関西のあちこちで食べたラーメンの徒然記録


大阪のラーオタさんならば、誰でも知ってる情報ですよね。
それは、難波にある有名ラーメン屋のおはようラーメン。
月初第一日曜に開催されております。
今回、その日程に偶然にも合うことができ、
スルッとKANSAI 3dayチケットを使った、
麺類をどれだけ食べ歩きできるか、挑戦してみることにしました。
その1軒目、〇丈[maruJOE]にやって来ました。

〇丈[maruJOE](大阪難波ミナミ)東大阪高井田風中華そば

朝7時半くらいに到着したんですけど、すごい人気ですね。
こんな朝早くから待ち客いてます。
ラーメン屋で並んでまで食おうとは思わない私なんですが、
3人程度の待ちでしたし、他に選択の余地もないので並びました。

そのおはようラーメンメニュー。
〇丈[maruJOE](大阪難波ミナミ)東大阪高井田風中華そば

味は高井田風中華そばの一種類のみで、並で650円。
あと、それに大きさ、肉増しの組み合わせ。
そして、ごはん(200円)に早寿司(150円)です。

卓上はめっちゃすっきり。
〇丈[maruJOE](大阪難波ミナミ)東大阪高井田風中華そば

カウンター10席程度の店内です。

こちらがその高井田風中華そばの小(550円)。
〇丈[maruJOE](大阪難波ミナミ)東大阪高井田風中華そば

これからの食べ歩きを考慮して、小にしときました。
コクのありそうな真っ黒なスープが特徴ですね。
あと煮玉子が雨の日やったんで、サービスでのっています。

まずはそのスープよりいただく。
〇丈[maruJOE](大阪難波ミナミ)東大阪高井田風中華そば

高井田ラーメンというと、ちょっと酸っぱめのスープが多いですけど、
こちらのお店はそんなことないですね。
鶏ガラがベースだと思いますが、濃口の醤油の風味と共に、
非常に深い味わいとなっております。
あっさりの中にコクがあるんですよ。
トータルの完成度がめっちゃ高いと感じました。

チャーシューもがっしり歯応えのあるタイプ。
きちんと主張してくれています。

煮玉子も半熟度合いが好み。
〇丈[maruJOE](大阪難波ミナミ)東大阪高井田風中華そば

青葱のシャキシャキさもスープに合っているよな。

麺は中太のストレート麺。
〇丈[maruJOE](大阪難波ミナミ)東大阪高井田風中華そば

自身の好みとすれば、このスープならば、
もっと太くそしてかためがええかなと思いますけど、
しっかりしたコシを感じますね。

うん、さすが!
醤油ベースのラーメンでは、ここ最近食べた中でもナンバー1ですね。
きちんと、主張のあるラーメンです。
また通常タイムに別のラーメンを食べてみたい、
そう思わせてくれる店です。

さーて、そんじゃ2軒目に移動しましょうか。
こちらのブログですぐに続きます。

住所:大阪市中央区難波千日前6-16
電話:06-6643-6633
営業時間:11:30~15:00 18:00~21:00
毎月第1日曜・おはようラーメン(夜営業なし)7:00~10:30 11:30~15:00
定休日:水曜
↓お勧めリンク↓

石神秀幸のラーメンマップ東京 1

〇丈ラーメン / 難波駅(南海)近鉄日本橋駅日本橋駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5


仕事帰りにJR和歌山駅へ。
こっから乗って帰るにもなんかさみしいので、
ラーメンでも食って帰るかと。
ってなわけで、このJR和歌山駅界隈では、一番ここが便利ですね。
和歌山駅ビル、ミオの地下1階にあります、
「丸美商店」に立ち寄りました。

丸美商店(JR和歌山駅)中華そば・つけ麺

このミオの地下1階は飲食街になっており、
その一角にあります。

店頭のメニュー。
丸美商店(JR和歌山駅)中華そば・つけ麺

これ見ると、和歌山のラーメン屋には珍しく、
つけ麺もやっていますね。
和歌山中華そばもあちこち最近よく食っているので、
こっちにしようかな~

店内の様子。
丸美商店(JR和歌山駅)中華そば・つけ麺

テーブルは3つくらいやったかな。
結構、こじんまりした感じ。

そしてカウンター。
丸美商店(JR和歌山駅)中華そば・つけ麺

こちらは6席程度。
和歌山お馴染みの、茹で玉子置いてますし、
あと、早すしもテーブルにはありました。
なぜかカウンターにはおにぎりが・・・
それにおでんもやっているようですね。

メニュー、表。
丸美商店(JR和歌山駅)中華そば・つけ麺

そして裏。
丸美商店(JR和歌山駅)中華そば・つけ麺

中華そばで600円ですから、和歌山ラーメンとすれば平均的。
ま、この立地ですから安い部類かな。
そして、つけ麺は並盛り(300g)で780円。
小盛り(200g)ってのも680円でできるみたいやったんで、
家に帰って、晩酌するつもりでいてた私はこれにしました。

つけ麺、小盛り(680円)出来上がり。
丸美商店(JR和歌山駅)中華そば・つけ麺

注文するとき、15分かかりますがよろしいでしょうかと言われましたが、
極太麺を茹でるのにそのくらい時間かかるのは百も承知の私。
後から入ってきた客の中華そばがどんどん出来上がる中、
ゆったり待ちました(^^)
あ、麺は「あつ盛り」もでけたので、
つけ麺はすぐ冷めるのが嫌いな私はそっちで。

こちらがつけ汁。
丸美商店(JR和歌山駅)中華そば・つけ麺

もー見た目が、六厘舎タイプのオーソドックスな濃厚豚骨魚介系。
トリプルスープと書いてあったので、鶏ガラも入っているんでしょう。

極太麺をつけ汁にくぐらせます。
丸美商店(JR和歌山駅)中華そば・つけ麺

味はもう想像どおりですね、あの「六厘舎」を思い浮かべる味。
無難に美味しい。
ただ、ちょっと塩っ辛さが目立つな~
スープ割りもできるかどうか書かれていなかったので、
最後、塩辛いつけ汁はそのまま残して帰りましたが、できるんでしょうか?

チャーシューとメンマを麺の上にあげてみました。
丸美商店(JR和歌山駅)中華そば・つけ麺

チャーシューは2種類入っていて、スライスされたトロトロのものと、
サイコロタイプの歯応えがあるタイプと。
これ2種類入れているの正解ですね、この味の違いが面白い。
そして極太メンマも、このタイプのつけ麺にぴったりでしょう。

何度も書きますが、「六厘舎」タイプのつけ麺好きならば、
この味は全くはずれていませんので、美味しくいただけると思います。
しかし、もし和歌山までやって来て、食べるつけ麺ではありませんね。
大阪でやと、このタイプのつけ麺やってるラーメン屋ごろごろありますし。
あくまで、地元和歌山で普通の中華そば、食べ飽きた人向けですね。

住所:和歌山県和歌山市美園町5-61 和歌山ミオB1F
電話:073-426-1231
営業時間:10:00~22:00(L.O.21:30)
定休日:無休
↓お勧めリンク↓

★こってり豚骨醤油和歌山ラーメンの代表格!!★


丸美商店ラーメン / 和歌山駅田中口駅

夜総合点★★★☆☆ 3.0


その日のランチはラーメン気分。
ただ、ラーメンと言えど、
ジャンルは様々ですから、既に心は決まっておりました。
そのジャンルは「とんこつ」!
ちょうど、難波界隈にいてたので、
検索かけるとこちらのお店が、私の好みに合いそうです。
心斎橋にあります「ずんどう屋」大阪本店に立ち寄りました。

ずんどう屋 大阪本店(大阪心斎橋)とんこつラーメン

姫路発祥、関西風のとんこつラーメンです。
私のとんこつラーメン好みから言うと、関西系のとんこつは、
豚骨臭さもなく、ライトな味わいの部類が多いので、
好みからは外れるかなと思ったんですけどね。

しかし、こちらがメニュー。
ずんどう屋 大阪本店(大阪心斎橋)とんこつラーメン

もう1枚。
ずんどう屋 大阪本店(大阪心斎橋)とんこつラーメン

背脂の量を調節できるんですよ。
「無鉄砲」のようなドロドロ豚骨ラーメン好きな私なので、
ですから、この店も合うんじゃないかなと思った訳です。
大阪大国町「無鉄砲」の記事はこちら!

お得な定食もありました。
ずんどう屋 大阪本店(大阪心斎橋)とんこつラーメン

ただ、この日は夜、飲みに行く予定でしたので、お昼はほどほどで。
元味らーめん(700円)のみの注文です。
麺はとんこつ系は細麺でしょう、
そんで背脂は「まみれ味」は躊躇したんで、「こってり味」にしました。

辛子高菜はサービス。
ずんどう屋 大阪本店(大阪心斎橋)とんこつラーメン

うん、とんこつ系のお店で、これが無料ですとポイント高い。
ラーメン来るまでに、ちょこちょこつまみます。

出来上がり!元味らーめん(700円)
ずんどう屋 大阪本店(大阪心斎橋)とんこつラーメン

一番シンプルなのにしたんで、見た目もオーソドックスです。
スープの背脂度合いは最強ランクにしなかったので、
さほどでもないなって印象ですけど、こってり感はありますね。
まずはそのスープからいただいてみる。
いわゆる九州系の豚骨臭さはなく、背脂投入がなければ、
非常にあっさりしたマイルドなタイプの豚骨ラーメンであろう。
そして背脂の度合いであるが、
最初の食べ始めはちょうどこれでよかったと思ったのだが、
食べ進めるにしたがって、くどく感じるようになってきた。
並味で、私はちょうどええんやろな。

チャーシューは柔らかいトロトロのタイプ。
ずんどう屋 大阪本店(大阪心斎橋)とんこつラーメン

このラーメンには、このチャーシューですね。
合ってますし、私好み。
ただ、もっとぶ厚めでしたら、さらに好み度が増します。

麺は極細のストレート麺。
ずんどう屋 大阪本店(大阪心斎橋)とんこつラーメン

つるんと喉越しのええ麺は、あ~とんこつラーメン食ってるなって感。
周りの替え玉コールも非常に多かったのは納得。

味を変えましょう。
ずんどう屋 大阪本店(大阪心斎橋)とんこつラーメン

高菜と紅生姜をトッピング。
これが豚骨ラーメンの醍醐味ですね。

完成度の高い、豚骨らーめんだなって印象。
姫路からどんどん勢力伸ばして、
兵庫県を中心にあちこちチェーン店できておりますが、
その勢いも納得できます。
ただ、基本ラーメンが700円ってのが、ちょっと値段高いよなって印象。
豚骨の本場、九州に行くと、500円切る値段で出してる店多いから、
どうしても九州に行くと、ラーメン食う頻度が増すんよな~

住所:大阪市中央区心斎橋筋1-5-7 セーナビル1F
電話:06-6245-0883
営業時間:11:00~翌3:00
定休日:無休
↓お勧めリンク↓

何回もいきたくなるラーメン店100


ずんどう屋 大阪本店ラーメン / 心斎橋駅長堀橋駅四ツ橋駅

昼総合点★★☆☆☆ 2.8


金曜仕事終わりのラーメン一杯!
ささやかながらではありますが、一週間働いた自分へのご褒美。
どこに行こうかなと考えましたが、
ノスタルジーを感じる、和歌山中華そば屋がええなと。
ってわけで、やって来たのは、
○平(まるひら)中華そば専門店です。

○平[まるひら]中華そば専門店(和歌山八幡前)ラーメン

どうです?この感じ。
まるでプレハブ小屋のような雰囲気は今日の気分にぴったり。
どちらかと言えば、深夜に訪れたいタイプのラーメン屋ですね。

店内の様子。
○平[まるひら]中華そば専門店(和歌山八幡前)ラーメン

カウンターにテーブルの配置は、一人客、グループ、
どちらでも入りやすい構成。

店内写真、もひとつ。
○平[まるひら]中華そば専門店(和歌山八幡前)ラーメン

卓上には和歌山お馴染み、早すし、茹で玉子もあります。
また、こちらのお店は巻き寿司もありました。

メニュー。
○平[まるひら]中華そば専門店(和歌山八幡前)ラーメン

はい、いたってシンプル。
和歌山の古くからのラーメン屋を巡っていると、
こういうメニューにも慣れてきましたね。

中華そば(600円)をオーダー。
○平[まるひら]中華そば専門店(和歌山八幡前)ラーメン

醤油色が強いので、井出系、車庫前系の区別とすれば、
車庫前系のお店ですね。
で、結構スープに油膜が張っております。
こういうタイプ、前にも食ったことがあるよなって思い返すとこちら。
○木(まるき)中華そばの記事はこちら!

どうも他の方の口コミを見ると、
○木の初代店主の娘さんがやっておられる店なんですね。
どうりで似ているわけだ。

具材は、葱、チャーシュー、メンマ、千代巻とオーソドックス。
○平[まるひら]中華そば専門店(和歌山八幡前)ラーメン

赤身のチャーシューが結構多めに入っておりましたが、
これがパサパサし過ぎで、自身の好みではありませんでした。

逆に、細切りのメンマはシャキシャキさがあり、よかったですね。
○平[まるひら]中華そば専門店(和歌山八幡前)ラーメン

スープを飲んでみる。
○平[まるひら]中華そば専門店(和歌山八幡前)ラーメン

うーん・・・豚骨、鶏ガラのコクってもんが全く感じられない。
さっぱりした醤油味なんだけど、単にそれだけ。
もうちょい動物系の旨みが欲しいよな。

麺は中細のストレート麺。
○平[まるひら]中華そば専門店(和歌山八幡前)ラーメン

このスープの味わいにはこれですね。
かためのゆで加減が私には好みです。

おねえさんお二人で営業されており、
接客もすっごく元気でハキハキした印象は気持ちいい。
しかし、豚骨の旨みが入っているスープには、
臭いくらいにコクを求める私には合わないラーメンでしたね。
ただ、酒飲んだ後に食べると美味しいと思えるかな?
(この近くで呑むなんてことは皆無ですけど・・・)

住所:和歌山県和歌山市古屋153-31
電話:073-453-3004
営業時間:17:30~翌1:30
定休日:月曜日
↓お勧めリンク↓

★こってり豚骨醤油和歌山ラーメンの代表格!!★


○平 中華そば専門店ラーメン / 八幡前駅

夜総合点★★☆☆☆ 2.7