関西のあちこちで食べたラーメンの徒然記録


大阪で行列のできる一番の人気ラーメン店ではないだろうか。
その名は「無鉄砲」。
その濃厚こってりなドロドロ豚骨スープに、
魅了された方はたくさんいるだろう。
かくいう私もその一人である。
大阪大国町「無鉄砲」の記事はこちら!

まあスーパーでは何度も見かけているのだが、
お値段が399円と、
こういう2人前生麺チルドタイプの他の製品と比べても高く、
またこういう有名店のインスタントシリーズに、
美味しいのには出会ったことがないってのもあり、
ずっと買うのは敬遠してたんよね~

しかし、今回、半額シールが貼られていた!!
無鉄砲 超濃厚豚骨 袋生麺(日清食品チルド)

こうなると1食あたり100円。
うん、安いカップラーメンと同じ値段ですね。
購入しました。
日清食品の「無鉄砲 超濃厚豚骨」ラーメンです。

裏の説明書き。
無鉄砲 超濃厚豚骨 袋生麺(日清食品チルド)

店主の赤迫重之氏監修のもとに生まれたラーメン。
果たしてお店の味にどこまで近づけているかな?

生麺と液体濃縮スープのセットです。
無鉄砲 超濃厚豚骨 袋生麺(日清食品チルド)

他には何も入ってません。
無鉄砲というと、代名詞はドロドロスープ。
あのドロドロさが、この濃縮スープだけで表現できるのか甚だ疑問。

ちゃっちゃと作り上げました。
無鉄砲 超濃厚豚骨 袋生麺(日清食品チルド)

私はこういうインスタント系ラーメンには、
色々具材を入れるのが嫌なので、冷凍葱だけ投入。
で、やっぱりスープ!!

こちら、実際店舗で食べたのも写真つけます。
無鉄砲 超濃厚豚骨 袋生麺(日清食品チルド)

全然違うでしょ?
飲んでみても、確かに濃い~豚骨醤油スープなんだけど、
あのドロドロさは全く皆無です。

麺は中細の少し縮れの入ったタイプ。
無鉄砲 超濃厚豚骨 袋生麺(日清食品チルド)

つるんとした喉越しは生めんらしい。
こういうの食べると、カップ麺や袋麺のインスタント系ラーメンなんて、
食べたいとは思わなくなりますね。

想像通りの残念な結果に。
ただ、これを「無鉄砲」の概念をなくして食べると、
100円(値引き後ですが)にしては、美味しい豚骨醤油ラーメンやったと、
そのような感想になっていたであろう。
しかし、金儲けのためとはいえ、こういうかけ離れたラーメンを、
店主が監修したと謳うのは、
お店にとってマイナスイメージやと思うんですけどね。

↓お勧めリンク↓

いえめん。 / インスタントラーメン”魔法の132杯”
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ramenkozou.blog49.fc2.com/tb.php/391-63916b02
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック