関西のあちこちで食べたラーメンの徒然記録


この日のランチは阪神御影駅に出没。
何を食べようかと考えたんですけど、あっさり系の麺類がええかなと。
うどん・・・そば・・・候補店を思う浮かべてみましたが、
どうもしっくりこない。
ラーメン・・・こってり系のお店がまず浮かんだんですけどね。
ただ、旨水館御影市場にある焼鳥屋さんがランチ営業してて、
そこで、〆に出す鶏塩ラーメンをお昼に提供されているのを思い出した。
うん、気分的に合致!ここにしましょう、「一喜鶏」離れです。

一喜鶏 離れ(神戸阪神御影)鶏塩ラーメン

ここ阪神御影駅界隈は、焼鳥屋の多い地域でもあるんですけど、
「一喜鶏」さんは有名店。
その分店って形で、旨水館御影市場内に位置しております。

そのランチメニュー。
一喜鶏 離れ(神戸阪神御影)鶏塩ラーメン

さすがに昼に、焼鳥はやっていません。
ラーメンか、カレーか、揚げ物の定食といったラインナップ。
今回、お目当ての鶏塩ラーメンは550円と、値段もお手頃です。

店内の雰囲気。
一喜鶏 離れ(神戸阪神御影)鶏塩ラーメン

大衆焼き鳥屋さん風情です。

ラーメン注文して、待っている間にその他メニューを見てみる。
一喜鶏 離れ(神戸阪神御影)鶏塩ラーメン

続き。
一喜鶏 離れ(神戸阪神御影)鶏塩ラーメン

ドリンク。
一喜鶏 離れ(神戸阪神御影)鶏塩ラーメン

お値段的には大衆焼き鳥としては、平均的ですね。
刺身系も置いてあり、その鶏肉の質としては、期待が持てそう。
ただ、今回食うのはラーメンですから、それは関係ないか。

こちらが鶏塩ラーメン(550円)。
一喜鶏 離れ(神戸阪神御影)鶏塩ラーメン

見た目はこのお値段ですから、非常にシンプル。
焼き鳥食って飲んで、最後に頼みたくなる見た目風情ですね(^^)
脇にある、小皿は柚子胡椒です。

若干、鶏肉もトッピングされています。
一喜鶏 離れ(神戸阪神御影)鶏塩ラーメン

この鶏肉がなかなか旨かった。
スープの味も、鍋の最後に食べる味わいに似ています。
いろんな具材の味わいが詰まっていますね、コクがあります。
あと、トッピングされていた海苔との相性もよかったです。

麺はつるつるしこしこの中細ストレート。
一喜鶏 離れ(神戸阪神御影)鶏塩ラーメン

さすがにラーメン店ではないですから、麺自体にこだわりは感じませんが、
こういうの飲んだ後には最高やろな。

最後の方で、柚子胡椒を投入。
一喜鶏 離れ(神戸阪神御影)鶏塩ラーメン

この味変化もええね。

焼鳥屋のラーメンで、この値段でしたから、全く期待はしてなかったんですけど、
麺、スープ、トッピング、全体のバランスが非常によかったです。
今のラーメン専門店って、普通の基本ラーメンで750円ぐらい取りますけど、
このレベルのラーメン且つ、このお値段で、充分なんよな~
私は、満足ですね(^^)

住所:神戸市東灘区御影本町6-15-10 旨水館御影市場
電話:078-811-9293
営業時間:11:30~翌1:00(L.O.24:00)
焼き鳥営業は17時~(ただし予約の場合は11時半~可)
定休日:無休
↓お勧めリンク↓

全国B級グルメツーリング

博多でのランチ。
本来はラーメン食うつもりなかったんですけどね。
目的は麺類でもパスタやったんですけど、とんでもない行列に並ぶ気力もなく、
他を探すことにしました。
結果、ホテルへ早くチェックインすることだけを考えて選んだ店がここ、
「川端どさんこ」やったんです。

川端どさんこ(福岡博多中州川端)味噌ラーメン

まずホテルを中州で予約してたので、徒歩5分くらいとすぐやったんと、
あと営業時間が11時15分オープンと、他のお店より少し早めやったんですよ。
なので、こちらの人気店をチョイス。
ただ、11時くらいに着いた頃には、既に行列は並び始めてました。
しかし1巡目は余裕でいける長さやったので、慌てず最後尾に並ぶ。

メニュー。
川端どさんこ(福岡博多中州川端)味噌ラーメン

なにがメインの味なのか、よーーーわからん店(^^;)
スープは味噌、醤油、バターの3種類ってことは、
お店の名前からも北海道系?って思うのだが、
ちゃんぽん、皿うどんまであるもんな~こっちは長崎系やん・・・

とりあえず、一番褒められているのは何か?
食べログの口コミを待っている間に調べる。
どうやら味噌ラーメンみたいやね、うん600円やし、これにしよ。

店内、行列の順番に、1,2人客は奥からカウンターを詰めて座っていきます。
川端どさんこ(福岡博多中州川端)味噌ラーメン

あ、テーブル席もありますよ、団体客はそっちでした。
しかし、あっという間に満席。
その後は、このカウンター席後ろに待ち客がずらりと並ぶので、
食うのプレッシャーかかるな~
あとでかい荷物持ってる私は、デブなうえにこの荷物ですから、
出る時に、通るにも一苦労でした。

出来上がり、味噌ラーメン(600円)!
川端どさんこ(福岡博多中州川端)味噌ラーメン

へ~なかなかチャーシューたっぷり入ってるやんって思われるでしょうが、
実は隣に座ったご年配の常連らしきご婦人が、
「私、チャーシュー食べないので、いただいてください」って、
いただいちゃったからです。
なので、2枚多いんですよ、本来は2枚。
隣にいかにも食いそうなデブが座ったから、声もかけやすかったでしょうね(^^)

まずは、その味噌スープから味わってみる。
なるほど~九州らしく、その味付けは甘め、そしてスープのベースは豚骨。
どうも北海道系の味噌とは、全く違った方向性です。
北海道代表格は「すみれ」が挙げられますが、全然違う。
個人的には、神戸、味噌ラーメンの老舗名店と似ている気がしました。
兵庫駅「さつき」の記事はこちら!

いただいたチャーシュー含め4枚(^^)
川端どさんこ(福岡博多中州川端)味噌ラーメン

がっしりした歯ごたえのあるチャーシューで香ばしさもええ案配。
うん、食べ応えあります、美味しい。

麺は中太のちぢれ麺。
川端どさんこ(福岡博多中州川端)味噌ラーメン

モチモチっとした食感で、ええ具合に、
さっぱりしてるけどコクのあるスープを絡んでくれます。

途中、チャーシューをくださったご婦人が、
「このスープ、にんにく入れるとさらに美味しいよ♪」と、
おろしにんにくの入った瓶をこちらに置いてくださった。
うんうん、私には甘めに感じていたスープにパンチでました。
この味わいの方が自身の好み。

そっか~なるほどって思える味。
まあ客層が、年末年始のこの休みにしては、
いかにも観光客って方がほとんどいなかった、ほぼ地元の方々みたいなんですよね。
博多は純粋な豚骨ラーメンがほとんどの地やから、
こういう別系統のラーメンが愛されるわけやわ。
うん、美味しい味噌ラーメンでした。

住所:福岡県福岡市博多区上川端町4-229
電話:092-271-5255
営業時間:11:15~19:55
定休日:火曜・第3月曜
↓お勧めリンク↓

全国B級グルメツーリング

九州旅、福岡博多に上陸。
なにを抑えても、これだけは先に食べようと思っていたものがありました。
それは本場の博多ラーメン。
私は、この博多系のラーメンでもあっさりマイルドなスープはあまり好みではなく、
ちょっと豚骨臭さが垣間見えるほうが好きなんですよね。
で、以前にお取り寄せしたラーメンがそのタイプやったお店の本店に向かうことに。
博多「一幸舎」の本店に向かいました。
お取り寄せしたラーメンレビュー記事は以下のリンク先で。
http://bkyugourmet.moo.jp/hakata_ikkousya.html

しかし、近寄ってみると、もう既に閉店準備??
日曜は21時閉店のはずだが、20時半前には閉まってました。
スープなくなったんかな~
仕方ない、駅ビルにも支店があることは知っていたので、そっちへ。
「博多デイトス店」です。

博多 一幸舎 博多デイトス店(福岡博多駅)ラーメン

さすがに人気店。
この博多めん街道にはずらりとラーメン店並んでいますが、一際賑わってました。

券売機方式。
博多 一幸舎 博多デイトス店(福岡博多駅)ラーメン

普通のラーメンは750円。本店が確か700円やったはずやから、
まあ土地代分は上乗せされてますね。
このめん街道のどこの店でもそうでしょうが。
で、ラーメンだけにしようと思っていたが、
こういう券売機ってうまく作っているよな。
「お得なセット」って文字にまず目がいくんですよ。
その横にある、黄金セット(1000円)が目立つんです。
プラス250円でチャーハンつくなら、こっちにしとこってなっちゃいました。

また、こっちもプッシュされてますね。
博多 一幸舎 博多デイトス店(福岡博多駅)ラーメン

博多のグルメ、明太子も一口餃子も食えるしな~
1100円やけど、こっちにすればよかったか。

1人なので、カウンターへ。
博多 一幸舎 博多デイトス店(福岡博多駅)ラーメン

グループ客が多く、テーブル席はちょっと待ちが出来ていました。

まずは、チャーハン。
博多 一幸舎 博多デイトス店(福岡博多駅)ラーメン

うん、パラッと感が自身の好み。
ただ味付けが結構塩辛かった・・・

そしてラーメン。
博多 一幸舎 博多デイトス店(福岡博多駅)ラーメン

うん、そうこの色合いのスープなんよね。
博多長浜系はもっと白っぽい色合いで、あっさりしているんですけど、
こちらのお店は、豚骨のコクってのがしっかり感じられるスープなんです。
トッピングは葱・キクラゲ・チャーシューです。

麺は、極細ストレート。
博多 一幸舎 博多デイトス店(福岡博多駅)ラーメン

まあこれは、博多ラーメンどこでもこのタイプ。
で、私は必ず、博多系の麺はかためでお願いしますが、今回もそう。
けど、食べ進めるにつれて、やわさを感じられたので、
バリカタにすりゃよかったかな?

チャーシュー。
博多 一幸舎 博多デイトス店(福岡博多駅)ラーメン

薄いペラペラの一枚もの。
これも博多ではよく見かけるタイプです。

そんで途中からこれで味を変える。
博多 一幸舎 博多デイトス店(福岡博多駅)ラーメン

辛子高菜と生姜なんですけど、
まず見て分かるとおり、紅生姜やないんです。
白い色合いの生姜・・・なんか博多ラーメン食ってる気せんから、
これは赤い紅生姜にしてほしいところ。
あと、辛子高菜もかなり漬け込まれているタイプで、
味が相当変わりますから、お気をつけ下さい。

うん、やっぱ美味しいラーメンやと思います。
けど、博多では街中のローカル店でラーメン食うと、
普通にお値段500円台のとこ多いですからね。
それ考えると、そういう店で食べるほうがええな。
まあけど駅から離れることなく、本場の味楽しめますから、
時間のない方にはオススメできますよ。

住所:福岡県福岡市博多区博多駅中央街1-1 博多デイトス2F博多めん街道内
電話:092-475-8510
営業時間:11:00~23:00(L.O.22:30)
定休日:年中無休
↓お勧めリンク↓

全国B級グルメツーリング

神戸の灘区、国道2号線沿いにあるラーメン屋さん。
相当、ここの前の道路はよく通ってたんですけど、
見た目からは入ろうとは思わなかったんですよね。
というのも、兵庫県を中心としたラーメンチェーン店、
「希望軒」から派生してできたお店なんだなってのは、
その店名と、メニュー構成からも分かってました。
その「希望軒」は遙か昔に食べた記憶があるんだけど、
あまり印象に残る味ではなかったんですよね。
しかし、冬の相当寒い日に、ここの前を通り過ぎて、
ランチに向かおうとしていてふと立ち止まりました。

希望新風(神戸六甲道・新在家)らーめん・つけ麺・ぎょうざ

ラーメンのメニューに辛いやつがあったんですよ。
それ以上、チャリ漕いで、JR六甲道方面までランチに出る気力がなくなり、
ここで熱くて辛いラーメン食って、あったまろうと決意。
「希望新風」に立ち寄りました。

その気になったラーメンメニュー。
希望新風(神戸六甲道・新在家)らーめん・つけ麺・ぎょうざ

基本がとんこつのラーメンやってのは、「希望軒」と変わりありません。
で、その中に、「赤」っていう、旨辛醤油味(730円)があったんですね。
お店に入る前からこれにしようと思っていたのですぐにオーダーです。

その裏。
希望新風(神戸六甲道・新在家)らーめん・つけ麺・ぎょうざ

あ、セットメニューあったんやね。
ランチは、唐揚げチャーハンセットのミニが+250円やったから、
これもつけりゃよかったな。

店内の様子。
希望新風(神戸六甲道・新在家)らーめん・つけ麺・ぎょうざ

このレトロ雰囲気、希望軒と一緒ですね。

そして、これも一緒だ。
希望新風(神戸六甲道・新在家)らーめん・つけ麺・ぎょうざ

店内のセルフコーナー。
キムチと、辛味ニラ、にんにくが置いています。

取ってきました。
希望新風(神戸六甲道・新在家)らーめん・つけ麺・ぎょうざ

さすがにニンニクは、仕事合間なので避けました。
(そうやなかったら、3粒くらい潰して入れたいけどね)

キムチをポリポリ食べてたら、やって来ました。
希望新風(神戸六甲道・新在家)らーめん・つけ麺・ぎょうざ

とんこつらーめん、赤(旨辛醤油)です。
見た目はそれほど、辛そうな色合いはしてないよな。
極々普通の豚骨醤油の色合い。

アップ。
希望新風(神戸六甲道・新在家)らーめん・つけ麺・ぎょうざ

唐辛子系の赤い色合いがもっとあると思ってた。
そのスープを飲んでみても、確かにピリッとくるけどその程度。
辛さに耐性のある私には物足りない。
そして、その豚骨醤油味も、なぜ長年食べずに来たかが思い出されます。
そう、この平凡でなんの印象も残らない味やったよな。

麺。
希望新風(神戸六甲道・新在家)らーめん・つけ麺・ぎょうざ

ちょい縮れが入っているか、中細の麺。
スープと同印象とだけしときます。

チャーシュー。
希望新風(神戸六甲道・新在家)らーめん・つけ麺・ぎょうざ

再びスープと同印象とさせていただきます。

卓上にこんな海苔があったので、大量に入れて、海苔味らーめんにする。
希望新風(神戸六甲道・新在家)らーめん・つけ麺・ぎょうざ

インパクトのないスープなんで、こうしてどんどん味に変化つけます。
もちろんセルフコーナーで取って来てた、
辛味ニラもどさっと、この後、投入しましたよ。

この味で600円やったら、まあこんなもんでしょ、
美味しくいただきました♪で済ませられるが、
なんせ、730円って値段設定は納得いかないラーメンです。
自身、ずっと「希望軒」って避けてみた道だが、
今後も避けて通ろうと再確認した日でした。

住所:神戸市灘区記田町5-6-16 クレスト六甲1F
電話:078-854-9677
営業時間:11:00~翌1:00(LO 翌0:30)
定休日:無休
↓お勧めリンク↓

全国B級グルメツーリング