関西のあちこちで食べたラーメンの徒然記録


和歌山ラーメンめぐり。
この日は和歌山駅周辺で用事があって、やって来ました。
そのヤボ用も終わり、夜19時ともうええ時間。
なんかちょっと食って帰るかと、ラーメン屋を検索。
今いる場所から5分くらいで行けそうですね。
時三(ときぞう)へお邪魔しました。

中華そば 時三[ときぞう](和歌山JR和歌山駅)ラーメン

見ての通り、年季が入っているお店ですね。
和歌山の伝統的な豚骨醤油ラーメンが食えそうです。

店内の様子。
中華そば 時三[ときぞう](和歌山JR和歌山駅)ラーメン

壁、厨房をぐるっと囲むカウンターのみ。
この造り自体がこの店の歴史を感じさせますね。

メニュー。
中華そば 時三[ときぞう](和歌山JR和歌山駅)ラーメン

このシンプルさもいいよね。
ラーメン、焼きめし、餃子の3種類のみ。
そのラーメンは、チャーシュー、もやしの増量、
そして各大盛りにするかの選択のみです。
デフォルトのラーメンは、この和歌山市街地では平均的な600円。
こちらのお店はもやし中華(800円)が、
炒められたもやしが、どさっと大量にラーメンの上に乗せられるのと、
あと焼きめし(600円)が美味しいと評判であったが、
家に帰ってから晩酌もするので、今回は中華そばのみのオーダーにしました。

中華そば、出来上がり。
中華そば 時三[ときぞう](和歌山JR和歌山駅)ラーメン

和歌山らしい、茶濁色の豚骨スープ。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、葱、かまぼこです。

まずはそのスープをいただいてみます。
中華そば 時三[ときぞう](和歌山JR和歌山駅)ラーメン

こちらの写真見ての通り、胡椒が大量に浮いていますね。
これ、私が入れたわけではなく、最初から入っているんですよ。
見た目はもっと豚骨のコクがあるかなと思うのだが、それほどでもない。
「井出商店」に代表されるあの味わいですね。
ただ、こちらのお店は井出ほどの豚骨寄りではなく、
醤油がしっかり効いている。
バランスが非常にええんですよ、胡椒をこれだけ効かせているのも、
このスープに合うからですね。
私はスパイスどばどば系好きなので、このバランスは気に入りました。

麺は中細のストレート。
中華そば 時三[ときぞう](和歌山JR和歌山駅)ラーメン

これは茹で加減が全然私にはダメでした。
しゃきっとカタメ好きな私なんですけど、
逆方向のねっとりとやわめやったんですね。

チャーシューは、どこの和歌山老舗の中華そば屋でも味わえるタイプ。
中華そば 時三[ときぞう](和歌山JR和歌山駅)ラーメン

特に言及しないです。

いい意味でも悪い意味でも、和歌山らしいお店ですね。
観光でやって来て、これぞ和歌山ラーメンだ!
ってのを味わいたい方に一番向いていると思います。
特に、JR和歌山駅界隈にホテルとってて、
夜、飲みに来て、最後〆るラーメンにええやろな~
(営業時間も深夜までやっているしね)
はい、そんなラーメンです。

住所:和歌山県和歌山市美園町4-82
電話:非公開
営業時間:19:00~翌3:00
定休日:日曜日
↓お勧めリンク↓

★こってり豚骨醤油和歌山ラーメンの代表格!!★


時三ラーメン / 和歌山駅田中口駅

夜総合点★★☆☆☆ 2.7


この日元旦は、大分に滞在中。
まあ、飲食店は軒並みお休みだらけですよね。
ただ、絶対どの地区でも食えるような大手チェーン店だけには、
手を出さないでおこうと決めていました。
そんな中、いざ車走らせているとなかなかない・・・・
別府から由布市へ走り、初詣をすませ、大分市の市街地に行けば、
なんとかなるやろと、そちらに車を走らせます。
そこで見つけたのがこちらのお店、
横浜家系ラーメン「とん壱」新川D-PLAZA店です。

横浜家系ラーメン「とん壱」新川D-PLAZA店(大分市)

ここで私、致命的なミスをやらかしておりました。
てっきり大分やし、九州系のとんこつラーメンやと思ってたんですよ。
完全に「横浜家系」の文字を見落としていました。

店頭に券売機が置いています。
横浜家系ラーメン「とん壱」新川D-PLAZA店(大分市)

うん、一番のベースはどれも豚骨やし、この時でも九州系やと疑ってなかった。
まあ、そっから派生して、醤油や味噌や、
さらにつけ麺まで手をだしてるなってくらいに思ってたんです。

平日はお得なランチセットもあります。
横浜家系ラーメン「とん壱」新川D-PLAZA店(大分市)

ま、元旦なんで、この日はありません。

店内の様子。
横浜家系ラーメン「とん壱」新川D-PLAZA店(大分市)

元旦11時から、まあラーメン食いにくる人間はおらんよな。
私がこの日の一番乗りやったでしょう。
テーブルばっかりで、結構広めです。

どうやら、醤油豚骨(650円)が一番人気ってことでそれにしました。
その時、麺の太さを聞かれ、九州系ならば、細麺やなと、
中太麺もありましたが、そっちをチョイス。
あと麺の量は、並・中・大盛がどれでも無料で選べたので、
大食いの私はもちろん大盛りです。

で、ふと、この壁メニュー見て、失敗した!と気づきました。
横浜家系ラーメン「とん壱」新川D-PLAZA店(大分市)

「吉村家」の味を引き継ぐ、横浜家系ラーメンって・・・・
ならば、麺は絶対、中太麺の方が合うでしょうに・・・
それになんで九州へ観光へ来て、横浜家系食わなあかんねん。
完全な私の見落としミスやな。

はい、オーソドックスな、横浜家系らーめんの登場です。
横浜家系ラーメン「とん壱」新川D-PLAZA店(大分市)

まず、ほうれん草のトッピングが横浜家系ラーメンですよね。
そして、海苔もその特徴ですし、トロっとしたスープもそう。
そのスープよりいただいてみます。
うん、これぞ横浜家系ラーメンの味そのまんまですね。
脂分もしっかり効いており、豚骨のコクもよく感じられます。
ただ、自身には少ししょっぱいかな~って印象がありました。
もっとマイルドでクリーミーな方が、横浜家系では好みですね。
例えば、以下の店なんてそうです。
和歌山「○花」の記事はこちら!

麺は指示通りの細麺。
横浜家系ラーメン「とん壱」新川D-PLAZA店(大分市)

うーん。。。。このスープの濃いさなら、チョイスは絶対中太麺が正解。
麺へのスープ絡みが多すぎるんですよね。
なので、スープがしょっぱいってイメージになっちゃたのかな。

チャーシューは結構ぶ厚めのが2枚。
横浜家系ラーメン「とん壱」新川D-PLAZA店(大分市)

これは炙りがちょっと物足りないかなって印象。
この色目全くトロトロに煮込まれた感もないですよね?
この見た目そのまんまの味です。
どちらかと言えば、ハムっぽい印象。

しかし、大盛りは多かった・・・
横浜家系ラーメン「とん壱」新川D-PLAZA店(大分市)

普通の並の2倍は入ってるんではないかな?
まあ、この日は他に外食するわけではなく、
私のお腹にはすんなり入って、ええ満腹感でしたけどね。

スープと麺のバランスは中太麺にすれば、非常によくとれていると思います。
横浜家系とはこういうもんだ!って主張も感じますしね。
ただ、個性があるかと問われるとどうかな?
まあ、「吉村家」の味を引き継ぐって書いてあるし、
無難な味は仕方ないかな~

住所:大分県大分市勢家1137 D・プラザ1F
電話:097-532-5119
営業時間:11:00~24:00
定休日:無休
↓お勧めリンク↓

横浜ラーメンセット☆横浜ラーメン吉村家&横浜ラーメン侍 家系ラーメン2店舗8食入り食べ比べ


とん壱 新川 D-PLAZA店ラーメン / 大分駅

昼総合点★★☆☆☆ 2.5


和歌山県庁近くでのランチシリーズです。
その日は、和歌山らしい老舗ラーメンが食いたい。
で、前日、ランチ処を探している時にええ店見つけていたんですね。

中華そば ○吉[まるよし](和歌山県庁前)ラーメン

どうです?この店構え(^^)
めちゃめちゃ味ある昔からの伝統を語り継いできたって雰囲気でしょ?
本日はこちらでいただきましょう、「○吉」(まるよし)を訪問しました。

こちらがメニュー。
中華そば ○吉[まるよし](和歌山県庁前)ラーメン

はい、ラーメンは、大盛りにするかどうかの選択のみ。
しかし並の450円はこういう老舗らしく安いな~って印象なのだが、
大盛りになると800円になるんですね。
チャーシューとかも増量されて、倍くらいの鉢でたんまり来るんやろか。
ちょっとした一品もの(150円)も何種類かあり、
店内の一角に置かれていていました。

その店内。
中華そば ○吉[まるよし](和歌山県庁前)ラーメン

カウンターです。
昔ながらの大衆食堂雰囲気。
その背面にはテーブルがいくつかあります。

中華そば並(450円)を注文。
中華そば ○吉[まるよし](和歌山県庁前)ラーメン

井出系、車庫前系の和歌山らーめん区別からすると、
見た目からは車庫前系寄りか。
ただ、少しスープに濁りがありますね。
レンゲなんてもんは出されないので、
そのまま鉢からまずスープを味わってみる。
動物系の旨味はほどほどに感じ、切れ味の鋭い醤油味。
あと、デフォルトの状態で、めっちゃ胡椒かかっているなと思ったのだが、
その胡椒辛さが顕著!
まあ胡椒が合うスープなんで、私はこのぐらいでちょうどよかったが、
普通の舌感覚を持つ方には辛すぎるのではと思います。
(この私でも、さらに卓上の胡椒は加えなかった)

麺は中細のストレート。
中華そば ○吉[まるよし](和歌山県庁前)ラーメン

これまた昔ながらの味だな~
自家製ではないとは思いますが、
ずっと同じところから仕入れているのでしょう。

チャーシューは2枚と、細切りのメンマ。
中華そば ○吉[まるよし](和歌山県庁前)ラーメン

和歌山ラーメンでは、この赤身タイプですね、無難にスープに合う。
あとこの細切りのメンマ、シャキシャキっとなかなかよかったです。

その日求めていた、
昔ながらのラーメンを味わうという気分にはぴったりくる一杯でした。
お店の営業時間も月~金のランチタイムのみなので、
非常に訪問するタイミングが厳しいかと思いますが、
ご年配の醤油ラーメン好きな方には、好まれる味やと思いますよ。

住所:和歌山県有田屋町南ノ丁25
電話:非公開
営業時間:11:00~13:00頃(材料が無くなり次第終了)
定休日:土、日、祝日
↓お勧めリンク↓

★こってり豚骨醤油和歌山ラーメンの代表格!!★


まるよしラーメン / 和歌山市駅和歌山港駅

昼総合点★★☆☆☆ 2.8


和歌山でのラーメン巡り。
ありきたりの昔ながら豚骨醤油らーめんにも飽きてきた頃、
ちょっと別な味のスープが飲みたくなりました。
そこで検索していると、鶏ガラベース白湯系のお店があるではないか。
うん、こういうクリーミー系がまさに今の私の気分と一致。
六十谷駅付近にあります、麺屋 鳥見本(とみもと)にやって来ました。

麺屋 鳥見本[とみもと](和歌山六十谷)ラーメン・つけ麺

お店は、今風のおしゃれ系ラーメン屋です。

店内カウンター。
麺屋 鳥見本[とみもと](和歌山六十谷)ラーメン・つけ麺

横一直線が結構長い、15人ちょっとは座れるか。
そして窓際にテーブル席という配置です。

メニュー、ラーメン。
麺屋 鳥見本[とみもと](和歌山六十谷)ラーメン・つけ麺

そしてつけ麺。
麺屋 鳥見本[とみもと](和歌山六十谷)ラーメン・つけ麺

ご飯類。
麺屋 鳥見本[とみもと](和歌山六十谷)ラーメン・つけ麺

限定のあっさり中華そば。
麺屋 鳥見本[とみもと](和歌山六十谷)ラーメン・つけ麺

ラーメンが650円、つけ麺750円ですから、
こういう今風のお店では平均的なお値段ですね。
つけ麺は夜限定ですので、昼時間はラーメンからのチョイスですが、
味的に濃いめを欲していたので、鶏骨醤油(650円)にしました。

こちらがその鶏骨醤油、出来上がり。
麺屋 鳥見本[とみもと](和歌山六十谷)ラーメン・つけ麺

トッピングは、チャーシュー、葱、ナルト、小松菜、極太メンマ。
スープの泡立ち方が、鶏骨をじっくり煮込んだ感が伺えますね。

まずはそのスープよりいただいてみます。
麺屋 鳥見本[とみもと](和歌山六十谷)ラーメン・つけ麺

想像してたよりも、さっぱりあっさり感が際立っている。
あと、魚介も少し入ってますよね?
もっとドロッとクリーミーさを欲していた私の気分とは離れていましたね。
ただ、トロリとしており、非常に優しい味わいなので、
こりゃ女性に受けるタイプでしょう。

チャーシューは、ちょいぶ厚めのがっしり歯ごたえのあるタイプ。
麺屋 鳥見本[とみもと](和歌山六十谷)ラーメン・つけ麺

私はもっとじっくり煮込まれた感のあるトロトロタイプが好きなので、
これも好みからはずれていましたね。

麺は中細のストレート。
麺屋 鳥見本[とみもと](和歌山六十谷)ラーメン・つけ麺

つるんとした喉越しで、あまりスープは絡みません。
麺自体は美味しいと思うのですが、スープとの相性はどうでしょうか。

ラーメンなんて、各個人差で好みが非常に分かれる食い物やと思っている私。
オススメのラーメン店を人から聞かれることも多いのですが、
その時は、どういうお店のラーメンが好きかを必ず聞いてから、
応えるようにしております。
私は、この店のラーメンが好みから外れましたが、
しかし逆に合う方も多々おられるでしょう。
あっさり無化調のタイプ好きなら、合うのではないでしょうか。

住所:和歌山県和歌山市六十谷18-1
電話:073-496-4031
営業時間:11:00~14:00 17:00~21:00
定休日:火曜日
↓お勧めリンク↓

★こってり豚骨醤油和歌山ラーメンの代表格!!★


鳥見本ラーメン / 六十谷駅

昼総合点★★☆☆☆ 2.5