関西のあちこちで食べたラーメンの徒然記録



博多ラーメンの一番の有名処が、道頓堀にできていると伝え聞く。
博多ラーメン大好きな俺が、これに飛びつかないわけがない(^^)
その日の仕事も早々に終わり、夕方5時前に行けるかなってな時間。
この時間なら、待たずに食えるだろうと、難波で地下鉄を降りました。
博多ラーメンの「一蘭」に突入です。

一蘭 道頓堀店

ここのラーメンのこだわりはこんな感じ。
一蘭 道頓堀店

そして、そのこだわりがこんな所に表れています。
一蘭 道頓堀店

味の濃さ、こってり度、にんにく、ねぎ、チャーシュー、
秘伝のたれ、麺のかたさと細部に渡って選択できます。
結構、豚骨ラーメン系には、麺の堅さ、スープの濃さを、
選択できる店は多いが、これだけ多肢に渡ってるのも珍しい。
まあ、初めての店なんで、俺はほぼ基本状態でチェック。
あと、麺のかたさはどこでもそうするのだが、かために、
そして、にんにくの量は多めにしました。

これが噂の有名な「味集中カウンター」。
一蘭 道頓堀店

一人女性客って、なかなかラーメン屋のカウンターに座るのって、躊躇しますよね。
けど、ここならなんの気兼ねなく入れるなって感じ。
ラーメン好きの女性客の取り込みにはええでしょう。

注文後、出来上がるのは早い。これが一蘭のラーメン(750円)です。
一蘭 道頓堀店

まずは、そのいかにもマイルドっぽいスープからずずっと。
これは全く癖のない豚骨スープですね。
豚骨ラーメンって、スープにちょっと臭みがあるくらいが丁度いいので、
このスープは物足りない。
で、真ん中にのせられている、秘伝の辛みタレを混ぜてみる。
ん、すごく味が変わりましたね、マイルドであったのがキレを感じます。
ただ、この辛みはあんまりこのスープに必要ないかなって感じ(^^;)

で、具材がまたシンプルである。
チョイスした「青ネギ」と「チャーシュー」のみ。
それにこのチャーシューが、あまり味わい深くないのも興ざめ。

麺はかためにした博多ラーメン独特の極細麺。
一蘭 道頓堀店

この極細麺は俺には程よい堅さでちょうどええ感じ。
すっと腹の中に入っていくようである。

全体的には、これで750円ってのは高いって寸評。
まず、具材が少なく、量も少なめ。
替え玉もしようかなとも思ったのだが、スープがマイルド過ぎて、
全然、麺に味が絡んでくる状態ではなかったのでやめました。
あと、入れ放題トッピングが全くないのも寂しい。
せめて紅生姜くらいは置いていて欲しかった。

博多ラーメンに関しては、尼崎「博多駅」がスープ、麺、チャーシュー、
トッピングともに言うことない出来で、500円ってな値段なので、
ここにはやはりどこも敵わないですな。
尼崎「博多駅」の記事はこちら!

住所:大阪市中央区宗右衛門町7-18-1F
電話:06-6212-1805
営業時間:11:00~翌6:00
定休日:年中無休

一蘭 道頓堀店 (ラーメン / 地下鉄御堂筋線 なんば)
★★★☆☆ 3.0

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ramenkozou.blog49.fc2.com/tb.php/61-caa083ea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック