関西のあちこちで食べたラーメンの徒然記録


この日は函館の飲み屋街「大門横丁」にやって来ました。
と言っても、この近くで車中泊するわけではありませんので、
一切アルコール類は飲みません。
それに色々と他の店も覗いてみたんですけど、
あまり1人呑みに適したお店がありませんね。
で、目的のお店はラーメン店でした。
龍鳳(りゅうほう)大門横丁店です。

龍鳳[りゅうほう] 大門横丁店(北海道函館)すっきりあっさりの黄金塩らーめん

函館で飯食うとなると、GLAYメンバー口コミ参考の私(^^)
TERUとTAKUROが、函館に戻って来ると食べに来るお店らしいです。

お店はこの横丁らしい屋台っぽい造り。
龍鳳[りゅうほう] 大門横丁店(北海道函館)すっきりあっさりの黄金塩らーめん

全部で6席しかないんですけど、なんとか1席だけ空いてました。

メニュー。
龍鳳[りゅうほう] 大門横丁店(北海道函館)すっきりあっさりの黄金塩らーめん

私のラーメンの好みはこってり濃厚系なんで、
コーンバターラーメン(950円)なんてのを、なんの事前情報なければ頼んでます。
しかし、この店の名物は函館らしいあっさり塩ラーメン。
黄金塩ラーメン(750円)を注文します。

出来上がり。
龍鳳[りゅうほう] 大門横丁店(北海道函館)すっきりあっさりの黄金塩らーめん

なるほど~スープが黄色く黄金色の半透明だ。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、ナルト、葱、ほうれん草。

まず、その黄金色のスープよりいただいてみます。
龍鳳[りゅうほう] 大門横丁店(北海道函館)すっきりあっさりの黄金塩らーめん

うん、見た目通りの優しい味わい。
こりゃ、酒飲んだ後にいただくとたまらんやろな~
海鮮系の出汁がしっかり効いています。
それに鶏油を加えることで、こういう色合いのスープになるんですね。
非常に完成度の高いスープやと思います。

チャーシュー。
龍鳳[りゅうほう] 大門横丁店(北海道函館)すっきりあっさりの黄金塩らーめん

歯ごたえがしっかりあり、脂身も程よくついており、私好み。

そして麺は中細の少し縮れが入ったもの。
龍鳳[りゅうほう] 大門横丁店(北海道函館)すっきりあっさりの黄金塩らーめん

麺自体は美味しいし、スープもこの細さと縮れでよく絡んでくれる。

ってな具合で、全体的に美味しいって印象しかないんですよね。
ただ、それが自身の好みと合うかどうかは別。
以前、初めて函館に来たとき、一番の有名店の塩ラーメン食べてるんですよ。
函館「あじさい」の記事はこちら!

その時も物足りなさを感じたのは、そのあっさり感でした。
この店も一緒ですね。
これは各自、ラーメンの好み問題。
ですので、あっさり塩ラーメン好きには是非とも函館で食べて欲しい味です。

住所:北海道函館市松風町7 大門横丁
電話:090-8372-8495
営業時間:11:00~22:00
定休日:年中無休
↓お勧めリンク↓

北海道ラーメン・超人気店ラーメン食べ比べ!3種類お試しセット

東北の中央部を北上中です、鳴子温泉を出発し、岩手県入り。
特にこの近辺では食べたいと思う飲食店もなく、
道中見つけたお店に入るつもりでした。
で、1軒気になったラーメン屋があったんですけど、つい昨日閉店してた・・・
いつもの私の休業閉業に遭遇する運だが仕方ない。
ラーメン食いたい口になってたから、次に見つけたラーメン屋に入ることに。
元祖「宝介」一関店です。

宝介 一関店(岩手一関)元祖ニラ南蛮ラーメンとは岩手のどんなご当地ラーメン?

ぱっと見た目、チェーン店やなと思ったんですけど、
後から調べると、岩手県を中心に展開するローカルチェーン店ですね。

メニュー。
宝介 一関店(岩手一関)元祖ニラ南蛮ラーメンとは岩手のどんなご当地ラーメン?

魚だしと豚骨だしの2種類のスープがメインみたい。
中でも、ニラなんばんラーメン(750円)ってのが、この店の名物なんだとか。
豚骨スープのラーメン好きやし、これにしとこう。

店内の様子。
宝介 一関店(岩手一関)元祖ニラ南蛮ラーメンとは岩手のどんなご当地ラーメン?

このカウンター席が主流です。
国道4号線沿いにあるので、仕事合間のドライバーが立ち寄りやすいお店。

ラーメン完成。
宝介 一関店(岩手一関)元祖ニラ南蛮ラーメンとは岩手のどんなご当地ラーメン?

見た瞬間に、どこが「ニラなんばん」なのかさっぱり分かりませんでした。
単なるどこにでもある豚骨ラーメンやん。

しかし、これなんですよ。
宝介 一関店(岩手一関)元祖ニラ南蛮ラーメンとは岩手のどんなご当地ラーメン?

同時に提供される、辛味ニラとキムチですね。
これを好きなだけラーメンに投入できます。
この辛味ニラを、この地域では「ニラなんばん」って言うらしい。

投入するとスープの味が変わってしまうので、まずはなにも入れない状態で・・・
豚骨の味はあっさりめ、関西でいうライト豚骨のタイプです。
私はあまり好みではないスープですね。

なので、キムチとニラなんばんを投入!
宝介 一関店(岩手一関)元祖ニラ南蛮ラーメンとは岩手のどんなご当地ラーメン?

おっ!よくなりましたね~
さらに卓上にあったおろしにんにくもあとから投入してやると、パンチ全開!
こうしていただくのを前提にスープは作ってあるんやな。

麺は縮れの入った中ぐらいの太さ。
宝介 一関店(岩手一関)元祖ニラ南蛮ラーメンとは岩手のどんなご当地ラーメン?

自身にはやわすぎました・・・
完全にパンチ力を増したスープに負けちゃってます。

チャーシュー。
宝介 一関店(岩手一関)元祖ニラ南蛮ラーメンとは岩手のどんなご当地ラーメン?

印象に残りませんでしたね、煮込み具合はちょうどええんやけど、
もうちょい肉自体に味をつけてほしい。

「ニラなんばん」に興味を持ったんですけど、
こういうのって全国どこのラーメン屋さんでもちらほら見かけます。
私の地元神戸でも、「もっこす」というお店が同じタイプのもの提供してる。
参考)もっこす石屋川店の記事はこちら!

なので、ここ岩手らしさを感じるご当地ラーメンではなかったですね。
まだまだ、ご当地ラーメンめぐり旅は続きます。

住所:岩手県一関市山目字十二神121-1
電話:0191-26-6077
営業時間:11:00~23:00
定休日:無休
↓お勧めリンク↓

全国B級グルメツーリング

北陸日本海方面をぐるっと廻り、関西圏に戻ってきました。
京都では、私の好きなラーメンが1つあります。
その名は「第一旭」。
あっさりだけどコクのあるあの醤油味中華そばは、ハマる味です。
さらにネギを増量してもらうと旨いねんな~
京都インター「第一旭」の記事はこちら!

そして、福知山の市街地を走ってると、その「第一旭」が見えたんですよ。
今日の夕飯はここにしとこって決定、「第一旭」福知山店です。

第一旭 福知山店(京都)「たかばし」直系とは違う「総本家広瀬家」中華そば

いかにも年季の入った店構え、入店いたします。

店内カウンターの様子。
第一旭 福知山店(京都)「たかばし」直系とは違う「総本家広瀬家」中華そば

後ろ側にはテーブル席も結構あり、
1人客でもグループでもフラッと立ち寄りやすいです。

ラーメンメニュー。
第一旭 福知山店(京都)「たかばし」直系とは違う「総本家広瀬家」中華そば

ん?普通のデフォルトはどれや?ってまず思いました。
どうやら、スペシャルってのがそうみたいで、並で680円。
しかし、えらいスープの味が色々とあるよね・・・
ここってホンマに第一旭かって思いましたよ。
それにこうしてスープを色々種類多く取り揃えているお店に、
私は美味しいお店とほぼ巡り会ったことありません。

一品料理に・・・
第一旭 福知山店(京都)「たかばし」直系とは違う「総本家広瀬家」中華そば

セットメニュー。
第一旭 福知山店(京都)「たかばし」直系とは違う「総本家広瀬家」中華そば

あっ、焼きめしセットがあるね、ラーメン値段+小で280円か、
これにしときます。
スペシャルラーメンに焼飯小で、960円。

出来上がりました。
第一旭 福知山店(京都)「たかばし」直系とは違う「総本家広瀬家」中華そば

この組み合わせはチャーハンある店やとほぼ私はこのセット頼みます(^^)

まずは焼きめし小。
第一旭 福知山店(京都)「たかばし」直系とは違う「総本家広瀬家」中華そば

若いバイトの女の子が鍋ふってたから、大丈夫かいなと思ってたが、
パラパラふんわりの、私好みチャーハンでした。
美味しいです(^^)

そして、スペシャルラーメン。
第一旭 福知山店(京都)「たかばし」直系とは違う「総本家広瀬家」中華そば

まず、びっくりしたのは、めっちゃ背脂浮いてるやん。
京都市内の第一旭で食ったときには、こんなになかった。
ま、京都ラーメンと言えば、この背脂多めに浮いてるんが特徴で、
私も好きやから、別にええねんけどね。

まず、そのスープを味わってみる。
第一旭 福知山店(京都)「たかばし」直系とは違う「総本家広瀬家」中華そば

ん?こんなボヤけた感じのスープが第一旭やったっけ?
もっとしゃっきりと、豚のコクがあったような気がするねんけどな。

そして麺。
第一旭 福知山店(京都)「たかばし」直系とは違う「総本家広瀬家」中華そば

これも違う感じ、そういや、この店のメニューには麺のかたさ指定や、
スープの濃さ、野菜の増量などの指定が書かれてなかった。

チャーシュー。
第一旭 福知山店(京都)「たかばし」直系とは違う「総本家広瀬家」中華そば

薄いぺらっとした脂身の多いタイプ。
これは私好みです。

どうも納得しないまま、お店を後に・・・
そしてその夜の車中泊で、旅日記書くのにこの店のことを調べていると、
同じ京都の第一旭でも、どうやら系列が違うみたいですね。
いわゆる京都駅前にある「たかばし」直系とは違う路線みたいで、
福知山にある「格別や」も経営している「総本家広瀬家」というグループみたい。

そっか~、なら味が違って当然ですな(^^)
私は、たかばし直系の味が好みです。

住所:京都府福知山市堀小字下高田2374-8
電話:0773-22-6954
営業時間:11:00~翌1:00
定休日:年中無休
↓お勧めリンク↓

石神秀幸のラーメンマップ東京 1