関西のあちこちで食べたラーメンの徒然記録



現在は「○天らーめん」って名前に変更されました。

天満で飲んでいての帰り・・・
ずっと風邪をこじらせていて、外食もままならない状態だったので、
ラーメンもここ1ヶ月以上食っていませんでした。
飲みにでるのも3週間ぶりやったんですけど、やはり最後に〆たいラーメン!!
ちゅうことで、思わず、下調べもせずに、ここの店に手軽そうやったんで、
入ってみることにしました、「なかの屋」です。

らー麺 なかの屋(大阪天満)

ちょうどお店は天神橋の大通りに面していて、目立っております。

店内のようす。
らー麺 なかの屋(大阪天満)

カウンターとテーブルがバランスよく調和されていて、
1人客、カップル、グループともにうまく対応できるって感じ。

こちらがラーメンメニュー。
らー麺 なかの屋(大阪天満)

基本の味は豚骨のようだ。
その一番基本のラーメンは豚骨醤油か豚骨塩で680円である。
あ、あと昔ながらのあっさり中華そばも同じ値段でありますね。
つけ麺も含めて、どれにしようか非常に悩む・・・

こちらが副食類。
らー麺 なかの屋(大阪天満)

さんざん飲んできてるので、こっちはスルーです。

やはり、その店で一番先頭にしてる代表を・・・
らー麺 なかの屋(大阪天満)

豚骨醤油らー麺(680円)にしました。
見た目はホントにこれ醤油入ってるの?っちゅうくらいに、
純粋な豚骨に見えるうっすら茶色がついた白いスープです。
このスープより飲んでみると・・・
うーん・・・・豚骨のコクが感じられないな~
あっさりというよりも、さっぱりし過ぎ。

チャーシュー。
らー麺 なかの屋(大阪天満)

こちらは程よく煮込まれたチャーシューで、
香ばしさも柔らかさもなかなかのもんである。
ただ、どこの店でもよくある平凡な旨いチャーシュー。

麺は中細で若干縮れが入っているかな。
らー麺 なかの屋(大阪天満)

この麺はなかなかコシがあり、この店特有でいけてました。
ただ、このタイプの麺ならば、もっと醤油色の強いスープがあってると思います。

卓上には無料トッピングが。
らー麺 なかの屋(大阪天満)

辛子高菜を無料であるのは嬉しいですね。
お腹がすいていれば、ライス頼んでいたかも。

スープが好みでなかったが、チャーシューと麺はなかなかええと思います。
ただ、やはりどうもアンバランスさと平凡さゆえに、
酔っていなければ、次回はないかなって感じです。

住所:大阪市北区天神橋4丁目10-6
電話:06-6353-0856
営業時間:11:00~翌4:00 日曜日 11:00~24:00
定休日:無休
↓お勧めリンク↓

★これそこってり豚骨の久留米派、大砲ラーメン★


○天らーめん (ラーメン / 天満、扇町、天神橋筋六丁目)
★★☆☆☆ 2.5

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ramenkozou.blog49.fc2.com/tb.php/182-c6ef1d82
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック