関西のあちこちで食べたラーメンの徒然記録


タクシーに乗って、アロチにやって来ました。
同じ和歌山でも、南海和歌山市駅と違い、いかにもこちらは繁華街ですね。
まだまだ、飲んでしゃべりましょうかと2人でやって来たんですが、
お互いの飲みに行く嗜好がここでは合わず、解散することに。
私は、おでんとかアテに瓶ビールでも飲んで、
〆にラーメンぐらいで考えてたもんで・・・
ちゅうことで、アロチというか、和歌山でも老舗でしょう。
アロチ本家「丸高」にやって来ました。

アロチ本家 丸高[○高] 中華そば(和歌山)ラーメン

実は「丸高」は他の系列店にも行って、自身の評価は低いんですよ。
「丸高」六十谷店の記事はこちら!

スープに豚骨のコクを感じないんですね。
この時は、もう食べることはないと書いておりましたが、
やはり本家を食べてみないとな。

早寿司の説明書きが書いていました。
アロチ本家 丸高[○高] 中華そば(和歌山)ラーメン

私はサバの酢〆は生に近い方が好きなので、
この和歌山「早ずし」の風味は好みではなく、
ほとんど食べたことがありません。

メニュー。
アロチ本家 丸高[○高] 中華そば(和歌山)ラーメン

餃子(300円)や、おでん(各100円)があるんが特徴ですね。
こういうの食べながら、最後飲みたかったんですけど、
同行者と別れた今、ラーメンのみでいい。
並の中華そば(600円)にしました。

こちらが出来上がり。
アロチ本家 丸高[○高] 中華そば(和歌山)ラーメン

見た目の印象は今まで食べた、丸高系列と変わりなく、
茶褐色に濁ったそのスープは、
豚骨のコクがあるように見受けられるんですけどね。

しかし、今回飲んでみた印象は、結構ええんですよ。
別に他の系列店とさほどの違いはありませんが、
今回、結構、深酒した後のラーメンやないですか。
このさっぱり感が、なかなか五臓六腑に染み渡ったんですよ。

チャーシュー。
アロチ本家 丸高[○高] 中華そば(和歌山)ラーメン

この薄めながら、がっしりした歯応えのチャーシューは、
スープとよく合っております。

麺は中細のストレート。
アロチ本家 丸高[○高] 中華そば(和歌山)ラーメン

これも酔っ払いの最後の方ですから、やわかったんですけど、
このぐらいのやわさでちょうどよかった。
全く酔っ払っていない時の私ならば、やわすぎる!
って言ってたでしょうが(^^;)

てなわけで、酒飲んでの〆ラーメンとしては、
こちらのお店は結構合っているよなって印象。
食い物って、体調次第で、その感じ方も変わるんだと、
その典型的なパターンを経験した日でした。

住所:和歌山県和歌山市友田町2-50
電話:073-432-3313
営業時間:17:30~翌3:00
定休日:日曜、年末年始
↓お勧めリンク↓

★こってり豚骨醤油和歌山ラーメンの代表格!!★


アロチ本家 丸高ラーメン / 和歌山駅田中口駅

夜総合点★★★☆☆ 3.0

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ramenkozou.blog49.fc2.com/tb.php/434-30284b99
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック