関西のあちこちで食べたラーメンの徒然記録


夕刻、ぶらっと「ぶらくり丁」へ。
昔は相当な繁華街やったらしいけど、今は面影なし。
実は「どんきほーて」に行きたかったんですよ。
そのちょっと南にラーメン屋を発見。
夕ご飯に寄って行きましょうか、中華そば「味」です。

中華そば 味[あじ](和歌山)ラーメン

お店は相当年季が入った雰囲気。
オーソドックスな和歌山中華そばが食えそう。
それに外にまでええ感じの豚骨臭が漂ってましたね(^^)

店内の様子。
中華そば 味[あじ](和歌山)ラーメン

小上がりの座敷テーブルが2つに、
カウンターがわりの大テーブルが、真ん中にドンっとあります。
ちょっと薄暗い雰囲気が、寂しさを醸し出しているな。

卓上には和歌山ではお馴染みの。。。
中華そば 味[あじ](和歌山)ラーメン

早寿司と茹で玉子が。

こちらがメニュー。
中華そば 味[あじ](和歌山)ラーメン

基本の中華そばは550円と、昔ながらの店に多い値段設定。
ハーフチャーハンとのセット(850円)があったので、
チャーハン好きの私はこちらにしました。

まず、こちらがハーフチャーハン。
中華そば 味[あじ](和歌山)ラーメン

盛りはホントにハーフ、全く量が多くないです。
これでラーメンと別で、350円の値段設定はちょっと高いな~
いただいてみると、まず塩っ気がすごい。
炒められ具合は私にはちょうどええんですけど、
どんだけ塩入れてんねんって味はどうも・・・

そして、こちらが中華そば。
中華そば 味[あじ](和歌山)ラーメン

見た目は、井出系、車庫前系の分別からすると、井出系寄りと思います。
スープの匂いも店外で感じられた豚骨臭がしっかりしてるし、
こりゃ、私の好みっぽく、そのスープからいただいてみます。
うん、飲んでみるとさほどのコクは感じられませんが、
和歌山ラーメン特有のさっぱりし過ぎ感もなく、調和のとれたええスープ。

麺は中細のストレート麺。
中華そば 味[あじ](和歌山)ラーメン

和歌山ではよくあるタイプですね。
こちらはまあ平凡。

チャーシューは2枚。
中華そば 味[あじ](和歌山)ラーメン

がっしりした歯ごたえの豚バラ肉で、味付け具合もちょうどいい。
これはチャーシューメン(750円)にすべきだったかなと思うくらい。

スープとチャーシューは好みの味でしたが、麺があと一歩。
まあ、この味のタイプは和歌山でも多いので、
三位一体がきちんとしているお店に、どうしても次回は行ってしまいますね。
ただ、朝5時まで営業と、寂れた繁華街ながら営業時間が長いので、
飲んでて帰れなくなった時の〆ラーメンにしちゃいそうな予感です(^^;)

住所:和歌山県和歌山市元寺町1丁目63
電話:073-423-2646
営業時間:11:00~翌5:00
定休日:無休
↓お勧めリンク↓

★こってり豚骨醤油和歌山ラーメンの代表格!!★


中華そば 味ラーメン / 紀和駅和歌山市駅

夜総合点★★☆☆☆ 2.8

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ramenkozou.blog49.fc2.com/tb.php/412-909adebf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック