関西のあちこちで食べたラーメンの徒然記録


梅田でのランチ・・・
丼を食べたのだが、少々味も量も欲求不満である。
もうちょい梅田をぶらぶらしてから、ラーメンでも食べようかと決起。
極太麺のつけ麺って気分やったんですね。
そのぶらぶらの間に、梅田でそういう店がないか検索。
するとこちらのお店が小盛りもできるつけ麺があるではないか。
茶屋町方面へ移動して食すことに決めました、
「麺や 六三六(ろくさんろく)」である。

麺や 六三六 茶屋町(大阪梅田)

そのスープへのこだわり。
麺や 六三六 茶屋町(大阪梅田)

豚骨を野菜をじっくり煮込んだ、無化調のスープなんだそうな。
太麺にトロトロスープって組み合わせがええなって思っていたので、
今日の気分にがっつり一致。

メニュー。
麺や 六三六 茶屋町(大阪梅田)

特製つけ麺の小盛り(750円)にしました。

そのつけ麺の食べ方はご覧の通り。
麺や 六三六 茶屋町(大阪梅田)

店内は昼下がりでも客の出入りが激しかったです。
麺や 六三六 茶屋町(大阪梅田)

カウンターもテーブルもよく埋まっていましたね。

特製つけ麺の小盛り。
麺や 六三六 茶屋町(大阪梅田)

普通は女性用なので、少ないです。
まあ、私は丼食ってきた後なので、この量で適量。
まずは、そのまま何もつけずにいただくと、
すっごくコシがありますね、まるで讃岐うどんのようだ。
それに玉子の風味がよく分かります。

つけ汁。
麺や 六三六 茶屋町(大阪梅田)

こちらは見た目すごく豪華です。
まあ、小盛りでも750円しますから、このぐらい豪華でないとね。
こちらもそのままで一口すくって飲んでみる。
なるほど~化学調味料を感じません。
見た目ほどは濃くはないスープである。

チャーシューと半熟卵。
麺や 六三六 茶屋町(大阪梅田)

チャーシューはしっかりと焦げめのついた香ばしい味。
ただ、こういうタイプはもっとトロトロした方がええですね。
ちょっとぱさつき気味でした。

これまた極太なのは、メンマ。
麺や 六三六 茶屋町(大阪梅田)

こんなのが7本程度、底に沈んでいました。

それでは麺をつけ汁につけていただきます。
麺や 六三六 茶屋町(大阪梅田)

食べてみた感は、まず、麺とつけ汁との間にアンバランスさを感じます。
このうどんのような食感の麺には、もっと魚介醤油らしいスープが合ってる気が。
逆にトロトロの野菜スープのようなつけ汁には、
もう少しつるんとした細い縮れ麺がええかな。
しかし、途中で魚粉を溶かして食べ進めると、
濃厚さが増してこっちのほうがええですね。

最後はスープ割り。
麺や 六三六 茶屋町(大阪梅田)

やはり無化調なので、非常にあっさり単純な味がします。
ま、コテコテの食生活送っている私には非常に優しい味です。

その個性という点では、非常に独創性のあるええお店ですね。
つけ麺では極太麺は大流行ですけど、違った印象を与える麺ですし、
野菜をじっくり煮込んだ甘みのあるつけ汁も非常にいいと思います。
今回、私にはその組み合わせが少々口に合いませんでしたが、
それは各自の好みですので、合う人間も非常に多いと思いますよ。
お店の姿勢には、非常に好感を持てました。

住所:大阪市北区茶屋町4-2
電話:06-6372-0636
営業時間:11:00~22:00
定休日:不定休
↓お勧めリンク↓

今話題のつけめんは、六厘舎のつけ麺ですね


麺や 六三六 茶屋町店ラーメン / 梅田駅(阪急)梅田駅(大阪市営)大阪駅

昼総合点★★★☆☆ 3.0

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ramenkozou.blog49.fc2.com/tb.php/235-a54f2c26
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック