関西のあちこちで食べたラーメンの徒然記録


基本、私はカップラーメン系の味はあまり好きではない。
よく250円くらいの高級カップ麺があるが、特にそういうのは嫌いだ。
そんな、インスタントラーメン嫌いの私が非常に惹かれる商品が出た。
日清食品のチルドめん「つけ麺の達人 濃厚魚介醤油」と、
「つけ麺の達人 濃厚豚骨醤油」である。

つけ麺の達人 濃厚魚介醤油&濃厚豚骨醤油(日清食品)

人気のつけ麺店である「せたが屋」(駒沢大学)、「TETSU」(千駄木)、
「多賀野」(荏原中延)の3店の監修によってつけ麺が開発されたとのこと。
今一番人気のある、極太めんに濃厚なつけだれという組み合わせを基本にし、
この3人が関わったのであれば、中途半端なもんは作らないだろう。
近所のスーパーで各2食入りが298円で売られていたので買ってみた。

つけ麺の達人 濃厚魚介醤油&濃厚豚骨醤油(日清食品)

作り方は簡単。
麺を5分間茹でて、水でしゃっきり〆て、冷たい麺をつくり、
別添のツケダレを熱湯でといて、「ひやあつ」で食べるのである。

これで2人前です。
つけ麺の達人 濃厚魚介醤油&濃厚豚骨醤油(日清食品)

麺の茹で時間は、少々かため好みの私なので4分間にしてみた。
まず、この麺の出来が秀逸。
極太というほどの太さはないが、しゃっきり、冷水で〆た麺は、
しっかりとしたコシがあり、もちっとした食感も兼ね備えている。

まずは「濃厚豚骨醤油」につけて食べてみる。
つけ麺の達人 濃厚魚介醤油&濃厚豚骨醤油(日清食品)

あ、葱とチャーシューは別に用意しました。
豚骨スープに背脂をプラスした濃厚な豚骨醤油だれ。
唐辛子で辛味のアクセントを付けている。
やはり、ちょっとインスタント風味を感じるのは仕方ないが、
これも完成度は高い。フライドガーリックチップの風味が非常にいいですね。

そして、「濃厚魚介醤油」。
つけ麺の達人 濃厚魚介醤油&濃厚豚骨醤油(日清食品)

つけ麺は魚介風味がやはり美味しいと思うが、
こちらはかつお節、さば節などからとった和風だしに豚骨スープを合わせた味。
この基本に忠実な味の方が、私は好みですね。
あと、両方とも、スープ割りができるようになっている。
こちらの「濃厚魚介醤油」はゆず風味のだしを加えるように工夫されている。

いやー参った。
家で、ここまで完成度の高いつけ麺が食えるとは。
1人前、それも150円ですからね。
インスタント麺関係食品では、「日清食品」が一歩も二歩もリードしてると思うが、
その企業イメージを更に上にあげるブランドだと思いますよ。

↓お勧めリンク↓

超人気店ご当地ラーメン9店舗食べ比べセット
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ramenkozou.blog49.fc2.com/tb.php/193-d5ae1f20
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック