関西のあちこちで食べたラーメンの徒然記録


青森で一度食してみたいラーメンがありました。
その名は、「煮干し中華そば」。
関西で生まれ育った私は、あまりラーメンスープに、
煮干しの味が加わったものに慣れがありません。
しかし、つけ麺が流行りだしてから、
その煮干しの風味もなかなかええなって、感じるようになりました。
今回、道中にあった、「やまもと食堂」ってお店に立ち寄ります。

やまもと食堂(青森市)青森のご当地ラーメンである煮干し中華そばの濃厚系を食べてみた

中華そばは380円で食えるんやな~
青森のラーメン屋ってどこもこんな価格設定なんでしょうか。
とりあえず、中へ入りましょう。
あ、あと、朝7時から営業されてますので、朝ラーも可能。

外観もう1枚。
やまもと食堂(青森市)青森のご当地ラーメンである煮干し中華そばの濃厚系を食べてみた

こういうラーメン屋風情が、私は大好きです(^^)

店内の様子。
やまもと食堂(青森市)青森のご当地ラーメンである煮干し中華そばの濃厚系を食べてみた

テーブル席ですけど、カウンターも同じような雰囲気。
木の温かみを感じます。

メニュー。
やまもと食堂(青森市)青森のご当地ラーメンである煮干し中華そばの濃厚系を食べてみた

かけそばってのが、店頭に表示のあった380円中華そばみたい。
ただ、私はせっかくいただくなら、濃厚な煮干しの風味って書いてある、
中華そば 銀のスープ(580円)に目がいきましたね。
ラーメンは濃厚系が好きやし、これにしとこう。

あと、セットメニューもありました。
やまもと食堂(青森市)青森のご当地ラーメンである煮干し中華そばの濃厚系を食べてみた

あまり食欲が湧かない時期であったので、ご飯物は避けます。

店内、ご覧のものが、セルフで食べ放題になっております。
やまもと食堂(青森市)青森のご当地ラーメンである煮干し中華そばの濃厚系を食べてみた

こんな感じで取って来ました。
やまもと食堂(青森市)青森のご当地ラーメンである煮干し中華そばの濃厚系を食べてみた

大根を漬けたものがすっごく美味しかった。
ここのお店の自家製でしょうね。

こちらが、中華そば 銀のスープ(580円)。
やまもと食堂(青森市)青森のご当地ラーメンである煮干し中華そばの濃厚系を食べてみた

見るからに魚粉がたんまり入ってそうな色合いのスープですね。
トッピングは、ネギにメンマ、チャーシューとシンプル。
チャーシューは印象に残る味ではなかったですね。

まず、そのスープを味わってみます。
やまもと食堂(青森市)青森のご当地ラーメンである煮干し中華そばの濃厚系を食べてみた

すっごい煮干しの香りがダイレクトに口の中で拡がります。
こりゃ人に寄って好みが分かれるやろなって味。
口の中で、魚粉が暴れまくる印象です。
私も昔はこういう味のラーメン苦手やったんですけど、
慣れるに従い、あ、こういう味もええなって思えるようになりました。
今回も、どぎつさまで感じるこの味、美味しく思えます。

麺は中くらいの太さのストレート麺。
やまもと食堂(青森市)青森のご当地ラーメンである煮干し中華そばの濃厚系を食べてみた

煮干しの味に少し負けてしまっている感はありますけど、
それはほんのわずかです、こちらも美味しい。

食べた後も、ずっと煮干しの味が口の中に残ってましたね(^^;)
それほどまでに強烈な味のラーメンですけど、
青森まで来たからには、あっさりにしておくべきではなく、
この店ぐらいの煮干し中華そばをいただいたほうがええでしょう。
私も、ここのラーメンを選んで間違いはなかったと思います。

住所:青森県青森市岡造道3丁目18-1
電話:017-765-1772
営業時間:7:00~14:00 17:00~23:00 スープなくなり次第終了
定休日:水曜
↓お勧めリンク↓

「ご当地ラーメン」の地域ブランド戦略
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ramenkozou.blog49.fc2.com/tb.php/533-4a3983bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック