関西のあちこちで食べたラーメンの徒然記録


チェーン店ながらも、その味の私的評価が結構高いラーメン店があります。
その名は「一風堂」。
過去に食した記事はこちら!

そのベースとなる、スープも麺もチャーシューも出来はすごくいいし、
トッピング類(辛子高菜、紅生姜など)も充実しているし、
また社員・バイト教育もしっかりされているので、サービスもいい。

その梅田店の2Fに、
一風堂創業当時の特濃博多豚骨ラーメンを食わせるお店ができていたのは、
昨年から知っておりましたが、
なかなか梅田でラーメン食う機会がなかったんですね。
今回、ほどよい飲みの〆で訪問。
シロマルベース(SHIROMARU BASE)梅田店です。

シロマルベース [SHIROMARU BASE] 梅田店(大阪)豚骨ラーメン

ラーメンの中でも、無類のとんこつ好きなので、
その濃厚タイプがずっと気にはなってたんですね。

こちらがその説明書き。
シロマルベース [SHIROMARU BASE] 梅田店(大阪)豚骨ラーメン

なるほど、原点シンプルに戻った味です。
なので、一風堂にしては安めの値段設定で、
基本の「シロマルベース」ラーメンですと600円です。

店内。
シロマルベース [SHIROMARU BASE] 梅田店(大阪)豚骨ラーメン

カウンターのみの18席。
ですので、週末土曜の21時半には行列できていました。
あと写真撮り忘れたんですけど、味の濃さや麺のかたさ、トッピングは、
記入するシートがありますので、それに○をつけていきます。

味の濃さは、濃い、特濃、超特濃とあったんですが、
飲んだ〆のラーメンなので、こってりし過ぎはどうやろ?と思い、
「特濃」でチョイス。
そして、麺は「かため」でお願いしました。

こちらがそのシロマルベース(600円)。
シロマルベース [SHIROMARU BASE] 梅田店(大阪)豚骨ラーメン

なるほど、シンプルですね(^^)
トッピングはチャーシュー2枚と、葱がちょろっと。
コストを抑えているなって分かります。

まずはそのスープより・・・
うん、一風堂の味やね~、まるで臭みのないあっさり豚骨。
ただ、もっとこってりしてるかと思えば、
この特濃でも全然そんなことありません。
私のバカ舌では、下の1階で「白丸元味」を食べるのと、
あまり差はないような気がします。
「超特濃」にすべきやったかな~
しかし、美味しいスープであることには間違いありません。

チャーシュー。
シロマルベース [SHIROMARU BASE] 梅田店(大阪)豚骨ラーメン

これは一風堂にしては、あまり印象に残らずでした。

麺。
シロマルベース [SHIROMARU BASE] 梅田店(大阪)豚骨ラーメン

はい博多豚骨お馴染みの、極細ストレート麺。
これも一風堂の味そのもんですから、間違いはない。

で、こちらが同行者の。
シロマルベース [SHIROMARU BASE] 梅田店(大阪)豚骨ラーメン

スープの味は基本の濃い、そして麺も普通のかたさにしてました。
両方少しいただいてみましたが、確かにスープはさっぱり、
そして麺は私はカタメ好きであることが実感できましたね(^^)

味を変えましょう。
シロマルベース [SHIROMARU BASE] 梅田店(大阪)豚骨ラーメン

卓上の紅生姜をトッピング。
こうして紅生姜を絡めて食べる麺も、また旨いんだな~♪

これなら私のチョイスは、スープ超特濃の麺ハリガネがベストですね。
ただ、さすが一風堂、ブレが全くないよなって印象。
こちらのチェーン店は、今後も通い続けるでしょうね。

住所:大阪市北区角田町6-7 一風堂梅田店2F
電話:06-6363-2314
営業時間:[月~木・日・祝]11:00~翌3:00 [金・土]11:00~翌4:00
定休日:年中無休
↓お勧めリンク↓

全国B級グルメツーリング
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ramenkozou.blog49.fc2.com/tb.php/467-31f26930
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック