関西のあちこちで食べたラーメンの徒然記録


「とろこつ」なるネーミングを持つ物が名物なんだとか?
最初は、「トロトロに煮込まれた豚骨スープ」かなって思ったのだが、
どうやら、そういうネーミングのチャーシューらしいです。
スープは見た目、濃ゆそうな豚骨醤油であったので、
一度試してみようと思ってましたが、丁度お昼時に道頓堀にいたので訪問。
この近辺には、「金龍」や「神座」など人気ラーメン屋がひしめく中でも、
人気的には負けていません、「花丸軒」です。

花丸軒(道頓堀)

店内の様子。
花丸軒(道頓堀)

こんな感じの木の柔らかさを基調とした店内です。
カウンターがほとんどを占めていたように思います。

通常メニュー。
花丸軒(道頓堀)

スープの味はどうやら1種類で勝負しているようだ。
こういう店は好きですね。
しあわせラーメンってのが基本のようだが680円ってな値段。
あとシンプルラーメンってのが450円と安いのもありますが、
ここにはチャーシューが入っていないようですね。

ランチメニュー。
花丸軒(道頓堀)

午後4時まで、このランチが食えます。
ラーメンに、おにぎりが2個サービスでついたり、
基本680円のしあわせラーメンに、120円プラスの800円で、
半チャーハンをつけたりできます。
やはり、ここはチャーシューを食ってみたかったので、
しあわせラーメン(680円)にしてみました。
あと麺のかたさ、ネギの量、黒胡椒の量が選択できたのですが、
メニューには書いておらず、柱に貼ってあるだけでしたので、
ちょっと気付くのが遅かった・・・
麺かため、葱多めで頼みたかったのに・・・

こちらはサービスのおにぎり2個。
花丸軒(道頓堀)

中には具材なーんも入ってませんでした。
これならばライスサービスにすりゃとも思いますが。
握る手間も省けますしね。

なので、これ!
花丸軒(道頓堀)

卓上にキムチが置いているんですね。
これがすごく浅めに漬けられたキムチなんですけど、
おにぎりのおかずとして、重宝できました。
まあ、個人的にはもっと酸味たっぷりに漬けられた、
辛いキムチが好みなんですけどね。

ラーメン、出来上がり!
花丸軒(道頓堀)

見た目はすごく濃い~かなって感じです。
ただ、実際にスープを飲んでみると、醤油色の強い豚骨ですね。
醤油の塩辛さはあるんですが、豚骨のまろやかさがイマイチって感じ。
あとごま油の風味が結構しましたね。

チャーシューに煮卵半分。
花丸軒(道頓堀)

分厚めに切られたチャーシューはさすがの旨さ。
ちょっと味が濃い~感もあるが、口の中でホロッと崩れます。

麺は中細のストレート麺。
花丸軒(道頓堀)

ちょっと醤油辛いスープには合ってると思います。
ただチャーシューと比較して、平凡感は否めない。

最初680円はお高めかなとも思いましたが、
このチャーシューの量と味ならば、納得ですね。
ただ、スープが塩辛すぎたのが、ちょっと口に合わなかったかな。

住所:大阪市中央区難波1-2-10
電話:06-6213-0131
営業時間:11:00~翌4:00
定休日:年末年始
↓お勧めリンク↓

★これそこってり豚骨の久留米派、大砲ラーメン★


花丸軒 (ラーメン / なんば、近鉄難波、近鉄日本橋)
★★★☆☆ 3.0

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ramenkozou.blog49.fc2.com/tb.php/141-f8b9cfbd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック