関西のあちこちで食べたラーメンの徒然記録

以前よりここのラーメンの真っ黒なスープには興味を抱いていた。
京都に本店がある店なのだが、京橋花月が出来、そのビルKiKi京橋にも
出店されていたんですね。
丁度、京橋で降りる機会があり、訪問してみることにしました。
「新福菜館」KiKi京橋店です。

中華そば 新福菜館

しかし、ここ京橋花月はこんなとこに作って、人入るかなって思います。
京阪の片町口から、さらに3分ほどかかりますもんね。
人の流れからすると、ここ目当てじゃないと流れて来ないでしょう。

店内の様子。
中華そば 新福菜館

かなり明るめの店内です。
カウンターとテーブルが程よく調和されており、一人でも、
4人までのグループでも、訪れやすいです。

こちらが食い物メニュー。
中華そば 新福菜館

いたってシンプルです、ラーメンは一種類のみ。
ラーメンのスープの味を、一つだけで勝負している店は俺は大好きです。
基本のラーメンが、700円はちょっと高いかなと思いますけどね。
その中華そば(700円)のみ、食券を購入する。

出来上がり!
中華そば 新福菜館

ネット上、あちこちでよく見かける黒いスープです(^^)
まずはそのスープを一口・・・
うん、確かに濃い醤油の味がするけど、くどさは全然ありません。
昔なつかしの中華そばの味付けにコクを増したって感じです。
このスープの味わいいいですよ~♪

また・・・
中華そば 新福菜館

チャーシューがすっごく豊富にトッピングされてるんですよ。
ん?チャーシュー麺頼んだかなって思うくらいに、
この写真に写ってる倍以上の量が入っています。
味わい的には、この醤油味スープに合わせたチャーシューやと思います。

そして麺。
中華そば 新福菜館

太めのストレート麺です。
スープが濃い~ので、この太さやと思うんですけど、
俺には若干、スープの絡み具合に不満がありました。

なので・・・
中華そば 新福菜館

卓上の「辛みの素」みたいなんをトッピングしました。
こうすることでスープに深みが出て、麺にもその味わいが絡んできました。
辛さが大丈夫な人は、こうやって食べる方が絶対ええと思います。

チャーシューの量が多かったので、この値段700円でも納得。
そしてラーメン全体の出来も、なかなか旨い。
濃いめのラーメン好きな方でも、また、あっさり醤油好きな方でも、
無難に対応できる柔軟性のある中華そばである。

住所:大阪市都島区東野田町1-6-22 kiki京橋1F
電話:06-4801-8107
営業時間:11:00~23:00(LO22:30)
定休日:無休
席数:29席

新福菜館 KiKi京橋店 (ラーメン / 京橋、大阪城北詰、大阪ビジネスパーク)
★★★★ 4.0

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ramenkozou.blog49.fc2.com/tb.php/139-eed41025
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック