歌山にやって来て、
これぞ和歌山ラーメンだって店で食べるってなら、
この店が一番、雰囲気もそして味もぴったりくるかなって思います。
ただ、私的には、合わないタイプの和歌山ラーメンでしたね。

住所:和歌山県和歌山市黒田177
電話:073-473-0190
営業時間:12:00~13:00 18:00~翌2:00
定休日:月曜・火曜
↓お勧めリンク↓

★こってり豚骨醤油和歌山ラーメンの代表格!!★


まるしげラーメン / 和歌山駅紀伊中ノ島駅

夜総合点★★☆☆☆ 2.5


ミナミで飲んでの帰り道。
最近、豚骨醤油のラーメンばかり食っているので、
ここらで博多系の純粋な豚骨ラーメンが無性に食いたかったんですよ。
で、ミナミで少し前からチェックしてた店があったんですね。
大牟田とんこつ屋「龍鳳」大蛇山支店にお邪魔しました。

大牟田とんこつ屋 龍鳳 大蛇山支店(大阪ミナミ日本橋)

私はラーメンでも一番好きなジャンルが九州系の豚骨なので楽しみです。

店内の様子。
大牟田とんこつ屋 龍鳳 大蛇山支店(大阪ミナミ日本橋)

L字タイプのカウンターのみ。
場所柄、夜中の1時くらいが一番混むんだと店主さんが言っておられました。

こちらがメニュー。
大牟田とんこつ屋 龍鳳 大蛇山支店(大阪ミナミ日本橋)

基本、味の組み合わせは3種類あり、鶏ガラとんこつと、とんこつ、
その両方に醤油が加わったものみたいである。
私は純粋な豚骨ラーメンが食べたかったので、黒龍(680円)にしました。

黒龍(680円)の出来上がり!
大牟田とんこつ屋 龍鳳 大蛇山支店(大阪ミナミ日本橋)

見た目は、背脂が結構浮いており、濃厚そうやなって印象。
福岡でも博多系よりも久留米系に近いですね。

まずはその背脂たっぷりスープを飲んでみます。
大牟田とんこつ屋 龍鳳 大蛇山支店(大阪ミナミ日本橋)

店内には結構な豚骨臭さが漂っておりましたが、
こういう獣臭たっぷり大好きな私が期待してたよりも、
非常にあっさりさっぱりしたスープ。
背脂で濃厚さはありますけど、もうちょい臭さが欲しい。
(しかし関西では誰にでも受け入れられるタイプやと思います)

麺は細いストレート、九州らしい麺。
大牟田とんこつ屋 龍鳳 大蛇山支店(大阪ミナミ日本橋)

自家製麺で、九州で妹さんが作っているんだそうな。
博多、久留米系はこの太さがええよね~
ただ、食べ進めるに従い、ちょっとやわさが目立ってきたので、
かためで頼めるならば、そうしたほうがええかも。

チャーシュー。
大牟田とんこつ屋 龍鳳 大蛇山支店(大阪ミナミ日本橋)

九州らしいタイプですね、豚骨にはこのタイプが合っている。

途中で、卓上にある紅ショウガを投入して味を変える。
大牟田とんこつ屋 龍鳳 大蛇山支店(大阪ミナミ日本橋)

辛子高菜は卓上にはなかったな。
私は、麺、紅ショウガ、スープの3つのコンビネーションで食べるのが好き。
これぞ九州のラーメンやね。

味としては、自身の好みよりもあっさりし過ぎの感がありますが、
これは、各個人の好みですからね。
店主は非常に気さくに話しかけてくださる方で、
麺の輸送から色々とお話を伺いました。
うん、居心地のええ店で、朝までやっているので、
使い勝手は非常にええですね。
(しかしこの近辺お姉ちゃんのいる店の呼び込み多さには、閉口しました)

住所:大阪市中央区宗右衛門町1-27 三ツ寺八代ビル1F
電話:06-6212-5777
営業時間:19:30~翌6:00
定休日:日曜
↓お勧めリンク↓

石神秀幸のラーメンマップ東京 1

大牟田とんこつ屋 龍鳳  大蛇山支店ラーメン / 日本橋駅近鉄日本橋駅長堀橋駅

夜総合点★★★☆☆ 3.0


この日は和歌山で飲んでいて、泥酔状態に・・・(^^;)
私はこうなると、あてもなく知らない街を彷徨い歩く癖があります。
全くわけわからんとこに気づくといてました。
スマホで地図を確認すると、とんでもなく北に来てますね。
そん時ちょうど見つけた店がここでした。
ラーメン 熊坊(くまのぼう)です。

ラーメン 熊坊[くまのぼう](和歌山)

非常に歩き疲れていたので、どっかで座りたかったのと、
その日はあまり食べずにがぶがぶ飲んでいたので、
お腹になんか入れようかなと。

こちらのお店のコンセプト。
ラーメン 熊坊[くまのぼう](和歌山)

どこかのチェーン店?
お店構えはそのように見えるんですけど、定かではありません。

こちらがメニュー。
ラーメン 熊坊[くまのぼう](和歌山)

そしてもう一つ。
ラーメン 熊坊[くまのぼう](和歌山)

ラーメンの種類は色々取りそろえていますね。
ただ、私はこういうタイプの店で、
美味しいラーメン屋には出会ったことない。
しかしランチのセットはえらいお得ですな。

それに夜もそういうセット的なもんがあったんですよ。
ラーメン 熊坊[くまのぼう](和歌山)

中途半端な写真で申し訳ありません。
ラーメンに+100円で、石焼きめし、鉄板チャーハン、
チャーシュー切り落とし丼がつけることできます。
この値段ならもちろんつけます。
とんこつしょうゆラーメンに石焼きめしのセットにしました。
661円+100円です。

こちらが石焼きめし。
ラーメン 熊坊[くまのぼう](和歌山)

なぜか、杏仁豆腐もついてましたが、
ラーメンか焼きめし、どっちの付属かは不明。

まず、この焼きめしよりいただきます。
ラーメン 熊坊[くまのぼう](和歌山)

熱々の石碗に入れられているので、すっごく香ばしい。
ただ味付けが濃く、パラッとはしていませんね。

そして、豚骨醤油ラーメン。
ラーメン 熊坊[くまのぼう](和歌山)

和歌山らしい色合いをしております。
そのスープを飲んでみるも・・・うーん、全く印象に残らない。
まあこういう色んな味を取りそろえているラーメン屋にありがち。

そして麺は中太のストレート麺でしたけど、
これは和歌山ラーメンとはちょっと違うタイプですね。
これまたあちらこちらのチェーン店にある味。

和歌山は、老舗の豚骨醤油ラーメン屋で、
美味しいところはいっぱいありますから、
この店をチョイスするとなると、お昼のお得セットぐらいかな~
ま、遠方から和歌山ラーメン食べに来られる方には、
絶対チョイスされないお店ですね。

住所:和歌山県和歌山市狐島262-4
電話:073-480-4722
営業時間:11:00~翌4:00(LO3:30)
定休日:無休
↓お勧めリンク↓

★こってり豚骨醤油和歌山ラーメンの代表格!!★


ラーメン熊坊ラーメン / 東松江駅

夜総合点★★☆☆☆ 2.5


京都、スルッとKANSAI 3day日帰り旅・・・
宇治から伏見桃山に移動して来ました。
宇治、2軒目の記事はこちら!

朝昼兼用で、しっかりと食事しようと思ってたのがこちらのお店。
その値段設定が信じられないくらいに安いラーメン屋なんですよ。
以前からずっとチェックしていて、旅に出て、
京都方面から帰宅するときは寄ろうと決めていました。
今回、念願かなってようやく訪問、「大黒ラーメン」です。

大黒ラーメン(京都伏見桃山)焼きめしとビールもつけて♪

お店がオープンする11時、5分前には到着。
その時は一番乗りでした。
しかしオープンから10分後には、全ての席が埋まっていましたね。
さすがの大人気店です。

その店内。
大黒ラーメン(京都伏見桃山)焼きめしとビールもつけて♪

店奥にはカウンターがありますが、それ以外はテーブル席。
テーブルは人数すくないと、相席になっていましたね。

メニュー。
大黒ラーメン(京都伏見桃山)焼きめしとビールもつけて♪

もう一つ。
大黒ラーメン(京都伏見桃山)焼きめしとビールもつけて♪

その激安ラーメンはなんと!470円!!
チャーシュー麺にしても570円です。
焼きめしも220円ですからね~

なのでこいつもつけましょう。
大黒ラーメン(京都伏見桃山)焼きめしとビールもつけて♪

瓶ビール大で500円。
車で来てないなら、アルコール飲まなきゃね(^^)
さーて、この京都の旅でもめいっぱい呑むぞぉ~

こちらが420円のラーメン。
大黒ラーメン(京都伏見桃山)焼きめしとビールもつけて♪

チャーシュー、もやし、葱がトッピングされています。
見た目、豚骨醤油ベース系のスープですね。
まずはそのスープを飲んでみる。
よく言えば、あっさりまろやかな味。
これならば鶏ガラも入っているんでしょうか?
ただ、逆に悪く言うとコクもなく水っぽい味とも言えるんですね。
昔ながらの豚骨醤油ラーメンを出しているお店は、
こういう味が多いなって印象。

麺は中細のストレート麺。
大黒ラーメン(京都伏見桃山)焼きめしとビールもつけて♪

この安さなんで仕方ないとは思いますが、これも平凡。
ただ、自家製麺で700円を超える今時のラーメン屋と比べての話です。
自身には少しやわいな。
あと、具材のもやしシャキシャキ感が、麺と一緒に食べると、
なかなかええアクセントを与えてくれました。

チャーシューはペラっとトロっとしたのが3枚。
大黒ラーメン(京都伏見桃山)焼きめしとビールもつけて♪

脂身もほどほどについていて、この値段ではお見事です。

そして、焼きめし(220円)。
大黒ラーメン(京都伏見桃山)焼きめしとビールもつけて♪

この値段で量どのくらいやろ?って思っていたら、
他の店の半チャーハン程度ですね。
その色合いでも分かるとおり、めちゃめちゃあっさりしたチャーハン。
パラパラ感もしっかりしており、私好み。
ただ、薄味好みの私なんで、これでよかったですけど、
物足りなさを感じる人は多いと思いますね。

よくも悪くも、昔ながらのラーメン屋さんと言えます。
ちょっとお高めでも自家製麺や無科調のスープやらにこだわる方には、
物足りないラーメンやなと思いますね。
逆に、500円台くらいのラーメンを食べてきた中高年には、
懐かしの味って思えるかなって思います。
なので客層も年配の方が多かったかな。

さあ、腹も5分目くらい満たされました。
そんじゃ、伏見桃山にやって来たメインの目的に参りましょう。
こちらのブログで来週火曜に続きます。

住所:京都府京都市伏見区京町大黒町118
電話:075-612-3153
営業時間:11:00~23:00
定休日:月曜日
↓お勧めリンク↓

石神秀幸のラーメンマップ東京 1

大黒ラーメンラーメン / 桃山御陵前駅伏見桃山駅近鉄丹波橋駅

昼総合点★★☆☆☆ 2.5


夕刻、ぶらっと「ぶらくり丁」へ。
昔は相当な繁華街やったらしいけど、今は面影なし。
実は「どんきほーて」に行きたかったんですよ。
そのちょっと南にラーメン屋を発見。
夕ご飯に寄って行きましょうか、中華そば「味」です。

中華そば 味[あじ](和歌山)ラーメン

お店は相当年季が入った雰囲気。
オーソドックスな和歌山中華そばが食えそう。
それに外にまでええ感じの豚骨臭が漂ってましたね(^^)

店内の様子。
中華そば 味[あじ](和歌山)ラーメン

小上がりの座敷テーブルが2つに、
カウンターがわりの大テーブルが、真ん中にドンっとあります。
ちょっと薄暗い雰囲気が、寂しさを醸し出しているな。

卓上には和歌山ではお馴染みの。。。
中華そば 味[あじ](和歌山)ラーメン

早寿司と茹で玉子が。

こちらがメニュー。
中華そば 味[あじ](和歌山)ラーメン

基本の中華そばは550円と、昔ながらの店に多い値段設定。
ハーフチャーハンとのセット(850円)があったので、
チャーハン好きの私はこちらにしました。

まず、こちらがハーフチャーハン。
中華そば 味[あじ](和歌山)ラーメン

盛りはホントにハーフ、全く量が多くないです。
これでラーメンと別で、350円の値段設定はちょっと高いな~
いただいてみると、まず塩っ気がすごい。
炒められ具合は私にはちょうどええんですけど、
どんだけ塩入れてんねんって味はどうも・・・

そして、こちらが中華そば。
中華そば 味[あじ](和歌山)ラーメン

見た目は、井出系、車庫前系の分別からすると、井出系寄りと思います。
スープの匂いも店外で感じられた豚骨臭がしっかりしてるし、
こりゃ、私の好みっぽく、そのスープからいただいてみます。
うん、飲んでみるとさほどのコクは感じられませんが、
和歌山ラーメン特有のさっぱりし過ぎ感もなく、調和のとれたええスープ。

麺は中細のストレート麺。
中華そば 味[あじ](和歌山)ラーメン

和歌山ではよくあるタイプですね。
こちらはまあ平凡。

チャーシューは2枚。
中華そば 味[あじ](和歌山)ラーメン

がっしりした歯ごたえの豚バラ肉で、味付け具合もちょうどいい。
これはチャーシューメン(750円)にすべきだったかなと思うくらい。

スープとチャーシューは好みの味でしたが、麺があと一歩。
まあ、この味のタイプは和歌山でも多いので、
三位一体がきちんとしているお店に、どうしても次回は行ってしまいますね。
ただ、朝5時まで営業と、寂れた繁華街ながら営業時間が長いので、
飲んでて帰れなくなった時の〆ラーメンにしちゃいそうな予感です(^^;)

住所:和歌山県和歌山市元寺町1丁目63
電話:073-423-2646
営業時間:11:00~翌5:00
定休日:無休
↓お勧めリンク↓

★こってり豚骨醤油和歌山ラーメンの代表格!!★


中華そば 味ラーメン / 紀和駅和歌山市駅

夜総合点★★☆☆☆ 2.8