関西のあちこちで食べたラーメンの徒然記録


神戸で評判の純粋、本場博多豚骨のお店。
姫路にある有名店「虎と竜」とは姉妹店にあたるのだとか。
深江浜にある神戸市東部中央卸売市場の近くなので、
車でないとなかなか行けない地域ではありますね。
ラーメンの中でも、博多豚骨大好き人間なので、
わざわざ行ってきましたよ~
東部ラーメン食堂「一生懸麺」(いっしょうけんめん)です。

一生懸麺

場所はかなり分かりずらい所にあります。
この店目当てで行かなければ、絶対分からない場所。
そんな場所なので、口コミで評判が広まっています。
まあ、こんな場所だから土地代はあまりかからずに、
その分、ラーメンの値段設定も抑えられているのでしょう。

店内の様子。
一生懸麺

こちらもそんなに金をかけているようには思えない。
大衆食堂の雰囲気で、さっと食べて、後にする店である。

さて、そのラーメンのこだわりはこんなのです。
一生懸麺

基本、博多系あっさりと久留米系こってりの、
2種類の豚骨スープのようですね。

そのラーメンメニュー。
一生懸麺

基本が580円だから、値段はやはり程よく抑えられている。

その他色々。
一生懸麺

で、お昼限定のセットメニュー。
一生懸麺

食堂らしく、日替わりの定食があるのは嬉しいですね。
お昼に行ったので、ランチチャーハンセットの小(730円)にしてみました。

こちらが、その焼豚チャーハンの小。
一生懸麺

ホントに小盛りです。
チャーハンは冷めてしまうと美味しくないので、
ラーメンが来る前に、先にいただいてしまいます。
んーーっ、あまりパラっとなるくらいまでは炒められていません、
焼豚の旨みは感じられるだけにこれは残念。

ラーメンは「久留米の龍」とんこつラーメンにしました。
一生懸麺

実は、以前に博多の虎は体験済みなんですよ。
そのあっさり感は結構気に入ったので、今回再訪したわけです。
見た目、やはり豚骨がトロトロに煮込まれた感のあるスープですね。
あとトッピングは、ゆで卵、きくらげ、チャーシュー、葱といったところ。
ゆで卵は半個もなかったです。

まずスープから・・・
以前、食った「博多の虎」のほうが旨い!
ちょっと脂分がくどい感じがするんですよね。
しかし、そのスープの出来はまさに本場!!
近隣阪神間で、これだけの出来のよさは、
尼崎「博多駅」ぐらいでしょうね。
尼崎「博多駅」の記事はこちら!

麺は若干、太めの極細麺。
一生懸麺

麺の出来も非常にいいです。
博多の虎、久留米の龍、どちらのスープにも合っている。

そして・・・
一生懸麺

無料トッピング類も充実。
基本の紅生姜、辛子高菜、胡麻と取り揃えている。

博多豚骨のラーメンは好きで、あちこち有名店を食べ歩いているが、
本場の味としては立派の一言。
久留米のこってりはちょっと中途半端な感じがしたので、
ここはやはり、博多のあっさりを堪能するのがええかな。
しかし、満足できるお店でした。

住所:兵庫県神戸市東灘区深江浜町77番地 東部買出人センター
電話:078-413-8881
営業時間:10:00~24:00
定休日:無休

東部ラーメン食堂 一生懸麺 (ラーメン / 深江、青木、芦屋)
★★★★ 4.0

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ramenkozou.blog49.fc2.com/tb.php/120-67cf61b5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック