関西のあちこちで食べたラーメンの徒然記録


「どんきほーて」で本日はお買い物。
ごっちゃ感のある店内で掘り出し物を見つけるのが、
「どんきほーて」での買い物の楽しみですね(^^)
そんな中、見つけたのがこちら。

山岸一雄「ファミリー銘店」監修ベビースターラーメン(おやつカンパニー)麺屋こうじ(角ふじ)、中華蕎麦とみ田、麺処ほん田

山岸一雄「ファミリー銘店」監修ベビースターラーメンの3袋セット。
これがなんと!!58円!!!!!
え?1袋分の値段でええの?
限定で売りに出されていたのが、売れ残ったんでしょうな~
その3店舗ラーメン屋の味がどんなものかも興味があったし、
こりゃ即買いでしょう。

その3つの味は以下の3店舗。
山岸一雄「ファミリー銘店」監修ベビースターラーメン(おやつカンパニー)麺屋こうじ(角ふじ)、中華蕎麦とみ田、麺処ほん田

山岸一雄自身が監修したのではなく、
その愛弟子さんの各店舗の店長さんなんですね。

・麺屋こうじ(角ふじ)
・中華蕎麦とみ田
・麺処ほん田

と、どちらのお店も有名店です。
味はそれぞれ、にんにく醤油(太麺)、豚骨魚介(中太麺)、
塩ラーメン味(細麺)です。

実はどのお店も、私はお取り寄せで食べたことあるんですよ。

・匠神角ふじ ふじ麺の記事はこちら!

・中華蕎麦とみ田 つけ麺の記事はこちら!

・麺処ほん田、柚子つけ麺の記事こちら!

さーて、各々の店の特徴がどのように再現されておりますでしょうか。

各3袋の中身はこんな感じ。
山岸一雄「ファミリー銘店」監修ベビースターラーメン(おやつカンパニー)麺屋こうじ(角ふじ)、中華蕎麦とみ田、麺処ほん田

麺の太さが違います。

まずは麺屋こうじ(角ふじ)の太麺にんにく醤油味より。
うん、にんにくの風味がしっかりついていますね。
味も濃いめでコクもあり、酒のつまみにぴったりです。

そして、中華蕎麦とみ田の中太麺豚骨魚介味。
こちらは一番オーソドックスなタイプですね。
とみ田のつけ麺は、絶賛するめちゃめちゃ旨いつけ麺ですが、
その味を思い浮かべると全然違う感じ。
しかし、これはこれで美味しいです。

最後に、麺処ほん田の細麺塩ラーメン味。
もっとあっさりしているかと思えば、塩味たっぷりの濃いめ。
塩っ辛さだけがちょっと目立つ感じかな。

3つ食べた中では、麺屋こうじ(角ふじ)のにんにく醤油味が一番。
こちら、元々のお値段は140円程度やったみたいですけど、
この値段で売れなかったんはなんでやろ?
ラーメン好きは、ベビースターを好んで食うことはないんかな。
まあ、140円出せば、ちゃんとしたインスタントラーメンが、
めちゃめちゃ種類多く出回っている世の中やからな~

ま、お店の味の再現はともかく、
この3袋セットは、どれもが味が違っていて楽しめたことは確かです。

↓お勧めリンク↓

いえめん。 / インスタントラーメン”魔法の132杯”
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ramenkozou.blog49.fc2.com/tb.php/419-1a7f14f9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック