関西のあちこちで食べたラーメンの徒然記録


この日の晩御飯は、甲南山手方面へ。
国道2号線沿いで2軒、行こうか迷ってた店がありました。
一つは安いセルフの讃岐うどん店、もう1軒はローカルらーめん屋さん。
両方見比べて、美味しさを感じたお店へ。
ラーメン「鳳鳴軒」です。

ラーメン 鳳鳴軒(神戸甲南山手)ちゃートロらーめん

国道2号線の北側に位置しており、
駐車場も少し離れたところに2台分確保されています。

この店のこだわり。
ラーメン 鳳鳴軒(神戸甲南山手)ちゃートロらーめん

あっさり豚骨のコシのある細麺みたいですね。
とりあえず、中に入って決めましょう。

メニュー。
ラーメン 鳳鳴軒(神戸甲南山手)ちゃートロらーめん

もう1枚。
ラーメン 鳳鳴軒(神戸甲南山手)ちゃートロらーめん

見た目、チャーシューがめっちゃ旨そうやなって印象やったので、
チャーシューらーめん(880円)にしようかと思ったが、
ちゃートロらーめん(910円)ってのが2種類のチャーシューと、
葱もどっさりのってるから、これに決定しました。
あ、麺のかたさは指定できましたから、「かため」でお願い。

セットメニュー。
ラーメン 鳳鳴軒(神戸甲南山手)ちゃートロらーめん

平日お昼は+150円で餃子セット、唐揚げセットにできるからお得。
今回は晩飯利用でしたので、+300円はちょっと高いかなとスルー。

店内の様子。
ラーメン 鳳鳴軒(神戸甲南山手)ちゃートロらーめん

こちらがカウンター。
あと背中側に4人掛けテーブル3つあります。

ちゃートロらーめん(910円)が出来上がり。
ラーメン 鳳鳴軒(神戸甲南山手)ちゃートロらーめん

チャーシュー、ネギと私の大好物2つがたっぷりなのが嬉しいです(^^)

まずは、そのスープから味わってみる。
ラーメン 鳳鳴軒(神戸甲南山手)ちゃートロらーめん

確かに、あっさり豚骨ですね。
但し、博多系の味とは全く違います。
博多系はクリーミーさを感じるのだが、こちらのお店はホントさっぱりです。
但し、黒いマー油が浮かんでいるんですけど、
こちらも混ぜていただくとええ感じになりました。

スライスチャーシュー。
ラーメン 鳳鳴軒(神戸甲南山手)ちゃートロらーめん

提供される直前に、炙っておられたので、その風味が香ばしい。
しかし、写真の見た目のように、
トロトロジューシーってことはありませんでした。

角切りチャーシュー。
ラーメン 鳳鳴軒(神戸甲南山手)ちゃートロらーめん

こちらは甘めの味付け。
この味付け対比アクセントはなかなか面白い。

麺は細麺
ラーメン 鳳鳴軒(神戸甲南山手)ちゃートロらーめん

かためでお願いしたので、私にはぴったり。
ただ、普通の茹で加減ならば、ちょっと物足りないのでは?
もうちょい太めのツルツルしこしこした麺の方が、
スープと合っているのではと思います。

スープに自身にはパンチを感じられなかったので・・・
ラーメン 鳳鳴軒(神戸甲南山手)ちゃートロらーめん

卓上にあったにんにくをひとかけら、潰して投入。
お~いいですね(^^)
印象としては、大阪のにんにくラーメン、「薩摩っ子」。
その記事はこちら!

口の中のにんにく臭さは、その後、何も人と会う用事がなかったので、
こういう食べ方で美味しくいただけましたが、普通はできないな~
ただ、このスープはこってりでもできるみたいですから、
そうすると、また印象変わるかもです。

住所:神戸市東灘区森南町1-6-11 サンライフつちや1F
電話:078-411-4700
営業時間:11:30~翌4:00
定休日:無休
↓お勧めリンク↓

全国B級グルメツーリング

やっぱ、ここのラーメンは私の原点となるラーメンです。
神戸滞在している間に、もっと食べておこうと、
神戸東地区のもっこすチェーンは制覇しよって、こちらのお店へ。
「もっこす」工場店にやって来ました。

中華そば もっこす 工場店(神戸阪神大石)ラーメン・餃子セット

外観、もう1枚。
中華そば もっこす 工場店(神戸阪神大石)ラーメン・餃子セット

見ての通り、工場に店舗を継ぎ足したってようなお店。
店内も狭く、カウンター10席のみです。
ただ、なぜかこの店人気度高いんですよね。
もっこすの固定ファンでも、ここの味が一番美味しいって、
地元の連れが言ってたし。
この日も、カウンターめいっぱいに座られていたので、
店内写真ありません。

そんで、この日は、ちょっといつもと趣向を変えようかと。
中華そば もっこす 工場店(神戸阪神大石)ラーメン・餃子セット

いつもなら中華そば単品(750円)だけを頼むんですけど、
+100円でできる、お昼の中華そば+餃子セット(850円)を、
頼んでみようかなと思ったわけです。

こちらが、餃子(5個)とライスのセット。
中華そば もっこす 工場店(神戸阪神大石)ラーメン・餃子セット

これで100円ってのは、安いと思います。
餃子ももっと冷凍タイプかなと思ったが、なかなかしっかりとした味。
パリッと焼きたて、美味しい餃子です。

そして、中華そば(750円)。
中華そば もっこす 工場店(神戸阪神大石)ラーメン・餃子セット

もうこの1年で何度も撮ってるビジュアルですから、
写真もいらんのですけどね(^^;)
しかし、旨そうなラーメンだ。

麺。
中華そば もっこす 工場店(神戸阪神大石)ラーメン・餃子セット

持ち上げるのもめんどいからこれで(^^)
私、もっこすのラーメンの食べ進め方として、
まず、スープと葱ともやし、このトリオから食べ進めるんですよ。
この豚骨醤油スープが、葱・もやしと相性ええんですよね。
そんで、この麺が卓上に置いてある辛味ニラと相性ええんです。
ただ、この辛味ニラを投入すると、スープが完全に味変わっちゃいます。
なので、上の写真、先にスープばかり飲んでいるから、
こんなに麺が露わになってるわけなんですよね。

最後はこれも私の定番。
中華そば もっこす 工場店(神戸阪神大石)ラーメン・餃子セット

お口直しの、このたくあんポリポリも旨いんよな♪

ラーメン単体750円は高いと思うけど、
この餃子セットにすることで、値段設定として妥当ですね。
相変わらず旨いラーメンやったし、満足でした(^^)
あ、工場店としての評価?
私のバカ舌では、どこの「もっこす」もおんなじ味です(^^;)

住所:神戸市灘区味泥町8-26
電話:078-881-1414
営業時間:11:00~15:00
定休日:無休
↓お勧めリンク↓

石神秀幸のラーメンマップ東京 1

自身のラーメンジャンルで一番好みなのは、九州系の豚骨ラーメン。
ですので、九州へ旅行に行くと、必ずラーメンを食べる比率が上がります。
その九州、博多、久留米系のラーメンを、
関西でチェーン展開しているお店がありますね。
その名は「虎と龍」。
私自身としては、非常に本場の味を再現できていると思いますし、
美味しいラーメンだと思ってます。
某、博多らーめんを名乗るチェーン店も関西にありますが、
私は、あのラーメンが博多の味とは微塵も思いません。

虎と龍 六甲道店(神戸)博多&久留米ラーメン

そんな本場の味を食べてみたくて、「虎と龍」にやって来ました。
今回はJR六甲道駅近くのお店を訪問です。

ラーメンの味は基本2種類。
虎と龍 六甲道店(神戸)博多&久留米ラーメン

博多の虎と、久留米の龍ですね(各650円)。
あっさりと、こってりとの違いだけで、両方とももちろん豚骨味です。
自身、こちらのチェーン店では、過去何度か食べてきてますけど、
あっさりは物足りなく、いつも、こってりの久留米の龍を頼みます。
この日もそうしました。

こちらがその久留米の龍(650円)。
虎と龍 六甲道店(神戸)博多&久留米ラーメン

チャーシュー、木耳、葱がトッピングされています。
まずは、そのスープより味わってみる。
うん、これやね~(^^)しっかりとした豚骨のコクを感じるスープ。
自身が好きな豚骨臭さは溢れるってことはなく、少し垣間見える程度。
しかしバランスが非常にええスープです。
本場久留米に持っていっても、地元の人間を満足させる味ではなかろうか。

チャーシューは薄いペラペラのが2枚。
虎と龍 六甲道店(神戸)博多&久留米ラーメン

これも九州本場で食べるのと同じタイプです。

麺は、極細まではいかないけど、ストレートの細麺。
虎と龍 六甲道店(神戸)博多&久留米ラーメン

麺のかたさは聞いてくれますが、今回はバリカタで。
ずっとカタメでここのチェーン店では注文してきたんですけど、
それでも自身にはやわいなって思ってましたので。
うん、最初食べ始めた時は、ちょっとかたすぎるかなと思いましたけど、
2分くらいでちょうどええ感じになりました(^^)
これからはすっと、バリカタ注文だな。

途中で、卓上の紅生姜、辛子高菜、胡麻を投入で味を変える。
虎と龍 六甲道店(神戸)博多&久留米ラーメン

辛子高菜も無料トッピングできるのが、嬉しいサービスです。

うん、期待通りの美味しい本場久留米ラーメンです。
関西で豚骨系を食べたい時は、
無難にここのチェーン店をこれからも利用するでしょうね。

住所:神戸市灘区永手町3-2-8 高千穂ビル1F
電話:078-858-0147
営業時間:11:30~翌5:00
定休日:不定休
↓お勧めリンク↓

全国B級グルメツーリング